INDUSTRIAL TRENDS AD

[ 科学技術・大学 ]

富士通研、モバイル向け手のひら認証技術を開発

(2017/1/11 05:00)

  • 試作した光学ユニットと原理図(富士通研提供)

富士通研究所(川崎市中原区、佐々木繁社長、044・754・2613)は10日、世界で初めて、手のひら静脈を使ったスライド式の静脈認証技術を開発したと発表した。幅8ミリメートルの光学ユニットを作製し、タブレットなどのモバイル端末に搭載できるようにした。手のひら静脈認証の適用範囲が広がり、安全性の高いモバイルサービスが実現する。

光の回折現象を応用した新しい複合光学素子を利用。1個の発光ダイオード(LED)光源から、均一の明るさで光を当てる小型の照明部を作製した。

さらに、手をスライドさせながら手のひらの静脈パターンを分割して読み取り、手のひら全体の静脈パターンを利用して照合する技術を開発した。これらを、小型のモバイル端末のフレーム部分に搭載できる光学ユニットに作り込んだ。

個人情報などへのアクセスシーンにおいて、高い認証精度と、偽造が困難な特徴を持つ、手のひら静脈認証の普及を後押しする。

(2017/1/11 05:00)

関連リンク

科学技術・大学のニュース一覧

おすすめコンテンツ

<解析塾秘伝>CAEを使いこなすために必要な基礎工学!
現場技術者の構造解析、熱伝導解析、樹脂流動解析活用ノウハウ

<解析塾秘伝>CAEを使いこなすために必要な基礎工学! 現場技術者の構造解析、熱伝導解析、樹脂流動解析活用ノウハウ

平成29年度版 技術士第二次試験「建設部門」必須科目択一試験過去問題
<解答と解説>

平成29年度版 技術士第二次試験「建設部門」必須科目択一試験過去問題 <解答と解説>

平成29年度版 技術士第二次試験「建設部門」択一式問題150選

平成29年度版 技術士第二次試験「建設部門」択一式問題150選

図面って、どない描くねん!LEVEL2 第2版
はじめての幾何公差設計法(GD&T)

図面って、どない描くねん!LEVEL2 第2版 はじめての幾何公差設計法(GD&T)

小型貫流ボイラのトラブル対策
―現場で起きた故障事例と対処法―

小型貫流ボイラのトラブル対策 ―現場で起きた故障事例と対処法―

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい人工知能の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい人工知能の本

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

専門誌・海外ニュースヘッドライン

専門誌

↓もっと見る

海外ニュース

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン