このページの本文へ

ここから本文です

機械

ダイフク、中国で開発機能強化−搬送システムの現地技術者2倍に

掲載日 2011年12月13日
Yahoo!ブックマークに登録 livedoorクリップに追加 newsing it! deliciousブックマークに追加

 ダイフクは2013年までに中国の現地技術スタッフの人員を現在に比べて2倍の約150人体制にする。物流関連市場の成長や人件費高騰を背景に、一般消費財の生産工程や配送センター向け搬送システムなどの需要増が見込まれることに対応する。システム設計やエンジニアリングを手がける技術者を増員し、需要増に備える。中国市場向けシステムの開発機能の現地移管にも弾みをつける。
 ダイフクの現地子会社の大福中国(上海市)、大福中国物流設備(同)などで技術系スタッフを増やす。搬送システムは受注案件ごとの一品一様の開発が多い。日本でのトレーニングや技術者派遣による教育などにより、技術レベルを底上げする。
 同社の中国事業は半導体・液晶生産ライン向け搬送システム、自動車生産ライン向け搬送システムの割合が高い。新興国市場では食品や飲料、医薬品などの一般消費財のの生産ラインの自動化に向けた高機能な搬送システム需要が伸びている。

本コンテンツをご覧いただくには最新のAdobe Flash Playerが必要となります。
お持ちでない方は、下のバナーよりダウンロード・インストールしてください。

Get Adobe Flash player

powered by keywalker

より深く、より広い情報を目的、用途別にお届け

おすすめコンテンツ一覧

工業用地分譲情報

工業用地分譲情報

静岡県、富士山麓ファルマバレーで医療産業集積に弾み

スマートグリッド

スマートグリッド

KDDIなど、三重・桑名市とHEMS実証事業を来春開始

職場なでしこ

職場なでしこ

名古屋工大と豊田工大、女子学生のためのテクノフェスタを開催

業界展望台

業界展望台

新たな価値を創出するM2M(マシン・ツー・マシン)

元気印中小企業

元気印中小企業

半導体ウエハーの一貫生産で存在感高まる [シマネ益田電子]

彩々新製品

彩々新製品

新居パック、分解収納できる紙製リールを発売

職場百景

いまどき職場百景

「消費増税の影響、すでにありますか?」

産業広告

産業広告

中小企業から大手企業まで、多彩な産業広告をカテゴリー別に毎日紹介

地域応援隊

地域応援隊

はばたけ、備後オリジナル―備後産業図鑑2014