75件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.007秒)

ユニプレスとファルテックは据え置き、未定だったアルファは11月に公表した。

ファルテックは物流センターなどの固定資産売却益15億円が当期利益に寄与した。

ファルテックも6月10日に開催を予定していたが、中止する方針を固めた。

【電子版】先週の注目記事は? (2019/11/19 特集・広告)

■アクセスランキング・ベスト10(11/11~11/17) 1位 3Dプリンターで“スポンジ状”の金属積層物 慶大が作製技術 2位 JDI、スマ...

日産自動車への供給が多い部品メーカー6社の2020年3月期連結業績はファルテックを除く5社が営業減益を見込む。... ファルテックは生産改善だけでなく、「北米子会社で扱う製品を見直す」(篠田好洋取締役...

ファルテックは2019年度に車用カーペット事業から撤退し、英国拠点では20年度に人員を削減する。... ファルテックは米ジョージア工場で車用カーペットの生産を終える。

ファルテックは韓国から調達している内装部品用樹脂部材の代替先を日本で探す検討に入った。... ファルテックは、特定の内装部品で採用する樹脂材料を韓国のサプライヤー1社から調達している。

ファルテックは2019年度内に約9億円を投じて九州工場(福岡県苅田町)を増強する。

ファルテックの生産子会社、北九州ファルテック(北九州市若松区)も現時点で大きな影響は出ていない。

唯一営業増益を見込むファルテックも、英国のEU(欧州連合)離脱の影響が懸念されている英国事業の合理化を進める方針だ。

ファルテックは欧州地域の統括拠点を英国に構え、生産のほとんどが同国内向け。

03年橋本フォーミング工業(現ファルテック)理事。

当期損益が約1億円の赤字となったファルテックは、ミリ波レーダーカバーなど戦略商品への投資や英国子会社の生産性改善を進める。

ファルテックが福岡県に九州工場の新棟を設けるほか、ヨロズは大分県の主力工場を増強した。... ファルテックも18年内に新棟を稼働する計画。

「決断力を高める上で、宴会は有効な手段」と笑顔で話すのは、ファルテック社長の文屋仁志さん。... 「自分で決断しないといけないことはあるが、周囲に意見を聞くことは大切だ」と、“オール・ファルテック”で...

ファルテックはラジエーターグリルの塗装とメッキ工程の国内内製化率を引き上げる。... 生産子会社の北九州ファルテック(北九州市若松区)には高耐塩害性を持つ「黒3価メッキ」と、光沢のあるメッキが可能な「...

06年アルティア橋本(現ファルテック)入社、08年執行役員、18年常務執行役員。

2018年上期の新社長(1)上場会社 (2018/7/23 上期の新社長)

  社名     新社長名  年齢 交代理由 【自動車・輸送機器】 NOK       土居 清志 65 経営体制変更 テイ・エ...

【ファルテック】文屋仁志氏(ぶんや・ひとし)79年(昭54)慶大工(現理工)卒、同年日産自動車入社。06年アルティア橋本(現ファルテック)入社、08年ファルテック執行役員、18年常務執行役員。

営業増益を想定するのはヨロズ、ファルテック、アルファの3社。

おすすめコンテンツ

金を掛けずに知恵を出す 
からくり改善事例集 Part4

金を掛けずに知恵を出す からくり改善事例集 Part4

本当に役立つ英文ビジネスEメール
第2版

本当に役立つ英文ビジネスEメール 第2版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい電線・ケーブルの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい電線・ケーブルの本

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる