このページの本文へ

ここから本文です

エレクトロニクス

イスラエルのタワージャズ、半導体受託製造5年で売上高5倍に

掲載日 2011年06月29日
Yahoo!ブックマークに登録 livedoorクリップに追加 newsing it! deliciousブックマークに追加

 東日本大震災後、製造業の海外流出が懸念される中、米マイクロンが西脇工場(兵庫県西脇市)を売却した。買い手となったのはイスラエルの半導体受託製造(ファウンドリー)のタワージャズ。日本ではなじみがない企業だがラッセル・エルワンガー最高経営責任者(CEO)の就任後、5年で売上高を5倍に伸ばし、現在ではファウンドリーで世界五指に入る。同社の競争力の源泉はどこにあるのか。(栗下直也)
 
 「我々には二つの道があった」。エルワンガーCEOは就任当初を振り返る。2005年当時、主力は携帯電話カメラ向けの相補型金属酸化膜半導体(CMOS)の受託。価格競争も激しく、供給を続けるには膨大な投資が必要だった。
 当時の売上高は1億ドル程度だが負債は5億ドル。「今までの道を突き進んでも一次供給者にはなれない」との思いから、ボリュームゾーンのビジネスから脱却を図り、アナログ半導体の受託にシフトした。

本コンテンツをご覧いただくには最新のAdobe Flash Playerが必要となります。
お持ちでない方は、下のバナーよりダウンロード・インストールしてください。

Get Adobe Flash player

powered by keywalker

より深く、より広い情報を目的、用途別にお届け

おすすめコンテンツ一覧

工業用地分譲情報

工業用地分譲情報

栃木南部、産業団地相次ぐ−国内生産回帰後押し

スマートグリッド

スマートグリッド

KDDIなど、三重・桑名市とHEMS実証事業を来春開始

職場なでしこ

職場なでしこ

サッポロビール、女性営業職対象のセミナー開催

業界展望台

業界展望台

生産の高度化・効率化に寄与する―リチウムイオン二次電池製造装置

元気印中小企業

元気印中小企業

半導体ウエハーの一貫生産で存在感高まる [シマネ益田電子]

彩々新製品

彩々新製品

若鶴酒造、北陸新幹線ラベルの純米吟醸を発売

職場百景

いまどき職場百景

「消費増税の影響、すでにありますか?」

産業広告

産業広告

中小企業から大手企業まで、多彩な産業広告をカテゴリー別に毎日紹介

地域応援隊

地域応援隊

はばたけ、備後オリジナル―備後産業図鑑2014