このページの本文へ

ここから本文です

企画・解説

工学院大、段ボールの“家”被災地へ提供−温かく、プライバシー守る

掲載日 2011年04月08日
Yahoo!ブックマークに登録 livedoorクリップに追加 newsing it! deliciousブックマークに追加

 温かく、プライベートな空間を保つ段ボールの“家”を被災地へ提供します―。
 工学院大学建築学部の鈴木敏彦教授は、安価な段ボールを使って簡単に組み立てられる「ダンボールシェルター」を開発した。体育館などで避難生活を強いられている被災者向けに、まず300個分を今月中旬にも被災地へ届ける。
 開発したダンボールシェルターは個人の寝室として使える横長タイプ(1メートル×2メートル×1メートル)と、更衣室や避難トイレのスペースとして使える縦長タイプ(1メートル×1メートル×1・8メートル)の2種類。一般的な段ボール4枚を図面通りに切り抜き、はめ込むだけで作れる。デザインは簡素にし、窓を開けたり、屋根を取り外したりなど改造しやすくした。スポンサー企業のロゴもプリントできる。図面は8日に工学院大のホームページで公開する。

本コンテンツをご覧いただくには最新のAdobe Flash Playerが必要となります。
お持ちでない方は、下のバナーよりダウンロード・インストールしてください。

Get Adobe Flash player

powered by keywalker

より深く、より広い情報を目的、用途別にお届け

おすすめコンテンツ一覧

業界展望台

業界展望台

循環型社会実現を目指す―廃棄物処理技術

職場なでしこ

職場なでしこ

埼玉ビジネス/戸田市、「若さ」生かす街に

彩々新製品

彩々新製品

モリモト医薬、水なしで飲み込み安全な高齢者向け服薬補助ゼリー

元気印中小企業

元気印中小企業

一歩先を読む経営で着実に成長 [吉城光科学]

工業用地分譲情報

工業用地分譲情報

公示地価、商業地の平均地価が7年ぶり下げ止まり

スマートグリッド

スマートグリッド

積水ハウス、街づくりにマイクログリッド活用−宮城・東松島市で展開

地域応援隊

地域応援隊

オンリーワン技術でひた走るエクセレント企業―埼玉西部地域

産業広告

産業広告

中小企業から大手企業まで、多彩な産業広告をカテゴリー別に毎日紹介

職場百景

いまどき職場百景

「消費増税の影響、すでにありますか?」

Twitter

日刊工業新聞BusinessLine(Nikkan_BizLine)