電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

13件中、1ページ目 1〜13件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.016秒)

貴金属なしで電極 豊田織機が水素製造用 (2024/5/31 自動車・モビリティー)

同社が2021年からハイブリッド車(HV)向けに量産する「バイポーラ型ニッケル水素電池」で培った材料や生産技術を応用。... 開発した電極はニッケルを主成分とする独自設計の材料で構成す...

豊田織機、電池事業着々と HV需要ふまえ量産 (2024/4/16 自動車・モビリティー)

2021年に車載電池として世界初となるハイブリッド車(HV)用バイポーラ型ニッケル水素電池の生産を開始。... (名古屋・川口拓洋) 豊田自動織機はバ...

「レクサス」新型SUV トヨタが受注開始 (2023/11/10 自動車・モビリティー)

豊田自動織機と共同開発した小型・高出力のバイポーラ型ニッケル水素電池を搭載する。

豊田自動織機は26日、電動車向け電動コンプレッサーとDC―DCコンバーター(電圧変換器)、バイポーラ型ニッケル水素電池の供給体制を拡充すると発表した。... バイポーラ型ニッケル水素電...

トヨタ、レクサスに新小型SUV 新たな顧客層開拓 (2023/6/7 自動車・モビリティー)

1500cc直列3気筒エンジンを搭載するハイブリッドシステムには、豊田自動織機と共同開発した小型かつ高出力なバイポーラ型ニッケル水素電池を採用した。

(敬称略) 【学術貢献賞】▽森一俊(帝京大学、企業および大学における研究活動を通じたディーゼル燃焼技術の発展と人材育成への貢献) 【...

ハイブリッド車(HV)向けの新構造電池を製造し、月産能力は2万台分。... 生産するのは「バイポーラ型ニッケル水素電池」で、正極と負極を一つの構造体に集約することで小型化と高出力化を両...

まず車型の異なる4車種を設定。... プラットフォーム(車台)を刷新したほか、高出力のバイポーラ型ニッケル水素電池を採用した新開発のハイブリッドシステムを採用。... 型があるから「型...

豊田自動織機は2022年度内に、愛知県東浦町でハイブリッド車(HV)用電池の新工場を稼働する。... トヨタ自動車と共同開発し、従来品と比べ出力を2倍に高めた「バイポーラ型ニ...

同時にニッケルやコバルトといった高コスト材料の使用を減らすほか、車両一体構造の電池開発などで、電池単体のコストも30%以上低減させる計画だ。... 既存の液系リチウムイオン電池やバイポーラ型ニ...

進化を支える鍵となったのは、新たに開発したバイポーラ型ニッケル水素電池だ。従来型のニッケル水素電池に比べて通電面積が広く、シンプルな構造で電気抵抗が低くなり、大きな電流を一気に流せる。... 従来型と...

新型アクアはコンパクトで高出力な「バイポーラ型ニッケル水素電池」を駆動用に搭載。

出力が約2倍の新型電池を初採用したほか、旧型より燃費を20%向上。... 豊田自動織機と共同開発した高出力の「バイポーラ型ニッケル水素電池」を世界初採用。

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン