22件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.008秒)

大成建、国内全支店に柱溶接ロボ導入 22年度めど (2021/3/30 建設・生活・環境・エネルギー1)

同社は作業員不足対策として、作業支援ロボットの導入を加速する。 ... 建設現場の溶接作業は作業員の技量によって品質が左右されるため、同社がロボット施工で最も重視しているのがオペレー...

パーソナルケアロボット(生活支援ロボット)の安全性に関する同規格に基づき、日本品質保証機構(JQA)が安全性を評価した。 ISO13482は、2014年に国際標準化機構(ISO)が発...

自動運転や作業支援ロボットの活用により、作業の効率化を支援。... 物流業務支援ロボットの商用化も急ぐ。... 【「走行制御」機能】 安全性向上への支援にも取り組む。

トーヨーカネツは、オランダのロボットメーカーであるコパルの荷下ろし作業支援ロボットの販売を2019年度内に開始する。... 同ロボの投入で物流施設業務を総合的に支援できる体制が整う。 ...

イノフィス/装着型作業支援ロボ軽量化 (2018/10/1 新製品フラッシュ2)

イノフィスは装着型の作業支援ロボット「腰補助用マッスルスーツ」の最新モデルとして「マッスルスーツEdge」を発売した。

イノフィス(東京都新宿区、古川尚史社長、03・5225・1083)は3日、装着型の作業支援ロボット「腰補助用マッスルスーツ」の最新モデルとして、「マッスルスーツEdge=写真」を発...

シンフォニアテクノロジーは豊橋技術科学大学と大葉収穫作業支援ロボットを共同開発する。... 収穫後、農園の作業場、ビニールハウス内ですぐに作業できる。... 内職依存脱却を目指す農家から、支援ロボット...

高価な技術を使った作業支援ロボットやロボット車いすとは逆に、ロボット導入にお金をかけにくい市場のピラミッドの底辺から開拓を目指す。... 人材不足を背景に、介護の現場では作業支援ロボットやロボット車い...

ロボットトラクター、農業用飛行ロボット(ドローン)、装着型作業支援ロボットなどを出展。

少子高齢化などを背景にアジアで生まれつつあるロボット需要を取り込む。... 倉庫や工場の物流作業、農作業などで荷物の持ち上げ負担を軽くする軽作業向け装着用アシストロボットを中心に、海外販売を本格化する...

事務所や工場での作業に使用できる就労・作業支援ロボットや災害時避難用機器なども対象とする。 開発例としては、テムザック技術研究所(鳥取県米子市、檜山康明社長、0859・30・4275...

【独ハノーバー=藤崎竜介】アクティブリンク(奈良市、藤本弘道社長、0742・71・1878)は、今秋をめどに装着型作業支援ロボットで海外市場に参入する。... また、装置本体とケーブルでつながる上肢支...

成田国際空港、装着型作業ロボ「ハル」を試験導入 (2017/1/25 建設・エネルギー・生活1)

成田国際空港(千葉県成田市、夏目誠社長、0476・34・5400)で24日、サイバーダインの装着型作業支援ロボットで手荷物ハンドリング業務を支援する試験運用が始まった。... 使用するのは「HAL(ハ...

清水建設など、配筋作業アシストロボを開発 (2016/9/7 建設・エネルギー・生活1)

清水建設とアクティブリンク(奈良市、藤本弘道社長、0742・71・1878)、エスシー・マシーナリ(横浜市瀬谷区、上田種男社長、045・924・2711)は6日、建設現場の鉄筋の配筋作業用に、作業支援...

サービスロボット開発技術展実行委員会は26、27の両日、インテックス大阪(大阪市住之江区)で「サービスロボット開発技術展2016」を開く。サービスロボットに特化した単独の展示会は大阪で初めて。... ...

装着型作業支援ロボットなどでガタつきのない動きを生み出せるという。... 主なターゲットは人が腰などに装着する支援ロボット。... 装着型のほか、人と協働する工業用ロボットや医療用ロボット向けなどでも...

菊池製作所は、案内用ロボット「コンシェルジュ」など、ベクトル(東京都立川市)が開発したロボット製品の量産を2015年度内に始める。... 宿泊施設、商業施設、介護施設などへロボット製品を売り込む方針だ...

産業革新機構は3日、装着型の作業支援ロボット「マッスルスーツ」を手がけるイノフィス(東京都新宿区)に、総額6億5000万円を上限として出資すると発表した。

菊池製作所がロボット事業を急拡大させている。装着型の作業支援ロボット「マッスルスーツ」などを販売する子会社のイノフィス(東京都新宿区)を2013年12月に設立。... また、東京工業大学と共同で新たに...

(総合1参照) また、作業支援ロボットはセンサー技術により装着すると脳神経の信号を感知。自分の意思に従って重作業を補助し、体への負担を4割軽減する。店舗や自動販売機の補充作業に役立て...

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい建設機械の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい建設機械の本

演習!本気の製造業「管理会計と原価計算」
経営改善のための工業簿記練習帳

演習!本気の製造業「管理会計と原価計算」 経営改善のための工業簿記練習帳

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる