12,196件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.003秒)

新型コロナ支援策【政府・自治体】 (2022/7/1 新型コロナ支援)

経済産業省 【事業再構築補助金】 ・補助額 【通常枠】=従業員20人以下、100万―2000万円、21―50人、100万―4000万円、5...

東レ、環境・モビリティー開発強化 大津にセンター新設 (2022/7/1 素材・医療・ヘルスケア)

東レは環境・モビリティー領域の技術開発力を強化するため、技術センター所長直轄組織の「環境・モビリティ開発センター」(EMC、大津市)を発足した。環境資材と新エネルギー関連部材の開発機能...

省人化・工程集約技術磨く 中期戦略で2025年3月期に工作機械の売上高を1000億円(22年3月期実績565億円)に伸ばすことを目指しているブラザー工業。....

新型コロナ支援策【政府・自治体】 (2022/6/30 新型コロナ支援)

経済産業省 【事業再構築補助金】 ・補助額 【通常枠】=従業員20人以下、100万―2000万円、21―50人、100万―4000万円、5...

パスコ、新潟にデータ処理の新拠点 (2022/6/30 建設・生活・環境・エネルギー2)

データエントリー業務、空間業績の解析業務や技術開発を行う。

研究開発センターが取り組むのは3次元集積回路(3DIC)の高機能化や多機能化を実現するための後工程技術の開発。... 研究開発センターは、新エネルギー・産業技術総合開発機構(N...

原子力機構、福島第一に分析棟 放射性廃棄物の処理研究 (2022/6/30 建設・生活・環境・エネルギー2)

原子力機構の福島研究開発部門である大熊分析・研究センター(福島県いわき市)が運営する。 原子力機構はこれまでに、放射性物質の分析や処理、遠隔計測技...

デジタル変革技術の知財の解析・マップ化(IPランドスケープ)を用いた現地自動車大手への新たな提案活動なども始めている。 ... 三菱ケミカルホールディングスグループは...

新型コロナ支援策【政府・自治体】 (2022/6/29 新型コロナ支援)

経済産業省 【事業復活支援金】 ・対象=新型コロナの影響で、21年11月―22年3月のいずれの月の売上高が50%以上または30―50%減少し...

産学連携で産業界の技術力を底上げする挑戦になる。... 高田和典エネルギー・環境材料研究拠点長は「各社の開発を加速させたい」と説明する。 自動車など巨大な業界を形成してきた...

「当社のコアコンピタンス(中核となる能力・技術)である加工のノウハウを最大限に生かし、生産効率の最大化を追求したい」と抱負を語る。 ... 「QCD(品質・コ...

トヨタ紡織の白柳正義社長は28日、合同取材に応じ、自動車の電動化に対応するため内装全体の企画開発を担う「インテリアスペースクリエイター」戦略を加速する方針を示した。技術開発などを強...

米国はバイオ分野の先端技術開発を国家安全保障の一環としてすでに取り組み始めている。日本も後れずに政官産学の四位一体で技術開発を加速させなければならない。... 当社は18年にアサヒビール・茨城工場の排...

新型コロナ支援策【政府・自治体】 (2022/6/28 新型コロナ支援)

経済産業省 【事業復活支援金】 ・対象=新型コロナの影響で、21年11月―22年3月のいずれの月の売上高が50%以上または30―50%減少し...

企業の歴史や主力事業の強みを知ることで、「飛び地に見える市場でもコア技術がつながっていく」。... こうした開発も鉄と「地下水脈で繋がっている」からこそ実現したものだ。 ... 04...

住友不とダイキン、空調設備の脱炭素化で連携 共同で技術開発 (2022/6/28 建設・生活・環境・エネルギー2)

住友不動産とダイキン工業は空調設備の脱炭素化に向け、共同で技術開発を進める包括連携協定を結んだ。... 併せて、空調機器から冷媒を回収・再生利用する技術開発にも着手する。

政府は2050年のカーボンニュートラル(温室効果ガス排出量実質ゼロ)の実現に向け、脱炭素に寄与する技術開発を支援する2兆円の基金を設置。... 01年ごろから再生原料の活用に向けた製造...

新型コロナ支援策【政府・自治体】 (2022/6/27 新型コロナ支援)

経済産業省 【事業復活支援金】 ・対象=新型コロナの影響で、21年11月―22年3月のいずれの月の売上高が50%以上または30―50%減少し...

新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)などと取り組んだ高速低コスト成形法の技術開発では、熱可塑性CFRPを用いた自動車用シャシー製作に成功している。 ... ...

ウクライナ侵攻への制裁で西側の投資が停止、技術移転も止まった。... 自然エネルギーを拡大しようにも電力市場は旧態依然の地域独占体制、水素の技術開発にカネを付けても本格的需要拡大はまだまだだ。... ...

おすすめコンテンツ

切削加工技術者のための知識と理論

切削加工技術者のための知識と理論

詳解 車載ネットワーク 
CAN、CAN FD、LIN、CXPI、Ethernetの仕組みと設計のために

詳解 車載ネットワーク CAN、CAN FD、LIN、CXPI、Ethernetの仕組みと設計のために

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン