108件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.022秒)

理化学研究所の大野博司チームリーダーらは、潰瘍性大腸炎やクローン病に代表される「炎症性腸疾患」に対して漢方「大建中湯」が作用する仕組みを解明した。

武田薬の通期見通し、増収増益 主力薬好調・為替もプラス (2022/5/12 素材・医療・ヘルスケア2)

主力の潰瘍性大腸炎・クローン病治療薬「エンティビオ」や希少疾患薬「タクザイロ」などの販売が引き続き伸びて増収となる見通し。... 22年3月期連結決算は主要な疾患領域の製品の販売が伸長したことに加え、...

IBDは、クローン病や潰瘍性大腸炎など腸管の慢性炎症を特徴とする原因不明の難治性疾患。国内のクローン病の患者数は約7万人、潰瘍性大腸炎は約22万人と推定され、増加傾向にある。

武田、大阪に新ライン 幹細胞治療製品を製造 (2021/12/17 素材・医療・ヘルスケア)

同ラインでは9月に製造販売承認を取得したクローン病患者の複雑痔瘻(じろう)の幹細胞治療薬「アロフィセル」を受注生産する。

武田薬、複雑痔瘻の治療薬発売 (2021/12/9 素材・医療・ヘルスケア1)

武田薬品工業は、国内初の再生医療製品として非活動期または軽症の活動期クローン病患者を対象とした複雑痔瘻(じろう)の治療薬「アロフィセル注」(一般名ダルバドストロセル&...

武田薬、クローン病の複雑痔ろう薬で承認取得 (2021/10/5 素材・医療・ヘルスケア1)

武田薬品工業の非活動期または軽症の活動期クローン病患者の複雑痔ろうの治療薬「アロフィセル」(一般名ダルバドストロセル)が製造販売承認を取得した。... クローン病は消化管の慢...

製薬大手、医療用医薬品を特許切れ前に拡販 (2021/8/12 素材・医療・ヘルスケア)

武田薬品 潰瘍性大腸炎、腸管で炎症抑制 武田薬品工業は潰瘍性大腸炎・クローン病治療薬「エンティビオ」(国内ではエンタイビオ)を持つ。

MeijiSeikaファルマと東亞ST、印社と販売契約締結 (2021/7/29 素材・医療・ヘルスケア1)

尋常性乾癬、クローン病、潰瘍性大腸炎の治療に使う「DMB―3115」は抗体医薬品「ウステキヌマブ」(遺伝子組み換え)のバイオ後続品。

製薬8社の通期見通し、4社が営業増益 抗がん剤けん引 (2021/5/17 素材・医療・ヘルスケア)

武田薬品工業は、主力の潰瘍性大腸炎・クローン病治療薬「エンティビオ」が好調を維持するが、研究開発費を前年度比662億円増の5220億円まで増額することから営業減益となる。 大日本住友...

武田薬品の通期見通し、営業減益 研究開発費の増加影響 (2021/5/12 素材・医療・ヘルスケア)

売上高は、主力の潰瘍性大腸炎・クローン病治療薬「エンティビオ」や希少疾患薬「タクザイロ」などの販売が引き続き伸長して増収となる見込み。

クローン病など他の炎症性腸疾患の患者には、ほとんどなく判別に有用。

将来は、慢性炎症や潰瘍が生じる「クローン病」などの難病で小腸の大半を切除した患者に対し、応用が期待される。

特に14年に発売した潰瘍性大腸炎・クローン病治療薬「エンティビオ」の同年度売上高は、同32・9%増の31億8900万ドルと最も高く、成長を牽引した。

製薬8社の通期見通し、5社が営業減益 営業制限・受診控え (2020/11/6 素材・医療・ヘルスケア)

主力の潰瘍性大腸炎・クローン病治療薬の販売が欧米で堅調で、同剤の上期売上高は前年同期比22・9%増の2070億円だったが、がん領域と脳神経疾患領域は、後発品の影響を受け全体は減収となった。&#...

協和キリン富士フイルムバイオロジクス(東京都千代田区、松本篤志社長、03・3282・0700)は、関節リウマチやクローン病、乾癬(かんせん)といった自己免疫疾患の治療薬...

製薬8社の前3月期、4社営業増益 米で新薬販売伸びる (2020/5/15 素材・医療・ヘルスケア)

武田薬品工業は潰瘍性大腸炎・クローン病治療剤「エンティビオ」が米国で拡大。... 大日本住友製薬は北米で非定型抗精神病薬「ラツーダ」を伸ばした。

武田の今期、営業増益 コロナ治療薬、7月に臨床試験 (2020/5/14 素材・医療・ヘルスケア)

主力の潰瘍性大腸炎・クローン病治療剤「エンティビオ」が欧米で堅調に伸びた。

主力の潰瘍性大腸炎・クローン病治療剤「エンティビオ」も承認申請を済ませており、認められれば中国事業の中核製品の一つになりそうだ。

武田薬の通期見通し、営業黒字転換 経費削減策進む (2020/2/5 素材・医療・ヘルスケア)

潰瘍性大腸炎・クローン病治療剤「エンティビオ」も伸びた。

Meiji Seika ファルマ、欧でステラーラ後続品を臨床 (2019/12/19 素材・医療・ヘルスケア)

DMB―3115は、尋常性乾癬(かんせん)やクローン病などの治療に用いられる。

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい自動運転の本
第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい自動運転の本 第2版

「からくり設計」実用メカニズム図例集
思いどおりに動く自動機を簡単に実現できる

「からくり設計」実用メカニズム図例集 思いどおりに動く自動機を簡単に実現できる

エッジAI導入の手引き
生産設備/機器制御への組み込み

エッジAI導入の手引き 生産設備/機器制御への組み込み

日本型サステナブル・ロジスティクス
人手不足、コスト増、環境問題、災害を乗り越えて生き残る方法

日本型サステナブル・ロジスティクス 人手不足、コスト増、環境問題、災害を乗り越えて生き残る方法

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい吸着の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい吸着の本

現場のリスク管理と災害未然防止のための 
「不安全行動(リスクテイキング)の防止対策」

現場のリスク管理と災害未然防止のための 「不安全行動(リスクテイキング)の防止対策」

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン