2,950件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.011秒)

▽ビースタイル(中央区)=水素ガス充填式美容機器の開発と販売▽社会起業家パートナーズ(豊島区)=労働者が簡単に未払い残業代を請求できるアプリケーションの開発▽マックスネット・コンサルタント(新宿区)=...

17日に福島県、エネルギー・エージェンシーふくしま(福島県郡山市)の支援を受け、ワーキンググループ(WG)を発足する予定。... これらのメンテナンス事業を受注し、地域活性化につなげる考え。 ...

愛知県、東三河で若手人材定着へ UIJターン促進策拡充 (2020/6/4 中小・ベンチャー・中小政策)

【名古屋】愛知県は県東部の東三河地域での若手人材確保事業を拡充する。... 企業の魅力を伝えるスタディープログラムや就活事情ワークショップ、定着支援セミナーなどを開き、UIJターンを促進する。... ...

4年前から人材育成に力を入れている。... AI関連では岡山大学と医薬品情報支援システムを共同開発するなど医療関係の認知度は高い。... そのため4年前から新卒採用と人材育成に努めてきた。

住友化学や旭化成、三井化学もデジタル人材の育成・拡充を急ぐ。経済産業省は、新素材開発を人工知能(AI)によって数倍から数十倍に効率化する「マテリアルズ・インフォマティクス(MI)」を支援。... 多く...

16年には事業部門とICT関連部門をつなぐ「ICT戦略推進室」を発足。... アカデミアとの協業や、社内外の人材育成に挑むのが狙いで、19年には長崎市にも設置。... 【人材育成】 ...

現場の担当者の話によると、機器の使い勝手が向上し、現場と離れた場所でもリアルタイムで情報共有できる意義が大きいとのことです」 ―デジタル技術を積極的に活用する上で、今後必要となる人材...

これまでの技術支援に加え、製造現場への導入や人材育成をサポートする事業を展開していく。 ... 16年産業労働観光部工業振興課ものづくり企業支援室長、17年教育委員会事務局健康福利課...

「改革の大きな取り組みの一つとして18年10月に、産業振興と技術普及を目的に『事業開発室』を設置した。... 2月にNTT東日本、NTTアグリテクノロジー(東京都新宿区)と連携協定を結び、データ駆動型...

製造現場、DXの波到来 AIが生産計画を自動立案 (2020/5/19 電機・電子部品・情報・通信2)

「鉄鋼や非鉄、石油、食品、陶業、化学向けに実績がある」(インダストリー事業統括本部事業戦略統括本部)とさらなる展開を目指す。 ... XRを活用した「スマートメンテナンスソリューショ...

経済産業省は、地域においてデザイン面から製品やサービス、事業を創出できる人材を育成する事業「ふるさとデザインアカデミーichi」の研修テキストと報告書を公開した。2019年度に全国各地で展開した講義な...

対象者は同財団の新分野・新技術支援研究会(NFT)に参加する中小企業で、人数は約10人。 問い合わせは同財団事業推進課人材育成担当(044・548・4102)へ。

日産自動車は開発人材育成のため「ソフトウエアトレーニングセンター」での教育講座を強化している 開発に携...

公共工事デジタル化 国交省、コロナ対策機に推進 (2020/5/6 建設・生活・環境・エネルギー)

ビッグデータ(大量データ)利活用、人材育成、技術開発、実験フィールドなどの司令塔となる。一方、受注側の企業向けに人材研修や教育プログラムを整備、BIM/CIMを導入支援する。... それに対し必要な人...

住設やセメント各社は施工技能者の人材育成強化や最新技術の導入により、施工品質の向上を目指す。... YKK AP、技術者育成 多種商品に対応 一方、施工技能者の人材育成や技術力の伝承...

センサー使い需要予測 列車運行本数を自動で最適化 電機大手はMaaSを始めたい自動車メーカーや鉄道事業者...

その内容は(1)意識醸成・掘り起こしのためのセミナーや人材育成補助(2)実践・導入促進のための設備強化支援の補助金制度や、課題解決につながる事業を公募・選定するモデル創出事業(3)広報・普及促進のため...

事業検証に専念できる環境を支援する考えで、事業創出を推し進める。一連の事業を手がけるイノベーション部の野田真部長に狙いを聞いた。... 仮に最終的に事業化しなくても、事業化に挑戦したこと自体が人材育成...

【富山】富山県は新型コロナウイルス感染症拡大の影響で経営に打撃を受けた県内の中小・小規模事業者の再起の支援に特化した新支援事業を始める。... 対象事業は(1)販路開拓・売上向上(2)新商品開発(3)...

新型コロナウイルスがロボットの開発や人材育成基盤を揺るがしている。... 産学連携で取り組めば、開発や人材育成の新潮流になるかもしれない。... 標準機は開発の効率を上げるための方策だが、競技会運営や...

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい半導体パッケージ実装と高密度実装の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい半導体パッケージ実装と高密度実装の本

未来の科学者との対話18
第18回 神奈川大学全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

未来の科学者との対話18 第18回 神奈川大学全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい工作機械の本
第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい工作機械の本 第2版

よくわかる電子機器実装の品質不良検査とコスト削減

よくわかる電子機器実装の品質不良検査とコスト削減

技術士第一次試験 
「電気電子部門」択一式問題200選
第6版

技術士第一次試験 「電気電子部門」択一式問題200選 第6版

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

電子版クレジットカード決済が対象になりました。キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元 ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる