INDUSTRIAL TRENDS AD

[ その他 ]

【電子版】先週の注目記事は?(解説・動画付き)

(2017/3/21 05:00)

■アクセスランキング・ベスト10(3/13~3/19)

1位 挑戦する企業/富士重工業(1)SUBARU―世界ブランドへ-“唯一無二”へ決意

2位 東芝のメモリー新会社、完全売却に現実味 WH破産が追い打ち

3位 社説/東芝、再度の決算延期-1カ月の猶予、再出発の体制整えよ

4位 川重、サプライヤーに利益計画の開示要請 航空機大増産で供給管理強化

5位 ニプロ、大阪医療拠点に移転-循環器系研究を加速

6位 【電子版】米政府、経産相に東芝経営への懸念表明-WH処理、政治問題化も

7位 【電子版】東芝メモリ売却7000億-1.8兆円で応札意向 内外10社が関心

8位 17春闘/NTT、1400円上げ-月例賃金、昨年より200円減少

9位 東芝機械トップ交代、東芝グループから独立で新体制移行

10位 「IGZO」液晶を自社製品に優先採用 シャープ、競合他社に対抗

■解説:挑戦する企業/富士重工業(1)SUBARU―世界ブランドへ−“唯一無二”へ決意 (3/14)

 海外では富士重工業より、4月から社名に採用するブランドの「SUBARU」(スバル)のほうが一般的。ただ、発音しにくいのか、英語圏では頭の「ス」を強く発音し、「スッバルゥ」といった言い回し。そのためかどうか、米国ではスバル車やスバル車愛好家(日本で言うところの「スバリスト」)を意味する「スビー(Subie)」なるスラングまである。根強いファンに支えられている何よりの証拠だ。

 そもそもスバル車と言えば、水平対向エンジンに全輪駆動(AWD)という強固なアイデンティティーを持ち、自動ブレーキをいち早く採用して、「ぶつからない車」にも先鞭をつけた。燃費はそれほど良くはないにしても、安全性と信頼性、走りの良さが強みとなっている。かつてパートナーだったGMの代わりに現在はトヨタの資本が入っているわけだが、マツダと同様、小粒ながら世界で一目置かれる、そんなとがったクルマを引き続き世に送り出していってほしい。

【オリンピックのボブスレーコースを疾走するスバルWRX STI】

(2017/3/21 05:00)

その他のニュース一覧

おすすめコンテンツ

設計者のためのめっき設計仕様書の書き方

設計者のためのめっき設計仕様書の書き方

パリ協定で動き出す再エネ大再編
世界3大市場で伸びる事業を見極めろ

パリ協定で動き出す再エネ大再編 世界3大市場で伸びる事業を見極めろ

大人が読みたいエジソンの話
発明王にはネタ本があった!?

大人が読みたいエジソンの話 発明王にはネタ本があった!?

日本のものづくりを救う! 
最強の「すり合わせ技術」

日本のものづくりを救う! 最強の「すり合わせ技術」

技術士第一次試験「上下水道部門」専門科目択一式問題 厳選250問<解答と解説> 第2版

技術士第一次試験「上下水道部門」専門科目択一式問題 厳選250問<解答と解説> 第2版

ワイヤレス給電技術入門

ワイヤレス給電技術入門

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

↓もっと見る

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

専門誌・海外ニュースヘッドライン

専門誌

↓もっと見る

海外ニュース

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン