このページの本文へ

ここから本文です

自動車

ホンダ、新型軽を年内投入−鈴鹿で一貫生産体制構築

掲載日 2011年08月16日
Yahoo!ブックマークに登録 livedoorクリップに追加 newsing it! deliciousブックマークに追加

 ホンダは年内に約3年ぶりとなる新型の軽乗用車を投入する。「ライフ」「ゼスト」に続く軽の主力モデルで、低燃費の新開発エンジンを搭載した室内空間の広い背高ワゴンタイプ。
 約23年ぶりに鈴鹿製作所(三重県鈴鹿市)で軽自動車向けのエンジン製造を始め、車両組み立てまでの一貫生産体制を構築する。2012年以降も複数の新型軽を発売。13年度をめどに軽の年間販売台数を現状比10万台超上積みして25万―30万台に引き上げる。ホンダは早期に登録車を含めた国内販売台数を年70万台(11年度見通しは60万台)に引き上げる方針で、上乗せ分の大半を軽でまかなう。
 当初は12年に鈴鹿製作所で新型軽の生産を始める計画だったが、今秋以降の競争激化を見越して前倒す。軽は「来店してその場で購入を決める比率が高い」(峯川尚ホンダ常務執行役員日本営業本部本部長)ことから、展示車の大半が軽の販売店も全国展開する。

本コンテンツをご覧いただくには最新のAdobe Flash Playerが必要となります。
お持ちでない方は、下のバナーよりダウンロード・インストールしてください。

Get Adobe Flash player

powered by keywalker

より深く、より広い情報を目的、用途別にお届け

おすすめコンテンツ一覧

業界展望台

業界展望台

マシンへの信頼を支える―チャック技術

職場なでしこ

職場なでしこ

経団連、女性活用の自主行動計画取りまとめ

彩々新製品

彩々新製品

花岡車輌、組み替えずコンテナ3種運搬できる台車を発売

元気印中小企業

元気印中小企業

国内唯一の耐熱線専業メーカー [日本耐熱線工業]

工業用地分譲情報

工業用地分譲情報

中国地域の上期工場立地件数、42.9%増の70件

スマートグリッド

スマートグリッド

日立、スロベニアでクラウド型スマートコミュニティー実証

地域応援隊

地域応援隊

オンリーワン技術でひた走るエクセレント企業―埼玉西部地域

産業広告

産業広告

中小企業から大手企業まで、多彩な産業広告をカテゴリー別に毎日紹介

職場百景

いまどき職場百景

「消費増税の影響、すでにありますか?」

Twitter

日刊工業新聞BusinessLine(Nikkan_BizLine)