このページの本文へ

ここから本文です

自動車

スズキ、直列式ハイブリッド搭載の量産車開発凍結−ガソリン車の低燃費化に軸

掲載日 2013年08月14日
このエントリーをはてなブックマークに追加

 スズキはシリーズ(直列)式ハイブリッドシステム(用語参照)を搭載した小型車「スイフトEVハイブリッド」の量産車開発を凍結する。電動車両に関する要素技術の開発は継続するが、スイフトの現行モデルでの開発は止める。トヨタ自動車やホンダの既存小型ハイブリッド車(HV)と競合する可能性があり、燃費性能や価格面で優位性を打ち出すのは難しいと判断した。当面はガソリンエンジン車の低燃費化技術の進化に軸足を置く。
 
 スズキは走行距離を伸ばすレンジエクステンダー(航続距離延長装置)式の電気自動車(EV)として、シリーズ式ハイブリッドシステムを採用したスイフトEVハイブリッドを開発。2011年に行われた東京モーターショーで公開した。
 当時は早期の市販化を目指すとし、価格は200万円以下を想定していた。社内で13年夏に数量限定で販売する計画もあったとみられるが、価格や性能面で折り合いがつかず実現しなかった。

本コンテンツをご覧いただくには最新のAdobe Flash Playerが必要となります。
お持ちでない方は、下のバナーよりダウンロード・インストールしてください。

Get Adobe Flash player

powered by keywalker

より深く、より広い情報を目的、用途別にお届け

おすすめコンテンツ一覧

業界展望台

業界展望台

電気二重層キャパシター&リチウムイオンキャパシター

職場なでしこ

職場なでしこ

女性の起業200人目指す−近畿経産局が重点育成プロ

彩々新製品

彩々新製品

中村製作所、高耐久チタン製デザイン印鑑を発売

元気印中小企業

元気印中小企業

研究開発力と強固な組織力が武器 [デンケン]

工業用地分譲情報

工業用地分譲情報

公示地価、商業地の平均地価が7年ぶり下げ止まり

スマートグリッド

スマートグリッド

インドに技術売り込め−NEDO、スマートコミュニティー実証へ調査

地域応援隊

地域応援隊

オンリーワン技術でひた走るエクセレント企業―埼玉西部地域

産業広告

産業広告

中小企業から大手企業まで、多彩な産業広告をカテゴリー別に毎日紹介

職場百景

いまどき職場百景

「消費増税の影響、すでにありますか?」

Twitter

日刊工業新聞BusinessLine(Nikkan_BizLine)