このページの本文へ

ここから本文です

企画・解説

深層断面/次世代巨大加速器、成るか日本誘致−秋以降の政治判断に焦点

掲載日 2013年08月26日
このエントリーをはてなブックマークに追加

 宇宙誕生の謎に迫る次世代巨大加速器「国際リニアコライダー(ILC)」の日本誘致を目指す研究グループが東北の北上山地(岩手・宮城県)に候補地を決めたことで、今後の焦点は日本として誘致表明するかの政治判断に移る。ただ日本学術会議は「学術的意義は十分ある」と認めながらも「時期尚早」との見解を大筋まとめている。建設には1兆円近い巨費を必要とし、不確定要素も多いなど課題は山積しており、実現への道のりは険しい。


欧州合同原子核研究機関(CERN)運営の大型ハドロン衝突型加速器(LHC)の
後継機となる(LHCの加速器部分=CERN提供)

 「オールジャパンでいくか、空中分解するかは瀬戸際」。東京大学の山下了素粒子物理国際研究センター准教授は、23日開いたILC候補地一本化決定発表の会見で、こう述べた。建設に巨費をかけるILC誘致には国民の理解がなければ実現しないからだ。

 ILCを建設する背景には宇宙と物質の根幹を探るという大きな狙いがある。国際プロジェクトとして2030年までに世界のどこかで完成させて宇宙創成を解明する実験を始める。

本コンテンツをご覧いただくには最新のAdobe Flash Playerが必要となります。
お持ちでない方は、下のバナーよりダウンロード・インストールしてください。

Get Adobe Flash player

powered by keywalker

より深く、より広い情報を目的、用途別にお届け

おすすめコンテンツ一覧

工業用地分譲情報

工業用地分譲情報

静岡県、富士山麓ファルマバレーで医療産業集積に弾み

スマートグリッド

スマートグリッド

KDDIなど、三重・桑名市とHEMS実証事業を来春開始

職場なでしこ

職場なでしこ

名古屋工大と豊田工大、女子学生のためのテクノフェスタを開催

業界展望台

業界展望台

新たな価値を創出するM2M(マシン・ツー・マシン)

元気印中小企業

元気印中小企業

半導体ウエハーの一貫生産で存在感高まる [シマネ益田電子]

彩々新製品

彩々新製品

新居パック、分解収納できる紙製リールを発売

職場百景

いまどき職場百景

「消費増税の影響、すでにありますか?」

産業広告

産業広告

中小企業から大手企業まで、多彩な産業広告をカテゴリー別に毎日紹介

地域応援隊

地域応援隊

はばたけ、備後オリジナル―備後産業図鑑2014