809件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.02秒)

そんな中、宇宙航空研究開発機構(JAXA)や情報通信研究機構では、各世帯でさまざまなインフラが対応し、どこにいても自分の好きな生活を楽しめる社会を構築しようとしている。... 小型航空機の研究の一環で...

また、情報通信端末等に実装される高速クロック電子回路や省エネ家電に実装される高効率スイッチング電源から、意図せずにパルス的な電波が瞬間的に強く発生するものもある。 そのため、情報通信...

香川大など、空間多重光網研究開発に着手 ビヨンド5G向け (2021/9/8 電機・電子部品・情報・通信1)

香川大学、KDDI総合研究所(埼玉県ふじみ野市、中村元所長)、NEC、サンテックと古河電気工業は7日、第5世代通信(5G)の次の通信システムとして2030年頃の実用化が見込まれる「ビヨンド5G」の無線...

そこで、情報通信研究機構(NICT)では、通信品質を改善することを目的とした電波散乱壁の開発を進めている。... NICTでは、電波散乱壁をはじめとした「電波伝搬を人工的に制御する技術」に関する研究開...

さらに、IoT(モノのインターネット)や機器間(M2M)といった最新の情報通信技術によって、家庭内のあらゆる電化製品が無線や有線でインターネットにつながるスマートコミュニティー社会が実現しつつあり、我...

東芝と東北大学東北メディカル・メガバンク機構(ToMMo)、東北大学病院、情報通信研究機構(NICT)は、量子暗号通信技術などを用いた全遺伝情報(ゲノム)解析データの分散保管の実証実験に世界で初めて成...

第5世代通信(5G)は、これからの情報通信技術(ICT)社会を開く基盤技術として普及しつつある。... 情報通信研究機構(NICT)は、5G端末近傍からの電波を正確に測定するための技術開発を行っている...

(金曜日に掲載) ◇科学技術振興機構(JST)研究開発戦略センターフェロー(科学技術イノベーション政策ユニット) 原田裕明 名古屋大学大学院工学研究科修士課程修了。...

情報通信技術(ICT)の利活用について「これまでの技術者目線は限界。... 重点項目には情報通信網の強靱(きょうじん)化や課題解決に向けたICT利活用などの推進を掲げ、「中山間地や離島の多い中国地域で...

情報通信研究機構(NICT)宇宙環境研究室では、地球磁気圏の状況で大きく変動する電子放射線帯の構造や電子の流れの量を予測するため、電子放射線帯変動予測モデルの開発を進めている。「宇宙のさえずり」を含め...

また、電離圏が乱れると短波通信の障害や、全地球測位システム(GPS)に代表される衛星測位システムの誤差増大がしばしば報告されている。 このため情報通信研究機構(NICT)では「宇宙天...

情報通信研究機構(NICT)では、積乱雲発生の前兆現象となる「風」の収束・上昇気流と、雲や雨の素となる「水蒸気」を同時計測するライダー技術(マルチパラメーターライダー)の研究開発を進めている。 ...

情報通信研究機構(NICT)は宇宙航空研究開発機構(JAXA)と共同で宇宙から降水を測る観測測器、二周波降水レーダー(DPR)を開発してきた。... その研究は途上にあるが、先人たちの努力によって実現...

理化学研究所計算科学研究センターの三好建正チームリーダーらの研究グループは、スーパーコンピューター「富岳」を使ったゲリラ豪雨のリアルタイム予報の実証実験を始める。... 実証実験で得られる予報データは...

情報通信研究機構と住友大阪セメント、早稲田大学は共同で、周波数101ギガヘルツ(ギガは10億)で伝送レートが毎秒70ギガビットの光無線直接伝送技術を開発した。... 次世代のミリ波通信では多数の無線ア...

そのような場合でも観測可能なセンサーとしてレーダーがあり、情報通信研究機構(NICT)では航空機搭載型のレーダーの研究と観測を行ってきた。 ... また、電波の波動的性質(位相情報)...

脳情報通信融合研究センター(CiNet)の私たちの研究グループは、新しい発想に基づく計測技術をハード・ソフトの両面から開発することで、人間の脳活動に対するfMRIの解像度を神経活動の機能単位(大脳皮質...

脳情報通信融合研究センター(CiNet)は、大阪大学吹田キャンパス内で、阪大と連携しながら「情報通信」をキーワードに人間の脳を研究するユニークな研究拠点だ。 ... (火曜日に掲載)...

脳情報通信融合研究センター(CiNet)には、さまざまな分野の研究者が集っているが、宇宙工学の出身は珍しい。... 情報通信研究機構(NICT)内での連携研究において、精密測位に対して信号値が跳ぶ状況...

空調機器メーカーの木村工機は、同志社大学と情報通信研究機構(NICT)と共同で、この仮説を定量的に証明・応用し、快適性と省エネ効果を兼ね備えた、照明・空調統合制御システムを開発した。 ...

おすすめコンテンツ

きちんと知りたい! 
電気自動車用パワーユニットの必須知識

きちんと知りたい! 電気自動車用パワーユニットの必須知識

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地球学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地球学の本

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい電気自動車の本
第3版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい電気自動車の本 第3版

機械製図CAD作業技能検定試験 実技試験ステップアップガイド
(3・2・1級対応)

機械製図CAD作業技能検定試験 実技試験ステップアップガイド (3・2・1級対応)

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

↓もっと見る

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる