このページの本文へ

ここから本文です

流通・サービス

関東私鉄2社、新タイプのホームドア実証試験開始−低コストの昇降タイプ

掲載日 2013年10月07日
このエントリーをはてなブックマークに追加

 関東私鉄2社で月内に低コストを追求して開発した新タイプのホームドアの実証試験が始まる。東京急行電鉄が田園都市線のつきみ野駅(神奈川県内大和市)に日本信号の「昇降スクリーン式」、相模鉄道がいずみ野線の弥生台駅(横浜市泉区)に高見沢サイバネティックスの「昇降バー式」を設置し、それぞれ11日と27日から運用し、安全性や耐久性について検証する。
 日本信号の昇降スクリーン式は、約10メートル間隔の柱の間に張ったワイヤロープを列車の発着に合わせて昇降する仕組み。乗降の妨げとなるのは柱だけで、車両の扉位置の違いに対応しやすい。
 高見沢サイバネティックスの昇降バー式は支柱間にわたす3本の遮断棒をドア代わりにする。高さ方向に30センチメートル程度の間隔で配置されている遮断棒は列車が着くと間隔を詰めながらせり上がり、乗降が可能になる。

本コンテンツをご覧いただくには最新のAdobe Flash Playerが必要となります。
お持ちでない方は、下のバナーよりダウンロード・インストールしてください。

Get Adobe Flash player

powered by keywalker

より深く、より広い情報を目的、用途別にお届け

おすすめコンテンツ一覧

業界展望台

業界展望台

関西発!!各種熱交換器−エネ有効利用をサポート

職場なでしこ

職場なでしこ

飛び立て!若手社員/NTTソルマーレ・玉田妙子さん

彩々新製品

彩々新製品

花岡車輌、組み替えずコンテナ3種運搬できる台車を発売

元気印中小企業

元気印中小企業

工業用ゴムのオリジナル素材を開発 [大和ケミカル]

工業用地分譲情報

工業用地分譲情報

中国地域の上期工場立地件数、42.9%増の70件

スマートグリッド

スマートグリッド

日立、スロベニアでクラウド型スマートコミュニティー実証

地域応援隊

地域応援隊

オンリーワン技術でひた走るエクセレント企業―埼玉西部地域

産業広告

産業広告

中小企業から大手企業まで、多彩な産業広告をカテゴリー別に毎日紹介

職場百景

いまどき職場百景

「消費増税の影響、すでにありますか?」

Twitter

日刊工業新聞BusinessLine(Nikkan_BizLine)