446件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.008秒)

組織の簡素化などで意思決定の迅速化を図っており、生産面を含めて体制づくりを進める考えを示した。 ... 技術力を生かしたCASE(コネクテッド、自動運転、シェアリング、電動化)対応製...

CASE(コネクテッド、自動運転、シェアリング、電動化)対応をはじめ、危機管理やサプライチェーン(部品供給網)のあり方など課題が山積する。... 「電動化をはじめCASE対応を進めるべきだ。... 電...

開発した「エスパートプロ」は、見積もり作業の一部を自動化できる販売店向けのシステム。... 今後も車種を拡充し、将来は作業の全自動化を目指す。 ... 軽量化素材や新たな接合技術の導...

CASE(コネクテッド、自動運転、シェアリング、電動化)、MaaS(乗り物のサービス化)といった自動車のトレンドを踏まえ、コロナ時代における自動車産業の構造変化、見通しなどについて講演した。 ...

新サービスにいち早く取り組み、CASE(コネクテッド、自動運転、シェアリング、電動化)時代での生き残りを目指す。... 自動運転が進み運転手のいないライドシェアが当たり前になれば、音楽や動画など高いエ...

自動車産業はCASE(コネクテッド、自動運転、シェアリング、電動化)やMaaS(移動のサービス化)の進展により、100年に一度とも言われる大変革期を迎えている。

CASE(コネクテッド、自動運転、シェアリング、電動化)とMaaS(乗り物のサービス化)の進展で、車や住宅、インフラ、人がつながり、クラウドを介してサービスを受ける世界が到来する。 ...

自動車のCASE(コネクテッド、自動運転、シェアリング、電動化)関連が中心の溶接用と、医療器具などの超微細加工・溶接用で総投資額は1億円強。ともに設備更新で、得意のレーザー加工分野で効率化や高精度化、...

トヨタにとって部品価格の引き下げを含めた原価低減は、CASE(コネクテッド、自動運転、シェアリング、電動化)投資を続ける上で生命線となっている。

自動車業界はCASE(コネクテッド、自動運転、シェアリング、電動化)などの新潮流が押し寄せるほか、新型コロナの影響は予断を許さない。

一方、中長期的にはCASE(コネクテッド、自動運転、シェアリング、電動化)対応への投資は活発で、コネクテッドカーの市場は継続的に伸びると予想する。 ... また、自動運転に利用される...

自動変速機(AT)のソフトウエアや、物流サービスに伴う経路計算などの課題解決に生かしたい考えで、量子コンピューターの商用利用に向けて準備を進める。... 自動車業界はCASE(コネクテッド、自動運転、...

規模拡大による競争力強化でCASE(コネクテッド、自動運転、シェアリング、電動化)対応に臨むが、新型コロナ感染の第2波、第3波の懸念など先行き不透明な中でのスタートとなる。

その筆頭がCASE(コネクテッド、自動運転、シェアリング、電動化)と呼ばれる次世代技術の開発競争だ。新型コロナの感染予防の観点から、接触機会の低減や遠隔操作の普及促進につながるコネクテッドカー(つなが...

ただし、先行技術のCASE(コネクテッド、自動運転、シェアリング、電動化)などの研究開発については引き続き推進する方針だ。

進和、ラボきょう開業 CASE狙い提案強化 (2020/6/1 機械・ロボット・航空機)

分散していた機能を集約、自動車のCASE(コネクテッド、自動運転、シェアリング、電動化)向けを中心に総合提案力を高める。 ... 自動車の電動系の加工用などに売り込む。... 顔認証...

CASE(コネクテッド、自動運転、シェアリング、電動化)対応など将来の研究開発投資の負担も大きく、収益が悪化した。

コロナ禍で変化する消費行動や移動ニーズ、CASE(コネクテッド、自動運転、シェアリング、電動化)への対応などについてナカニシ自動車産業リサーチの中西孝樹代表が講演する。

日産自動車と仏ルノーとの企業連合(アライアンス)による協業で三菱自の強みをどう最大化するかも問われる。... 車業界ではCASE(コネクテッド、自動運転、シェアリング、電動化)など「100年に一度」と...

以後は工場の入退管理の厳格化などを徹底。... デジタル化推進 ドローン配送・オンライン商談 感染症対策で急速に進展すると見られるのがデジタル化だ。 ... CAS...

おすすめコンテンツ

おもしろサイエンス 
腸内フローラの科学

おもしろサイエンス 腸内フローラの科学

カラー写真と実例でわかる 
カビの分離同定と抗カビ試験

カラー写真と実例でわかる カビの分離同定と抗カビ試験

すぐわかる2D作図 BricsCAD入門

すぐわかる2D作図 BricsCAD入門

わかる!使える!粉体入門
<基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!粉体入門 <基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!レーザ加工入門
<基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!レーザ加工入門 <基礎知識><段取り><実作業>

図解!生産現場をカイゼンする「管理会計」
新しい会計を生産技術者が知るための<なぜなぜ88>

図解!生産現場をカイゼンする「管理会計」 新しい会計を生産技術者が知るための<なぜなぜ88>

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる