INDUSTRIAL TRENDS AD

[ 科学技術・大学 ]

iPS由来網膜組織の移植で光反応が回復 理研がマウスで確認

(2017/1/11 05:00)

理化学研究所多細胞システム形成研究センターの万代道子副プロジェクトリーダーらは、網膜に起きた障害によって目が見えないマウスに、別のマウスのiPS細胞(人工多能性幹細胞)から作った網膜組織を移植し、光への反応が回復することを確認した。網膜内で光の情報を電気信号に変える「視細胞」が消失する病気「網膜色素変性」の患者に、iPS細胞由来の網膜組織を移植する治療法への応用が期待される。成果は11日、米科学誌ステム・セル・リポーツ電子版に掲載される。

網膜のうち光を感じ取る「感覚網膜」と呼ばれる組織は、視細胞など5種類の神経細胞が層状に並ぶ。光の情報は最初に視細胞で電気信号に変換された後、神経細胞間の伝達を経て視覚情報として脳へ送られる。

網膜色素変性は、遺伝的要因などによって視細胞が次第になくなる病気。失明を含む強度の視力障害を伴う。症状が末期になると、人工網膜以外に確立した治療法がない。

研究チームは、マウスのiPS細胞から視細胞を含む網膜組織を作り、網膜変性末期のマウスに移植。移植した組織内の視細胞と、患部の神経細胞が接続することを確認した。

移植後のマウスの光に対する行動パターンを観察すると、21匹中9匹で目が見えるマウスと似たパターンを示した。さらに移植後のマウスから採取した網膜を電極の上に置き、光刺激に対する電位変化を解析した結果、光の応答に伴う反応が検出された。

(2017/1/11 05:00)

関連リンク

科学技術・大学のニュース一覧

おすすめコンテンツ

よくわかる デライト設計入門 
ワクワクするような製品は天才がいなくとも作れる

よくわかる デライト設計入門  ワクワクするような製品は天才がいなくとも作れる

知って納得!植物栽培のふしぎ
なぜ、そうなるの?そうするの?

知って納得!植物栽培のふしぎ なぜ、そうなるの?そうするの?

臨界ノズル
測定原理から新しい問題まで

臨界ノズル 測定原理から新しい問題まで

図解 機械設計手ほどき帖

図解 機械設計手ほどき帖

技術士第一次試験 
「情報工学部門」専門科目 問題と対策

技術士第一次試験 「情報工学部門」専門科目 問題と対策

技術士第一次試験 
「基礎・適性」科目キーワード700 第5版

技術士第一次試験 「基礎・適性」科目キーワード700 第5版

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

専門誌・海外ニュースヘッドライン

専門誌

↓もっと見る

海外ニュース

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン