7,147件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.008秒)

金や米国債といった低リスク資産に資金が向かい、市場機能が回復する兆しも出ている。 ... 4月以降に向けては経済活動が回復途上にある中国の指標も注目。31日には3月の製造業購買担当者...

感染を封じ込めたら、次は経済回復だ。... 世界経済はコロナウイルス禍のために再び深刻な危機に見舞われそうだが、中国はいち早く回復する唯一の国になるかもしれない。 ... 例えば、早...

また、銅地金先物は年初比約2割安と、最大消費国の中国の経済活動再開で原油に比べ下げは限定的だが、欧米景気の悪化で下振れ警戒が続く。 ... 銅地金価格をめぐっては、中国で徐々に経済活...

日本経済は世界に拡散した新型コロナウイルス感染症に直撃され、「回復」の2文字が2013年7月以来、6年9カ月ぶりに消えた。... 「緩やかに回復している」との判断を継続していた日本経済の“潮目”が変わ...

平時は景気が悪くなっているという表現の使用は政策対応を求められるため、安易に使えず楽観的になりやすい。... ただコロナが景気を悪化させるのではなく、政府・地方自治体が要請する行動制限やロックダウン(...

政府が26日まとめた3月の月例経済報告は、新型コロナウイルスの感染拡大を機に、楽観的とみられてきた景気認識を改めた。... (総合1参照) 景気の回復局面は政権の経済政策「アベノミク...

感染の収束や回復ペースが反動減の規模を左右する。素材産業はすそ野が広く、全般的な景気悪化の状況が2020年度業績のカギとなりそうだ。

一方、景気回復すると、逆のシナリオも考えられる。ゴールドマンは「7―9月期」の成長率はプラス12%とV字回復を予想。仮に同期で景気が急回復した状態で本選に臨めば「トランプ氏には追い風になる」(今村所長...

大統領選を前に早期の景気回復につなげる狙いだが、感染者が急増する州の知事や専門家から異論も出ており、実現は不透明だ。

新型コロナウイルス感染拡大の影響で景気悪化への懸念が高まる中、異例となる日程を前倒しで開催。景気下振れリスクは強く、先行きを警戒する意見が相次ぎ、政策委員の1人は「企業が直面する新型コロナ感染症の拡大...

本稿執筆時点(3月13日)では企業活動の再開や工場の稼働など、経済活動は徐々に回復している様子である。 ... 中国では、今回の危機を契機に日々の暮らしから経済社会全体に至るまでデジ...

西村担当相は「感染症を収束させてV字回復していく象徴の一つとして位置付けられればいいと思っていたので、延期となれば残念。... 延期した場合、景気を下支えする経済対策については「(国内外の経済に与える...

世界最大の経済国である米国や日本など主要国の景気悪化は確実な情勢で、大幅なマイナス成長に落ち込む恐れがある。 ... ゲオルギエワ氏は、20年は「リセッション(景気後退)」になるとし...

リーマン・ショックの影響で景気が落ち込んだ2009年4月以来、10年10カ月ぶり。... 1月より営業日が多かった会員企業を中心に販売量や売上高が増加したが、そうした企業でも昨年2月の水準には回復して...

難局を乗り越えるため、中小企業の事業継続などのための資金繰り、雇用維持、生活防衛について、「緊急支援」と感染収束後の「景気浮揚」の2段階で経済対策の中身を詰める。... (総合2に関連記事) ...

観光直撃、景気悪化に拍車 新型コロナウイルスの感染拡大が脆弱(ぜいじゃく)な景気回復下の欧州経済にとって新たな脅威となっている。

急回復をみせていた上海市場の株価も、欧米株の急落を追うように2月初旬の安値水準にまで下落。欧米消費の停滞が長期化すれば中国の生産回復は鈍化しかねず、市場の先行き不安は高まっている。 ...

【ワシントン=時事】トランプ米政権は17日、新型コロナウイルス感染拡大の景気不安に対応するため、新たに総額1兆ドル(約107兆円)規模の経済対策をまとめた。... トランプ大統領は「米国がかつてないほ...

三大都市圏から地方4市へと広がっていた地価回復の波が、ようやく全国に到達した。... 都市部では景気回復と良好な資金調達環境を追い風に、働き方改革や人材確保を目的としたオフィスの拡張・移転需要が地価を...

産油国の減産協議決裂直後の9日に一時同27・3ドルまで下落後は同30台ドルに回復していたが、足元では軟化している。 ... また米ニューヨーク連邦準備銀行が16日に発表した3月の製造...

おすすめコンテンツ

すぐ身につく分析化学・機器分析の実務
基礎、前処理、手法選択、記録作成を現場目線で解説

すぐ身につく分析化学・機器分析の実務 基礎、前処理、手法選択、記録作成を現場目線で解説

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地盤工学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地盤工学の本

図解よくわかるスマート農業
デジタル化が実現する儲かる農業

図解よくわかるスマート農業 デジタル化が実現する儲かる農業

岐路に立つ日本医療
破綻か飛躍か!?激変する世界が迫る選択

岐路に立つ日本医療 破綻か飛躍か!?激変する世界が迫る選択

おもしろサイエンス 
火山の科学

おもしろサイエンス 火山の科学

新版 
イチから知る!IR実務

新版 イチから知る!IR実務

電子版クレジットカード決済が対象になりました。キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元 ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる