388件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.01秒)

国際帝石の1―6月期、当期赤字1207億円 (2020/8/7 建設・生活・環境・エネルギー)

国際石油開発帝石が6日発表した2020年1―6月期連結決算は、売上高が19年4―9月期比31・9%減の3916億円、当期損益は1207億円の赤字(19年4―9月期は694億円の黒字)となった。

住商など8社、秋田で洋上風力発電 コンソーシアム結成 (2020/6/1 建設・生活・環境・エネルギー)

住友商事、ウェンティ・ジャパン(秋田市)、国際石油開発帝石、石油資源開発、東京電力リニューアブルパワー(東京都千代田区)など8社は、秋田県能代市、三種町、男鹿市にまたがる沖合の洋上風力発電事業実施に向...

石油鉱業連盟は21日に開いた定時総会で渡辺修会長(79、石油資源開発会長)の後任に北村俊昭副会長(71、国際石油開発帝石会長)を選任した。... 21日に記者会見した北村新会長は、歴史的な原油安が続く...

国際帝石、通期見通し下方修正 営業益3270億円減 (2020/5/13 建設・生活・環境・エネルギー)

国際石油開発帝石は12日、2020年12月期連結業績予想を下方修正し、売上高を2月12日公表より4940億円減の7100億円、営業利益を同3270億円減の1720億円、当期利益を同1350億円減の10...

国際石油開発帝石、LNG契約交渉へ覚書 インドネシア2社と (2020/2/21 建設・生活・環境・エネルギー)

国際石油開発帝石は20日、2020年代後半にインドネシア東部で生産開始予定の液化天然ガス(LNG)プロジェクト「アバディ」で、同国の国営2社と長期供給契約に向けて交渉を始める覚書を結んだと発表した。....

国際石油開発帝石は長岡鉱場越路原プラント(新潟県長岡市)で、二酸化炭素(CO2)を原料にメタンを製造する「メタネーション」技術の実証実験を始めた。... 新エネルギー・産業技術総合...

【シドニー=時事】豪州の石油・ガス大手サントスが、米同業コノコフィリップス保有の豪北部の液化天然ガス(LNG)事業などを買収する。 ... ダーウィンLNGやバユガス田には、国際石油...

NEDOなど、メタン合成試験設備を完成 排出CO2活用 (2019/10/17 建設・生活・環境・エネルギー1)

新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)、国際石油開発帝石、日立造船は16日、二酸化炭素(CO2)と水素からメタンを合成する試験設備を国際帝石のプラント内に完成させたと発表した。... 国際帝石...

水を光分解した混合ガスから水素を分離するモジュールの開発も、将来の大規模化に向けた重要なステップを迎える。... 三菱ケミカルの瀬戸山亨エグゼクティブフェローがプロジェクトリーダーとなり、大学からは東...

石油元売りなど、海外で資源開発結実 エネルギー多様・安定化 (2019/9/5 建設・生活・環境・エネルギー1)

国際石油開発帝石がインドネシア政府とLNG大型計画で正式合意するなど、各社肝いりの案件が前進している。... 国際帝石が操業主体(オペレーター)として、2020年代後半にインドネシア東部で生産を始める...

昭和電工は大分石油化学コンビナート(大分市)内で十数億円を投じ、年産1万5000トンの液炭製造設備を新設。... このような中で、大阪ガスリキッドが新潟県長岡市で21年4月に稼働予定の液炭とドライアイ...

■研究開発テーマ 「環境・エネ」重視変わらず 研究開発で力を入れている分野(複数回答)には236社が応えた。... まず官民合意で数年前から動きだした「企業から大...

【ジャカルタ=ロイター時事】国際石油開発帝石の上田隆之社長は、インドネシアのマセラ天然ガス事業(事業費約200億ドル)について、来年基本設計(FEED)を開始することを明らかにした。... 国際帝石は...

国際帝石、豪州北西沖の探鉱鉱区落札 (2019/7/17 建設・生活・環境・エネルギー1)

国際石油開発帝石は豪州北西沖の探鉱鉱区を落札した。... 近隣で油田が発見・開発されており、原油を中心に調査する。... 豪州でのイクシスに続く大型開発に向け、調査を進める。

テクノスコープ(さいたま市浦和区)  開発・製造拠点である技術研究所(新潟市西区)では、揺れはあったものの建物や設備、人的な被害はなかった。... 国際石油開発帝石 ...

国際石油開発帝石は17日、インドネシアで操業主体(オペレーター)として計画中の液化天然ガス(LNG)プロジェクト「アバディ」で、同国政府と開発計画で基本合意したと発表した。... 国際帝石の権益比率は...

国際帝石、豪FLNGから出荷 年産能力360万トン (2019/6/12 建設・生活・環境・エネルギー1)

国際石油開発帝石は11日、豪州で英蘭ロイヤル・ダッチ・シェルと手がける浮体式液化天然ガス生産設備(FLNG)プロジェクト「プレリュード」で、LNGの出荷を始めたと発表した。... 洋上でのLNG開発が...

【ジャカルタ=ロイター時事】インドネシアのエネルギー・鉱物資源省が明らかにしたところによると、同国の石油・ガス上流監督部門SKKミガスは、同国東部沖マセラ鉱区のガス田開発計画改定案について、国際石油開...

IMO規制で変わる船用燃料 石油元売り、対策急ピッチ (2019/5/3 建設・生活・環境・エネルギー)

国際石油開発帝石、中東でLNG燃料供給 欧州ではC重油に代わる液化天然ガス(LNG)燃料船を導入する動きも目立つが、国内ではまだ実証事業レベル。... 国際石油開発帝石は年内にアラブ...

実験室で働く夢を見て 国際石油開発帝石の川崎緑さん(30)は子どもの頃の遊びで自然現象に興味を持った。... その延長線上での就職も考えましたが、小山高専にエネルギー系の研究室がなか...

おすすめコンテンツ

実務に役立つ 
食品分析の前処理と実際

実務に役立つ 食品分析の前処理と実際

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版
―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版 ―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

設計者は図面で語れ! 
ケーススタディで理解する幾何公差入門
公差設計をきちんと行うための勘どころ

設計者は図面で語れ! ケーススタディで理解する幾何公差入門 公差設計をきちんと行うための勘どころ

実践!モジュラー設計
新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

実践!モジュラー設計 新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

図解よくわかる植物細胞工学
タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

図解よくわかる植物細胞工学 タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる