281件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.013秒)

ボロフェンは炭素シートのグラフェンに比べて合成が難しい一方、グラフェンより強度が高く、軽量・柔軟とされ、電子材料としても注目されている。

EV電池材、安く高性能 NSC(大阪府豊中市、川久慶人社長)は、電動車の電池材料や抗菌・抗ウイルス、触媒の新素材と期待される酸化グラフェン(GO)の量産技術を確立した。... 黒鉛は...

今後は(鉱山などの)上流資産を入れ替え、質を高めていく」 ―6月にグラフェンを製造販売するシンガポール・2Dマテリアルズへ出資しました。 「現在、グラフェンは量産を...

東京農工大学大学院の生田昂助教、前橋兼三教授、東京大学大学院の寺尾潤教授らは、共同で炭素材料のグラフェンと金属錯体を使って極微量の二酸化窒素(NO2)を定量検出できる高感度小型ガスセンサーを開発した。...

双日はシンガポールで炭素材料のグラフェンを製造販売する2Dマテリアルズに出資した。... 双日は国内化学メーカーなどを対象に、グラフェンのマーケティングや新規顧客開拓を進める。 .....

この限界を突破する新しい材料として期待されるのがグラフェンなどの2次元物質だ。... 図に示すように、グラフェンの浮遊ゲートをはじめ、チャネル、絶縁体の各パーツは、全て数ナノメートル(ナノは10億分の...

従来の単層グラフェン製を改良。... 「3層グラフェンの約1ナノメートル(ナノは10億分の1)という厚さを考えると良好な数字。... グラフェンは化学気相成長(CVD)で成膜した。

これは、2次元炭素薄膜であるグラフェンをリボン状にしたものであり、バンドギャップを有するため、次世代材料として期待されている。

東レは8日、濃度と流動性の高さを両立した極薄グラフェン分散液(写真)を開発したと発表した。... 東レは、極薄のグラフェンを作製する技術を持つ。グラフェンは薄いほど塗布時の被覆性や他材料との混合性が高...

【2次元系物質】 2010年のノーベル物理学賞の対象となった新素材グラフェンは炭素原子が蜂の巣構造(ハニカム構造)に並んだ2次元系物質だ。... 2層グラフェンの上下層をねじることで...

マイナス極にアルミニウム、プラス極に炭素材料のグラフェンを用いた。

東北大など、3Dグラフェンデバイス作製 (2020/12/10 科学技術・大学)

東北大学材料科学高等研究所の陳明偉教授、岡山理科大学理学部の田辺洋一准教授、筑波大学数理物質系の伊藤良一准教授らの研究チームは、炭素1個分の厚さしかない原子層物質である「2次元グラフェンシート」をモチ...

丸紅、ナノ材料開発VBと提携 (2020/12/2 国際・商社)

仁科マテリアルの開発した新製法によるナノ炭素材料グラフェンの新規用途開発や需要開拓が狙い。グラフェンの製造では機械剥離や酸化剤を用いた製法が一般的だが、仁科マテリアルは独自の機械剥離技術を持ち、酸化剤...

【電子版】先週の注目記事は? (2020/11/17 特集・広告)

■アクセスランキング・ベスト10(11/9~11/15) 1位 鉄鋼3社、高炉CO2削減目標超え 水素でコークス代替 2位 ファナック、ロボ教示...

産学連携で製品化目指す 【熊本】熊本大学産業ナノマテリアル研究所は、新型コロナウイルスを酸化グラフェンでほぼ完全に除去できることを確認した。... 産業ナノマテリアル研究所は、酸化グ...

一つ目はグラフェンの成膜である。... 電子移動度の高さを利用したデバイスが多く提案され開発が進められているが、グラフェンの高電子移動度を実現するには高品質のグラフェンを原子レベルで構造を制御して加工...

【先入観持たず】 例えば、原子層からなるグラフェンの電子透過率が知りたいとする。... 具体的にはまず電子ビームのエネルギーを変えて同一視野のグラフェンのSEM画像を何枚も測定し、得...

酸化グラフェンは黒鉛を酸化して得られる素材。... 酸化グラフェンを厚さ約1ナノメートル(ナノは10億分の1)の層ごとに剥がす技術を持つ。... 新しい製造法は酸化グラフェンを連続生産できるほか、マン...

代表的NCである球状のフラーレン、筒状のカーボンナノチューブ、シート状のグラフェンは製法があるが、3次元NCは合成が難しかったため物性も未知数だった。

そこで、構築したシステムを使い、燃料電池の電極触媒を模したグラフェン上の白金ナノ粒子をその場観察したところ、反応下で白金触媒が劣化する様子を観察することに成功した。真空中では高温に加熱しても粒子が融合...

おすすめコンテンツ

きちんと知りたい! 
電気自動車用パワーユニットの必須知識

きちんと知りたい! 電気自動車用パワーユニットの必須知識

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地球学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地球学の本

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい電気自動車の本
第3版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい電気自動車の本 第3版

機械製図CAD作業技能検定試験 実技試験ステップアップガイド
(3・2・1級対応)

機械製図CAD作業技能検定試験 実技試験ステップアップガイド (3・2・1級対応)

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

↓もっと見る

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる