249件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.008秒)

日医工社長・田村友一氏 抗がん剤拡充で中心に ―政府は後発薬の使用割合を80%に引き上げる方針で、9月に目標時期を迎えます。 ... この要件を満たすには会社の規模...

異なる抗がん剤との併用療法にも集中し、価値を最大化する。... 特に米国は医薬品市場の約40%を占め、魅力的だ。... 注射剤が中心になるだろう。

19年は10月に消費増税に伴う薬価改定が実施されたが、市場規模は前年を上回り、5年連続で10兆円を超えた。 ... 2位は、同0・4%増の1180億円を販売した抗がん剤「アバスチン」...

2位は同8・9%減の283億円を売り上げた抗がん剤「アバスチン」、3位は同1・5%減の266億円を販売した疼痛治療剤「リリカ」だった。... トップ10の中で伸び率が大きかったのは、同44・0%増の抗...

伸び期待の新薬で事業展開 ―中国の医薬品市場をどう見ますか。 「市場規模は日本を抜いて米国に次ぐ世界2位だ。... 当社開発の関節リウマチ治療薬『アクテムラ』、抗が...

優先審査制度もあり、当社の抗がん剤『レンビマ』は10カ月で承認を得た。... 「神経、消化器、がんの領域を中心に製品を販売する。... 目下、新投入のレンビマが肝細胞がん治療で急速に使われ出しており、...

協和キリンの前12月期、コア営業益18%増593億円 (2020/2/6 素材・医療・ヘルスケア)

欧米市場で、FGF23関連疾患治療剤「クリースビータ」や抗がん剤「ポテリジオ」などの世界戦略品が大きく伸びた。 ... 海外市場を中心に世界戦略品の販売が引き続き拡大する。

「非常に有望で、最重要市場だ。... 「合成抗菌剤や高血圧薬、咳(せき)止め薬などを展開する。... 当面は19年8月に発売した抗凝固剤『エドキサバン』の営業体制の構築に注力し、公的医療保険の対象とな...

抗がん剤の副作用に対処する製品作りや乳房再建への細胞提供など、参入方法はさまざま。... 中国は抗がん剤の副作用の吐き気を注射で止めるのが一般的。... また抗がん剤治療がつらくてやめる方も多い。

エーザイ、中国で抗てんかん剤を発売 (2020/1/7 素材・医療・ヘルスケア)

エーザイは6日、抗てんかん剤「フィコンパ」を中国で発売したと発表した。... フィコンパは、エーザイが創製したファースト・イン・クラス(画期的医薬品)の抗てんかん剤。... フィコンパは、抗がん剤「レ...

第一三共は、抗がん剤「アバスチン」(一般名ベバシズマブ)のバイオ後続品(バイオシミラー、BS)を発売した。... アバスチンは中外製薬が手がけてきた抗がん剤で、先発品の適応は結腸がん、直腸がん、非小細...

まず、10月に発売した主力の抗凝固剤「エドキサバン」の営業体制を早期に構築し、公的医療保険の対象となる「国家医療保険償還医薬品リスト」(NRDL)への収載を目指す。... さらに、中国が強い購買意欲を...

「高齢化などを受け、世界でヘルスケア市場が広がっている。... 「一般的に抗がん剤は臓器に応じて投与される。だが患者によっては肺がんの薬が大腸がんに効く場合もある。

(小野里裕一) 【抗がん剤伸長】 「一層の躍進を期待している」。... 2018年末に発売した主力の抗がん剤「レンビマ」が肝細胞がん治療で使用が増え、中国の19年4...

2位は、同9%増の320億円を売り上げた抗がん剤「アバスチン」、3位は、キイトルーダと競合するがん免疫療法治療薬「オプジーボ」で、同5・7%増の269億円だった。 製品別上位10の中...

利便性の高い口腔内崩壊錠(OD錠)を投入した抗凝固剤「エドキサバン」が日本や欧州で拡大し、貧血治療剤「インジェクタファー」も米国で好調に推移する。... 抗がん剤「レンビマ」が肝細胞がん治療で使用が広...

乾癬(かんせん)治療薬や抗がん剤など医薬品事業が好調だった。 ... 市場予想平均(同)は200億7000万ドルだった。 ... 乾癬治療薬「ステラーラ」や抗がん剤...

巨額投資に踏み切る背景には、自社大型薬の独占販売期間の終了と、期待を掛ける抗がん剤の開発の遅れがある。... ただ、2023年に最大市場の米国で独占販売期間が終了し、後発薬が発売される見通し。... ...

腎性貧血や関節リウマチの治療薬、インスリン製剤、抗がん剤など未充足の医療ニーズが高い疾患分野が成長をけん引する予想で、製薬企業の投資が積極的だ。... 第一三共は18年末に同社初のバイオシミラーとなる...

一大市場の肺がん領域の抗がん剤は、免疫チェックポイント阻害剤の薬価引き下げにより、2023年をピークに市場は徐々に縮小すると予想した。 ... 腎がん領域の抗がん剤の19年市場は18...

おすすめコンテンツ

2020年度版 技術士第一次試験 
「建設部門」専門科目 受験必修過去問題集
<解答と解説>

2020年度版 技術士第一次試験 「建設部門」専門科目 受験必修過去問題集 <解答と解説>

社員も会社も輝く!  
関西の優良企業50社
2020年版

社員も会社も輝く!  関西の優良企業50社 2020年版

東京の長寿企業70社

東京の長寿企業70社

2020年度版 技術士第一次試験 
「建設部門」受験必修問題300

2020年度版 技術士第一次試験 「建設部門」受験必修問題300

図解よくわかるスマート農業
デジタル化が実現する儲かる農業

図解よくわかるスマート農業 デジタル化が実現する儲かる農業

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地盤工学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地盤工学の本

電子版クレジットカード決済が対象になりました。キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元 ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる