95件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.009秒)

新エネ車の電池容量増加 国際ニッケル研究会は11月に、9月のニッケル需給バランスを公表した。... 同国ではスラウェシ島とその近辺の島嶼(とうしょ)にニッケル資源が集中し、世界でも最...

インドネシアはEV用電池の重要素材であるニッケルの鉱石産出国。同国はそのニッケル鉱石の禁輸を実施し、自国内での関連産業振興に乗り出している。... 同電池に使うニッケル・コバルト化合物を鉱石から一貫し...

インドネシア政府が不正輸出調査のため10月下旬からニッケル鉱石の輸出を停止していたが、11月に入り輸出を再開したことで供給懸念が後退して軟化している。... 足元では輸出再開に加え、最大供給先である中...

ニッケル鉱石の最大産地であるインドネシアが、2020年1月から低品位鉱石について輸出を禁止すると発表したことを受け、需給の逼迫(ひっぱく)懸念が価格を下支えしている。... インドネシアは、精錬業の強...

インドネシア政府が2020年からニッケル鉱石の輸出を禁じるため、中国のステンレス業者らが在庫確保に動いた。 ニッケル鉱石最大供給国のインドネシアは2日、20年1月1日からニッケル鉱石...

インドネシア政府は2日、精錬業の強化のためニッケル鉱石の禁輸措置を当初予定より2年早い2020年1月から講じると発表。... 足元ではニッケル地金の相場上昇も一服。

インドネシアが2020年1月からのニッケル鉱石の輸出禁止を発表したことで、アルミの原料となるボーキサイトの禁輸観測も高まっている。... インドネシア政府は、精錬業の強化のため14年からニッケル鉱石や...

フィリピンのニッケル鉱石生産各社は、インドネシアによるニッケル鉱石輸出禁止の恩恵を受けようとしている。 インドネシアはニッケル鉱石の輸出停止を当初より2年前倒し、20年1月1日から実...

インドネシア政府が2日、ニッケル精錬の強化のため鉱石の輸出を2020年1月から禁止すると正式発表したことで、禁輸観測に伴い加速していた資金流入が鈍化している。... インドネシアは、精錬業の強化のため...

ニッケル鉱石の最大産地であるインドネシアが12月に鉱石輸出を禁止するとの報道を受け、供給懸念の高まりが相場を押し上げている。... インドネシアは、ニッケル鉱石の生産量で世界シェアの約26%を占める。...

【ジャカルタ=ロイター時事】インドネシアは2日、ニッケル鉱石の輸出停止について、当初より2年前倒し、2020年1月1日から実施すると発表した。... インドネシアは、世界最大のニッケル鉱石生産国。国際...

インドネシアは、ニッケル鉱石の生産量の世界シェアで2―3割程度を占める。14年には精錬産業の育成のためニッケルなどの鉱石禁輸措置を講じたが、17年には低品位ニッケルなどの輸出を5年間に限って認めていた...

7月10日、インドネシアが22年からニッケル鉱石を含む原鉱石の輸出を再禁止するとの報道があった。... ニッケル価格低迷により、17年に停止されていたものだ。 ... 電池産業向けの...

インドネシアの政府高官が7月上旬の議会で、2022年からニッケルなどの鉱石の禁輸再開を示唆したことで急激に上昇していた。... インドネシアは精錬産業などの育成のため14年から鉱石輸出を禁止し、17年...

ニッケル鉱石の最大産地であるインドネシアが、2022年から鉱石輸出を再び禁止するとの観測が広がり急伸している。 インドネシアは、ニッケル鉱石の生産量で世界シェアの約2割を占める。.....

こうしたニッケル利用は中国のステンレスメーカーの製鋼システムとも連動しており、中国のニッケル需要の70%を占めるステンレス生産と需要への供給はこの安価なNPIにより支えられてきた。... 14年のイン...

ニッケル需要では、電気自動車(EV)に用いられる電池のコバルト消費を抑制するため、リチウム電池の高ニッケル化の情報が飛び交っている。... 17年から世界のニッケル鉱石生産はインドネシアとフィリピンの...

レアアースのほかには13年に蛍石、マンガン鉱石、マグネシウムなどの輸出関税が廃止され、14年はフッ酸や未鍛圧インジウムなどの税率が引き下げられ、15年にはインジウムなどの関税が取り消されてきた。...

今後のニッケル相場・需給について大越氏は、「主要産地のインドネシア、フィリピンはニッケル鉱石の供給規制を徐々に緩和しているため、今後、供給が増加してくる可能性がある」と指摘した上で、「ニッケルの在庫水...

ニッケル増産への動きが続いている。... インドネシア政府が発給するニッケル鉱石輸出枠は増加し続け、既にインドネシア政府が総輸出枠として承認した数量は2049万wetトンとなっている。これにより17年...

おすすめコンテンツ

実務に役立つ 
食品分析の前処理と実際

実務に役立つ 食品分析の前処理と実際

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版
―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版 ―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

設計者は図面で語れ! 
ケーススタディで理解する幾何公差入門
公差設計をきちんと行うための勘どころ

設計者は図面で語れ! ケーススタディで理解する幾何公差入門 公差設計をきちんと行うための勘どころ

実践!モジュラー設計
新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

実践!モジュラー設計 新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

図解よくわかる植物細胞工学
タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

図解よくわかる植物細胞工学 タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる