電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

17件中、1ページ目 1〜17件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.006秒)

電機・電子4団体、生物多様性保全の教材改訂 (2024/7/11 素材・建設・環境・エネルギー1)

22年末に採択された世界目標「昆明・モントリオール生物多様性枠組み」が象徴しており、企業への要請事項が多く盛り込まれた。 ... 初版でも事業所内の緑地における生物多様性保全活動を勧...

野村不HD、生物多様性方針を策定 自然再生促進 (2024/7/11 素材・建設・環境・エネルギー2)

野村不動産ホールディングス(HD)は「生物多様性」について、各事業活動の指針となる「野村不動産グループ生物多様性方針」を策定した。生物多様性が街づくりに欠かせない重要な基盤であることを...

企業の緑地保全に認定 企業による生態系の維持や回復を後押しする「生物多様性増進活動促進法」が今国会で成立した。... 22年末、国連の会議で「昆明・モントリオール生物多様性枠組み」が...

22年12月の生物多様性条約第15回締約国会議(CBD-COP15)で採択された「昆明・モントリオール生物多様性枠組(GBF)」を契機として、企業や事業の評価に...

地域の生物多様性増進―活動促進新法に期待 「ネイチャーポジティブ(自然再興)」の実現に向けて、新法の「地域における生物の多様性の増進のための活動の促進等に関する法律案...

22年12月に採択された「昆明・モントリオール生物多様性枠組」を契機として、ネイチャーポジティブは「カーボンニュートラル」と並ぶ二大経営課題となりつつある。... 22年12月開催の生物多様性条約第1...

富士通は生物多様性保全の目標を策定した。... 生物多様性に関連した活動を定量評価する先行事例となりそうだ。 ... 25年度と30年度の目標は、世界目標「昆明・...

ネイチャーポジティブは「生物多様性の損失を止め、自然を回復させる」という意味。2022年末の国連の会議で決まった世界目標「昆明・モントリオール生物多様性枠組み」において、国際社会は30年までのネイチャ...

このような中で2022年12月、生物多様性に関する新たな世界目標「昆明・モントリオール生物多様性枠組」が採択された。... 生物多様性の減少を30年までに増加に転じさせ、自然を増やし豊かにする。......

経団連自然保護協議会、ネイチャーポジティブ行動計画決定 (2023/6/14 素材・建設・環境・エネルギー1)

経済界として世界目標「昆明・モントリオール生物多様性枠組み」や日本の「生物多様性国家戦略2023―2030」達成に貢献する。 ネイチャーポジティブ経営への転換に向け、事業活動と生物多...

企業にはこれまでとは次元が異なる生物多様性回復の行動が求められる。... 22年末に開かれた国連生物多様性条約第15回締約国会議(COP15)で世界目標「昆明・モントリオール生物多様性...

政府、2030年自然再興達成へ 生物多様性保全国家戦略を改定 (2023/4/5 素材・建設・環境・エネルギー2)

企業に情報開示など促す 政府は「生物多様性保全国家戦略2023―2030」を決定した。... 22年末の国連の生物多様性条約第15回締約国会議(COP15)で採択した...

ネイチャーポジティブに実効力を持たせるには どれだけ生態系を保全し、人間活動が生物多様性にこれ以上の悪影響をもたらさないように留意しても、すでに失われてしまった生...

日本の次期生物多様性国家戦略 2022年12月7日から19日、カナダのモントリオールで、生物多様性条約第15回締約国会議(COP15)が、中国を議...

2030年に向けた生物多様性保全の新枠組 2022年12月、生物多様性条約第15回締約国会議(COP15)が、カナダ・モントリオールで開催され、1...

気候変動対策に続き、生物多様性でも企業は対応を迫られる。 ... もともとCOP15は2020年に中国・昆明で開き、世界目標を採択するはずだった。... 2年以上遅れて決まった新目標...

新目標は、当初の開催予定地だった中国の地名にも入れて「昆明―モントリオール生物多様性枠組み」と名付けた。... 大企業や金融機関が事業の生物多様性への依存度と影響を評価して定期的に報告する個別目標が盛...

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン