トップニュース

[ 商社・流通・サービス ]

(2016年2月8日 総合1)

イオン、グループ315社で災害情報共有化−2020年完成、店舗状況を瞬時に集約

イオンは災害発生時に、マルエツ、マックスバリュなどグループ315社の情報インフラを連携する体制を整備する。同社は現在、総合スーパー(GMS)を中心に、災害発生時に情報収集して地図上で被災状況などを反映するシステムを運用している。これにグループの食品スーパーや専門店などからの情報も...

ジャンル別ニュース

人物→ 記事一覧

↓もっと見る

↑閉じる

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

↓もっと見る

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン