INDUSTRIAL TRENDS AD

[ 機械 ]

挑戦する企業/川崎重工業(1)技術重視への原点回帰

(2017/2/14 05:00)

■次代を紡ぐ、技術の系譜

「今のままで良いのか」。川崎重工業社長の金花芳則は、自問自答する。三菱重工業、IHIとともに三大重工メーカーの一翼を担うが、首位の三菱重工とは売上高で2倍以上の開きがある。米ゼネラル・エレクトリック(GE)や独シーメンスといった、世界の巨人の背中はさらに遠い。その差を縮めるには「各事業の資源を組み合わせた新技術の創出が一番の強み」と金花が強調する通り、技術重視への原点回帰が突破口となる。成長に向け、原点回帰を意識しながら変革へと突き進む。

■縦割り構造打破、社内の力結集

【ライバル続々】

川重は1世紀以上の歴史を重ね、造船や航空機、鉄道車両など他社の参入障壁の高い事業を育んできた。だが、時の流れは容赦ない現実を突きつける。新たなライバルの台頭−。造船や鉄道で中国・韓国に肩を並べられ、航空機では中国が国産旅客機を飛ばすまでになった。

創立120年を迎え...

(残り:781文字/本文:1,181文字)

(2017/2/14 05:00)

※このニュースの記事本文は、会員登録(無料・有料)することでご覧いただけます。

有料会員:月額4,000円+税で、電子版すべての機能 をご利用いただけます。

無料会員:有料会員限定記事を月11本まで閲覧できるなど、一部機能をご利用いただけます。

PR

機械のニュース一覧

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいアミノ酸の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいアミノ酸の本

「配管設計」実用ノート

「配管設計」実用ノート

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい高分子の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい高分子の本

実際の設計選書 
続・実際の設計 [改訂新版] 機械設計に必要な知識とモデル

実際の設計選書 続・実際の設計 [改訂新版] 機械設計に必要な知識とモデル

“ケムシェルパ”を活かした 
よくわかる規制化学物質のリスク管理

“ケムシェルパ”を活かした よくわかる規制化学物質のリスク管理

おもしろサイエンス 
匠の技の科学 動作編

おもしろサイエンス 匠の技の科学 動作編

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

専門誌・海外ニュースヘッドライン

専門誌

↓もっと見る

海外ニュース

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン