38件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.006秒)

防衛省は2021年版「防衛白書」で中国の国防費が速いペースで増加しているとともに、諸外国で人工知能(AI)や極超音速兵器など戦闘様相を一変させるゲーム・チェンジャー技術開発が進む事実を取り上げた。.....

三菱重工業が開発主体となり、エンジンはIHI、最新鋭ステルス戦闘機「F35」を製造する米ロッキード・マーチンが技術支援する構図となる見通し。... (編集委員・嶋田歩、同・池田勝敏) ...

航空自衛隊の次期戦闘機(F2後継機)の開発費やその関連費用などが点検の対象になる見込みだ。 ... F2後継機開発事業のほか、日本学術会議の事務局体制のあり方も、点検の対象になる可能...

情報ブラックボックス化懸念再び 防衛省は航空自衛隊戦闘機「F2」の後継となる、次期戦闘機の開発チームを防衛装備庁内に20数人規模でスタートした。... そもそも英...

これとは別に、戦闘機に搭載するジェット無人機も開発済みだ」 ―戦闘機「F2」後継機の方向性をどう見ますか。 ... 次世代戦闘機はF2以上にステルス性や複合材採用が...

航空機エンジン事業は足が長いビジネスで、投資回収に15―20年かかる。... 我々は15年先を見据えている」 ―戦闘機「F2」後継機に搭載が見込まれるエンジン「XF9―1」も開発済み...

宙に浮く「F2」後継機 開発経費計上、見送りの公算 (2019/6/25 機械・ロボット・航空機1)

2030年代に退役を迎える支援戦闘機「F2」の後継機問題に関心が高まっている。... F2後継機はこうした海外の実情も考え、20年から30年間、運用できるシステムの柔軟性を兼ね備えなければならない。....

岩屋毅防衛相は19日の閣議後会見で、支援戦闘機「F2=写真」が搭載する空対艦ミサイルの長射程化の研究を始めたことを明らかにした。... 岩屋防衛相は「南西諸島などの厳しい安全保障環境を考えると、自衛隊...

政府が閣議決定した2019年度以降の新たな防衛大綱は、米国製ステルス戦闘機「F35」の追加取得や、ヘリコプター搭載護衛艦「いずも」型への短距離離陸・垂直着陸(STOVL)機搭載の調査研究などを明記した...

■防衛省、陸海空自衛隊のヘリなど派遣 防衛省は6日、北海道地震直後から陸上自衛隊のヘリコプターや映像伝送機「UH―1」、海上自衛隊の対潜哨戒機「P―3C」、航空自衛隊の早期警戒機「E...

航空自衛隊の支援戦闘機「F2」の後継機種をめぐる議論が、かまびすしい。F22をベースに機体や電子装備を改修する案や、F35を追加購入する観測もある。... F22やF35は、さらに高価。

4月1日付で親会社の三菱重工業の役員2人を副社長として受け入れ、米国の2拠点に配置する。日本を含めた3拠点の役割分担を明確化し、2018年半ばとする初号機の納入日程を守る考えだ。 ....

日本からも国産小型旅客機「MRJ」を開発する三菱航空機(愛知県豊山町)など約25社・団体が出展。... 軍用機では米空軍のステルス戦闘機「F22」が初出品される。 ... 川崎重工業...

28年ごろに退役が始まる戦闘機「F2」の後継機種はレーダーに捕捉されにくいステルス戦闘機が有力。... しかし日米共同開発の戦闘機「F2」が11年に納入を終え、国産戦闘機の新規製造は途絶えた。... ...

戦闘機からビジネスジェット、民間機まで数々の航空機を世に送り出してきた三菱重工業。... 三菱重工は00年に航空自衛隊に初納入した戦闘機「F2」で、炭素繊維複合材による一体成形の主翼を世界で初めて実用...

それでも会長の大宮英明は「航空機は21世紀の日本をけん引する産業になるかもしれない」と信じてやまない。... 三菱重工が戦闘機「F2」の開発で培った複合材の技術力が、ボーイングにも認められた。... ...

【名古屋】防衛省は将来の戦闘機開発に生かすために研究開発を進めている「先進技術実証機」について、2016年1―3月をめどに初飛行させる方針だ。... 日米で共同開発し、11年に生産を終了した戦闘機「F...

12年度予算/防衛 (2011/12/26)

防衛省は防空能力向上のため老朽化が進む戦闘機「F4」の後継となる次期戦闘機「F35A」の取得関連で605億円を新規計上した。... また戦闘機「F2」の支援戦闘能力の開発に13億円を計上するなど現有戦...

この状況下で政府は次期戦闘機(FX)として米政府が提案した「F35A」(主製造企業=米ロッキード・マーティン)に決めた。... 戦闘機に関連している国内企業は約1200社ある。9月に戦闘機「F2」生産...

政府が20日、航空自衛隊の次期主力戦闘機(FX)を「F35」(主製造企業=米ロッキード・マーチン)に決めたことで今後の関心は日本の防衛産業の製造参画に移る。... F35は性能面で優れる半面、最新技術...

おすすめコンテンツ

きちんと知りたい! 
電気自動車用パワーユニットの必須知識

きちんと知りたい! 電気自動車用パワーユニットの必須知識

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地球学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地球学の本

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい電気自動車の本
第3版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい電気自動車の本 第3版

機械製図CAD作業技能検定試験 実技試験ステップアップガイド
(3・2・1級対応)

機械製図CAD作業技能検定試験 実技試験ステップアップガイド (3・2・1級対応)

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

↓もっと見る

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる