このページの本文へ

ここから本文です

IT

ドコモ、「iPhone」採用に意欲−加藤社長「条件合えば」

掲載日 2013年01月11日
このエントリーをはてなブックマークに追加

 NTTドコモの加藤薫社長は10日、日刊工業新聞の取材に応じ、米アップルのスマートフォン(多機能携帯電話)「iPhone(アイフォーン)」について「互いの契約条件が合えば、ラインアップの一つとして扱いたい」と採用に意欲を示した。アップルは通信会社との契約で一定数の販売台数を義務付けるとされるが、「アイフォーンの販売台数が当社の扱うスマートフォン全体の2―3割なら受け入れ余地はある」と話した。
 ドコモは2015年度末までに米グーグルの基本ソフト「アンドロイド」搭載端末でeコマース(電子商取引)などを伸ばし売上高を1兆円に引き上げる方針。現状では独自サービスが載せられないアイフォーンをスマートフォン全体でどこまで受け入れられるかも交渉の焦点となっている。

本コンテンツをご覧いただくには最新のAdobe Flash Playerが必要となります。
お持ちでない方は、下のバナーよりダウンロード・インストールしてください。

Get Adobe Flash player

powered by keywalker

より深く、より広い情報を目的、用途別にお届け

おすすめコンテンツ一覧

工業用地分譲情報

工業用地分譲情報

静岡県、富士山麓ファルマバレーで医療産業集積に弾み

スマートグリッド

スマートグリッド

KDDIなど、三重・桑名市とHEMS実証事業を来春開始

職場なでしこ

職場なでしこ

医療機器メーカー、現役世代の女性に照準

業界展望台

業界展望台

新たな生産のカタチを提案する―植物工場

元気印中小企業

元気印中小企業

石英で精密部品、新しい価値を生み出す [湖北工業]

彩々新製品

彩々新製品

天塩、レモンの風味を楽しむことができる調味料を発売

職場百景

いまどき職場百景

「消費増税の影響、すでにありますか?」

産業広告

産業広告

中小企業から大手企業まで、多彩な産業広告をカテゴリー別に毎日紹介

地域応援隊

地域応援隊

はばたけ、備後オリジナル―備後産業図鑑2014