INDUSTRIAL TRENDS AD

[ 科学技術・大学 ]

横浜市大、そううつ病の原因を解明 たんぱく質の異常・病態との関連特定

(2017/5/16 05:00)

  • 横浜市立大学提供

横浜市立大学学術院医学群の五嶋良郎教授らは、気分の高ぶりと落ち込みを繰り返す「そううつ病」の原因を解明した。この疾患の患者から採取した組織からiPS細胞(人工多能性幹細胞)を作り解析。患者の脳では、細胞の形や骨組みの調節に関わるたんぱく質「CRMP2」の異常が起き、病態と関わることを突き止めた。そううつ病の新しい治療法の開発につながる可能性がある。

そううつ病患者には、気分安定薬である炭酸リチウムが使われている。良く効く人とそうでない人がいることが知られていたが、その仕組みは分かっていなかった。 

患者のiPS細胞を使った実験を実施。炭酸リチウムが効く患者の脳では、結合したたんぱく質の機能や働きを変える「リン酸基」がCRMP2に付きやすくなっていることが分かった。さらに炭酸リチウムがCRMP2とリン酸基との結合を抑えることを明らかにした。  

米サンフォード・バーナム・プレビス医学研究所との共同研究。成果は米科学アカデミー紀要電子版に掲載された。

(2017/5/16 05:00)

関連リンク

科学技術・大学のニュース一覧

おすすめコンテンツ

よくわかる デライト設計入門 
ワクワクするような製品は天才がいなくとも作れる

よくわかる デライト設計入門  ワクワクするような製品は天才がいなくとも作れる

知って納得!植物栽培のふしぎ
なぜ、そうなるの?そうするの?

知って納得!植物栽培のふしぎ なぜ、そうなるの?そうするの?

臨界ノズル
測定原理から新しい問題まで

臨界ノズル 測定原理から新しい問題まで

図解 機械設計手ほどき帖

図解 機械設計手ほどき帖

技術士第一次試験「情報工学部門」専門科目 問題と対策

技術士第一次試験「情報工学部門」専門科目 問題と対策

技術士第一次試験「基礎・適性」科目キーワード700 第5版

技術士第一次試験「基礎・適性」科目キーワード700 第5版

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

↓もっと見る

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

専門誌・海外ニュースヘッドライン

専門誌

↓もっと見る

海外ニュース

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン