INDUSTRIAL TRENDS AD

[ ICT ]

展望2017/日本IBM社長・ポール与那嶺氏「ワトソン、事業革新のカギ」

(2017/1/11 05:00)

―米IBMのジニー・ロメッティ最高経営責任者(CEO)がトランプ次期米大統領に書簡を送ったそうですね。

「米国の生産性をもっと上げるために、今以上にIT活用が重要だ、といった内容だと聞いている。減税するにしても、まず政府機関が生産性を上げないと、予算的にも大変だ。IT活用による生産性向上は必須であり、IBMが担う役割は多いと思う」

―労働人口が減少する日本でも、IT活用が改めて注目されています。日本の現状をどう見ていますか。

「人工知能(AI)や自動化の仕組みを活用して、生産性と投資対効果(ROI)を上げることは不可欠だ。一方で、私は日本経済には追い風が吹いているとみている。世界中で一番安定している政権は日本であり、企業の収益率や時価総額なども高水準だ。加えて、日本食やアニメなどのジャパンブームで、海外から旅行者が増えている。今、日本はチャンスなのだ」

―訪日外国人(インバウンド)への対応も含め、地方創生でもIT活用が広がっていますね。

「地方自治体も動きだしている。従来はコスト削減などの“守りのIT”が中心だったが、インバウンドへリーチするためには“攻めのIT”がカギとなる。デジタル(の世界)で接点を持つことで(ビジネスとしては)観光から入り、投資や誘致につなげることも可能だ。地方はデジタル戦略を見直すタイミングだ。私の故郷であるハワイはそれで成果を上げている」

―日本のAIブームはIBMの「ワトソン」が先導役となりました。今後の展開は。

「当社はコグニティブ(認知)コンピューティングの会社を名乗っている。ワトソンはその象徴であり、事業革新のトリガーだ。ひさしぶりに重要なトリガーが誕生した」

―日本勢はAIにどう向き合えば良いのでしょうか。

「歴史のある企業ならば長年のビジネスで培ってきたデータを持っている。そこが日本企業の強みだ。これまで日本勢はIT活用ではグローバルに比べて2―5年遅れとなることが多かったが、AIは遅れていない」

―AIのプラットフォーム(基盤)は海外勢が優位です。

「プラットフォームも重要だが、データを持っていることの方が、より重要だ。日本勢はデータに重点を置いて、プラットフォームを柔軟に使いながら、急ピッチでAIの取り組みを進めていくべきだ」

【記者の目/実績積み上げ、戦略の妙味】

IBMはAIを「人間の知識を拡張し増強する拡張知能」と定義している。夢のようなAI論は語らず「すぐに使えて、短期間で効果を示せるツール」として、ワトソンを売り込んできた。ワトソンはすでに45カ国以上、20を超える業界で活用され、日本でも100社以上の顧客を持つ。ブームに乗りつつも踊らされずに、実績を積み上げていくのが戦略の妙味だ。(編集委員・斎藤実)

(2017/1/11 05:00)

関連リンク

ICTのニュース一覧

おすすめコンテンツ

よくわかる デライト設計入門 
ワクワクするような製品は天才がいなくとも作れる

よくわかる デライト設計入門  ワクワクするような製品は天才がいなくとも作れる

知って納得!植物栽培のふしぎ
なぜ、そうなるの?そうするの?

知って納得!植物栽培のふしぎ なぜ、そうなるの?そうするの?

臨界ノズル
測定原理から新しい問題まで

臨界ノズル 測定原理から新しい問題まで

図解 機械設計手ほどき帖

図解 機械設計手ほどき帖

技術士第一次試験 
「情報工学部門」専門科目 問題と対策

技術士第一次試験 「情報工学部門」専門科目 問題と対策

技術士第一次試験 
「基礎・適性」科目キーワード700 第5版

技術士第一次試験 「基礎・適性」科目キーワード700 第5版

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

専門誌・海外ニュースヘッドライン

専門誌

↓もっと見る

海外ニュース

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン