695件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.007秒)

温暖化防止の国際ルール「パリ協定」の参加国は、20年までに目標を更新して再提出する合意がある。 ... また、政府内で「地球温暖化対策計画」の見直しに着手し、追加情報を提出するという...

第23回オゾン層保護・地球温暖化防止大賞 (2020/3/25 建設・生活・環境・エネルギー1)

日刊工業新聞社は、第23回「オゾン層保護・地球温暖化防止大賞」の案件を4月1日から募集します。... 【表彰】▽経済産業大臣賞(1点) ▽環境大臣賞(1点) ▽優秀...

電事連は13日都内で会見を開き、池辺氏は原発について「地球温暖化防止には原子力と再生可能エネルギーが重要との理解は深まりつつある。温暖化が進むに連れて理解は進む」との見解を示した。

戸田建設グループ、ミサワ環境技術を傘下に 地中熱エネ技術普及 (2020/2/27 建設・生活・環境・エネルギー1)

同社がもつ地中熱エネルギー利用技術を普及させ、省エネ、地球温暖化防止、脱炭素社会の実現などを通じて戸田建設グループのESG(環境・社会・企業統治)経営を推進する。 ミサワ環境技術は地...

議論のたたき台が明らかとなったことで新目標をめぐる国際交渉が本格化する。 ... 同じ世界目標である地球温暖化対策のパリ協定や持続可能な開発目標(SDGs)と関連付け、さらに最新の環...

生活見直し、日本人1人のCO2排出79%減 地球温暖化を防ぐために必要な消費者行動を地球環境戦略研究機関(IGES)がまとめた。... 少数の人が商品選択や行動に...

国は環境保全のため、1970年(昭45)に「水質汚濁防止法」を制定。... 老朽化も進んだ。98年に修復され、現在は運河を渡る遊覧船の楽しみの一つとして、当時の技術を体験できる &#...

国際航空運送協会(IATA)は、地球温暖化防止に向けて、航空機の二酸化炭素(CO2)排出量について、50年に2005年比で半減することを目標としている。 民間航空機では、CO2排出量...

京急、EV用普通充電器実証 スマホアプリで簡単利用 (2020/1/30 建設・生活・環境・エネルギー2)

京急電鉄の新規事業創出に向けたオープンイノベーションと地球温暖化防止の一環で、沿線の時間貸し駐車場3カ所に設置。

地球温暖化に関わるガスの有効利用が期待される。 ... そのため、天然ガスやシェールガスの有効利用や温暖化防止のために注目されている。... 今回の光触媒にはUVで反応する光触媒を使...

同社は電炉の省エネルギー化や、再生可能エネルギーへの切り替えを進め、鉄鋼製品の生産量1トン当たりの二酸化炭素(CO2)排出量を、足元の0・5トンから50年時点で0・1トンに減らす目標に取り組んでいる。...

VEGAボイラはコンパクト化により本体重量を従来比約50%、設置面積を約40%低減でき、据え付け工事期間も約25%短縮できる。... セメント製造の焼成工程で生じる排ガスの熱を回収して発電を行い、工場...

材料の表面状態を変えて性質の向上を図ったり、新機能を付加したりする表面処理技術は、地球温暖化や環境問題、第5世代通信(5G)などへの貢献が期待されている。 ... (1)電子部品の高...

京セラドキュメントソリューションズ(大阪市中央区)三重玉城工場(三重県玉城町)の活動が、環境省の「地球温暖化防止活動環境大臣表彰(対策活動実践・普及部門)」を受賞した。... 空調の個別管理、照明の発...

特に地球温暖化対策ビジネスのDIが23で好調だった。 同省は温暖化対策、環境汚染防止、廃棄物処理・資源有効利用、自然環境保全の4分野を環境ビジネスとして調査している。

三協立山、高断熱の二重窓投入 性能10倍・結露抑制 (2019/12/24 建設・生活・環境・エネルギー2)

18年度の「地球温暖化防止活動環境大臣表彰」を受賞している。

IHI、木質バイオマス専焼化工事を静岡で受注 (2019/12/5 機械・ロボット・航空機1)

IHIは4日、鈴川エネルギーセンター(静岡県富士市)から、鈴川エネルギーセンター火力発電所(写真)の木質バイオマス専焼化工事を受注したと発表した。... 微粉炭(PC)焚(だ)きボイラでの木質バイオマ...

三菱重工サーマル、冷凍機で温暖化防止表彰 (2019/12/4 機械・航空機 1)

三菱重工サーマルシステムズ(東京都千代田区、03・6275・6330)の高効率次世代ターボ冷凍機「ETI―Z」が、環境省の第22回地球温暖化防止活動環境大臣表彰を受賞した(写真)と発表した。... 地...

13日までの会期中、温暖化対策の国際的な枠組み「パリ協定」の運用ルールの最終合意を目指す。... これだと各国が報告する排出量の合計と、地球全体の正味の排出量が一致しなくなる。事前交渉で多くの国が二重...

10月21日はあかりの日 (2019/11/8 特集・広告)

政府は地球温暖化防止対策計画の下、2030年度の温室効果ガス26%の削減(13年度比)を目標に掲げている。

おすすめコンテンツ

すぐ身につく分析化学・機器分析の実務
基礎、前処理、手法選択、記録作成を現場目線で解説

すぐ身につく分析化学・機器分析の実務 基礎、前処理、手法選択、記録作成を現場目線で解説

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地盤工学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地盤工学の本

図解よくわかるスマート農業
デジタル化が実現する儲かる農業

図解よくわかるスマート農業 デジタル化が実現する儲かる農業

岐路に立つ日本医療
破綻か飛躍か!?激変する世界が迫る選択

岐路に立つ日本医療 破綻か飛躍か!?激変する世界が迫る選択

おもしろサイエンス 
火山の科学

おもしろサイエンス 火山の科学

新版 
イチから知る!IR実務

新版 イチから知る!IR実務

電子版クレジットカード決済が対象になりました。キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元 ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる