47件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.008秒)

新薬創出加算の対象が狭まった影響も大きく、画期的新薬が適正に評価されなければ、製薬企業のイノベーション力は失われるのではないか」 「海外市場も薬価は抑制傾向にある。

薬価、2.4%引き下げ 厚労省 消費増税で改定率告示 (2019/8/26 素材・医療・ヘルスケア)

製薬企業の反応は「新薬価は想定していた水準に近い」といったものが多く、業界の関心は2020年4月に予定される次回改定や新薬創出加算の見直しに移っている。 ... 後発薬がない新薬の価...

製薬協は20年度薬価制度改革に向けて、社会的価値が認められた時点で評価する仕組みを新設するといった薬価の加算体系の再編を求めていく考えだ。 ... 例えば18年度薬価制度改革では、後...

昨年に行われた薬価制度抜本改革では、後発薬がない新薬の価格を実質的に維持する枠組みである新薬創出加算の範囲が縮小されるなどした。

薬価制度改革に伴い、18年度からは後発薬がない新薬の価格を実質的に維持する枠組みである新薬創出加算の対象も縮小された。中山会長は「新薬創出加算の品目要件の見直しと企業要件の撤廃は最も重要だ」と述べ、あ...

PhRMA会長、日本の薬価制度抜本改革に懸念 (2018/4/13 素材・ヘルスケア・環境)

薬価制度抜本改革に伴い、後発医薬品がない新薬の価格を実質的に維持する新薬創出加算の対象範囲が4月から縮小された。... 議論の透明性については「新薬開発では(薬価制度などに関する)予見可能性がないと投...

後発薬がない新薬の価格を実質的に維持する新薬創出加算の対象を縮小 ◇無期転換ルール 改正労働契約法が施行されて5年が経過。

厚生労働省は5日、特許が切れた新薬を効能が同じ安価な後発医薬品(ジェネリック)に切り替えたことにより、2017年度の医療費削減額が1兆2991億円に上るとの推計を明らかにした。... 同省はまた、新薬...

「企業要件などを盛り込んだ新薬創出加算に違和感がある。

薬価制度抜本改革に伴い、2018年度からは後発薬がない新薬の価格を実質的に維持する枠組みである新薬創出加算の対象が縮小される。... 今までにある程度投資をして出した新薬について正当な回収ができなけれ...

経営ひと言/中外製薬・小坂達朗社長「芽が摘まれる」 (2018/2/14 素材・ヘルスケア・環境)

「特に当社のような画期的新薬を追求する会社は、新薬創出加算の対象絞り込みで技術革新の芽が摘まれてしまうことに懸念を持っている」。... 新薬の価値が適切に評価されるよう望んでいる。

製薬業界は、後発薬がない新薬の価格を実質的に維持する枠組みである新薬創出加算の対象範囲が縮小されたことに激しく反発。... 新薬創出加算の対象は、新規作用機序医薬品の収載から3年・3番手以内の品目に限...

抜本改革に伴い、後発薬がない新薬の価格を実質的に維持する枠組みである新薬創出加算の範囲縮小などが決まっている。

【製薬/新薬創出加算が縮小】 国内では薬価制度抜本改革の影響で、後発薬がない新薬の価格を実質的に維持する枠組みである新薬創出加算が縮小される。... 日本市場、とりわけ長期収載品に依...

薬価制度抜本改革に伴い、2018年度からは後発薬がない新薬の価格を実質的に維持する枠組みである新薬創出加算の対象が縮小される。厚労省は11月22日に新薬創出加算の見直しに関する詳細案を提示後、製薬企業...

薬価制度抜本改革で、新薬創出加算の対象が新規作用機序医薬品の収載から3年・3番手以内の品目に限られる。

製薬業界は改革内容に反発し、新薬創出の加速に向けた今後の議論に業界が参画できることを要請した。 後発薬がない新薬の価格を実質的に維持する枠組みの「新薬創出加算」については、対象品目を...

厚生労働省は13日、薬価制度抜本改革の一環で11月22日に示していた新薬創出加算の見直し案を修正する意向を示した。... 新薬創出加算は、後発薬がない新薬の価格を実質的に維持する枠組み。... 品目要...

厚生労働省が薬価制度抜本改革の一環で11月22日に示した新薬創出加算の見直し案は、製薬業界へ大きな衝撃と落胆を与えた。 新薬創出加算は、後発薬がない新薬の価格を実質的に維持する枠組み...

日本製薬団体連合会(日薬連)は29日、厚生労働省が薬価制度抜本改革の一環で示していた新薬創出加算の見直し案に関して、再考を求める意見を表明した。... 新薬創出加算見直しについては「従来の業界の主張と...

おすすめコンテンツ

金を掛けずに知恵を出す 
からくり改善事例集 Part4

金を掛けずに知恵を出す からくり改善事例集 Part4

本当に役立つ英文ビジネスEメール
第2版

本当に役立つ英文ビジネスEメール 第2版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい電線・ケーブルの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい電線・ケーブルの本

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる