INDUSTRIAL TRENDS AD

[ 政治・経済 ]

【電子版】8年間「みんなと共に」成果、オバマ大統領が最後の演説

(2017/1/11 15:30)

  • 10日、シカゴで演壇から手を振るオバマ米大統領(AFP=時事)

【シカゴ時事】オバマ米大統領は10日夜、地元イリノイ州シカゴのコンベンションセンターで、20日の退任を前に最後の演説を行った。8年間の任期で積み重ねた外交や経済での成果を「みんなと共に成し遂げた」と確認し、法の支配や人権といった民主主義の価値の実現に向けて今後も「変革」に参加するよう呼び掛けた。

「お別れ演説」は歴代大統領が続けてきた慣例だが、大統領の地元で行われるのは初めて。ミシェル・オバマ大統領夫人やバイデン副大統領夫妻も同席した。

オバマ氏は演説で20代からシカゴで活動を始めたと振り返り、「普通の人々が物事に関わり、結束した時に変化は起こることをこの地で学んだ」と説明。8年の任期を経てもそれは変わらないと述べ、国民と共に経済回復に取り組み、イラク、アフガニスタン両戦争を終結させたことなどに言及した。

トランプ次期大統領に対しては「円滑な政権移行を行う」と改めて表明。一方で、移民を受け入れるべきだと強調したほか「私はイスラム系米国人への差別を拒否した」と述べるなど、排他的なトランプ氏の姿勢をけん制した。

さらに米国内の少数派に対する差別に懸念を示し、気候変動問題を否定する動きを批判した。

聴衆らは総立ちで大統領を迎え、「あと4年」と続投を求めるコールも湧き起こった。オバマ氏は、自分を支えてくれたミシェル夫人をたたえながら、ハンカチで涙を拭う場面もあった。

「あなた自身に変化をもたらす力があることを信じるよう、大統領として最後に願う」。演説は、2008年の大統領選のスローガンだった「イエス・ウィー・キャン(私たちはできる)」で締めくくられた。

米調査機関ギャラップの最新の世論調査によると、オバマ氏の支持率は55%で、高水準を維持している。

(2017/1/11 15:30)

政治・経済のニュース一覧

おすすめコンテンツ

よくわかる デライト設計入門 
ワクワクするような製品は天才がいなくとも作れる

よくわかる デライト設計入門  ワクワクするような製品は天才がいなくとも作れる

知って納得!植物栽培のふしぎ
なぜ、そうなるの?そうするの?

知って納得!植物栽培のふしぎ なぜ、そうなるの?そうするの?

臨界ノズル
測定原理から新しい問題まで

臨界ノズル 測定原理から新しい問題まで

図解 機械設計手ほどき帖

図解 機械設計手ほどき帖

技術士第一次試験 
「情報工学部門」専門科目 問題と対策

技術士第一次試験 「情報工学部門」専門科目 問題と対策

技術士第一次試験 
「基礎・適性」科目キーワード700 第5版

技術士第一次試験 「基礎・適性」科目キーワード700 第5版

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

専門誌・海外ニュースヘッドライン

専門誌

↓もっと見る

海外ニュース

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン