6件中、1ページ目 1〜6件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.003秒)

大林組、NEC、大裕(大阪府寝屋川市)は18日、土砂の積み込み作業を自動化するバックホウ(油圧ショベル)の自律運転システムを開発したと発表した。大林組と大裕が共同開発した汎用遠隔操縦装置「サロゲート」...

ヘリコプターで12個からなるバックホウ1台分のパーツを空輸。... 災害現場に投入した大型バックホウは、バケットのサイズが1立方メートル。... 災害時に分解した同バックホウをヘリで空輸したのは全国で...

 東亜建設工業は25日、信幸建設(東京都千代田区)、極東建設(那覇市)と共同で、水陸両用型バックホウ「イエローマジック8号=写真」を開発したと発表した。... 従来、水際の施工ではエンジン駆動の水陸両...

前田建、工事車両に作業員検知システム (2015/11/20 建設・エネルギー・生活1)

今後、ダンプトラックやバックホウなどでの採用も検討する。

国内最長のロングアームを装備したバックホウを搭載し、水面下24メートルで施工できる。... バックホウのアームは17メートル仕様も開発中。バックホウには掘削用のほか岩をつかんだり、のり面を整えたりする...

コベルコ建機は13日、本体重量7―23トンの油圧ショベル「iNDr(冷却システム)搭載極低騒音型バックホウ=写真」8機種が国土交通省の新技術情報提供システム(NETIS)の申請情報に登録されたと発表し...

おすすめコンテンツ

バーチャル・エンジニアリングPart3 
プラットフォーム化で淘汰される日本のモノづくり産業

バーチャル・エンジニアリングPart3 プラットフォーム化で淘汰される日本のモノづくり産業

実務に役立つ 
食品分析の前処理と実際

実務に役立つ 食品分析の前処理と実際

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版
―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版 ―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

設計者は図面で語れ! 
ケーススタディで理解する幾何公差入門
公差設計をきちんと行うための勘どころ

設計者は図面で語れ! ケーススタディで理解する幾何公差入門 公差設計をきちんと行うための勘どころ

実践!モジュラー設計
新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

実践!モジュラー設計 新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

図解よくわかる植物細胞工学
タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

図解よくわかる植物細胞工学 タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる