368件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.015秒)

検体と新型コロナに特異的に結合する蛍光分子を混ぜ、混合液の蛍光強度を測定するとウイルスの有無が分かる。... 検出する操作は検体と蛍光分子を混ぜて測定するだけであり、専門的な知識を伴わず誰でも簡単に取...

豊橋技術科学大学、米創薬ベンチャーと連携 (2020/5/12 科学技術・大学)

HTは同技術を活用し、免疫腫瘍、希少疾患、神経疾患など創薬が難しかった標的用に低分子治療薬開発の期間短縮を図る。

標的となる遺伝子の働きを操作する技術「エピゲノム編集」を利用。... 遺伝子の構成要素であるデオキシリボ核酸(DNA)にメチル基などの特殊分子が付いたり離れたりすることで、遺伝子の働きをオンとオフのよ...

標的分子に結合する特殊環状ペプチドを活用し、核酸や低分子など多様な物質を標的まで運ぶ」 ―開発の進み具合はいかがですか。

第一三共、ADCエンハーツが国内承認 (2020/3/27 素材・医療・ヘルスケア)

ADCは抗体と薬物(低分子化合物)を適切なリンカーを介して結合させた薬剤。がん細胞に発現している標的因子に結合する抗体を介し、薬物をがん細胞へ直接届けることで、薬物の全身暴露を抑えつつ、がん細胞への攻...

特定の小分子に結合するたんぱく質と編集ツールを連結し、同じ小分子に結合するもう1種類のたんぱく質をVLPの膜の裏側を支えるたんぱく質と連結した。 ... 筋ジストロフィー患者由来のi...

難病治療 新たなアプローチ 疾患の原因となる特定の分子にだけ、特異的に作用するよう設計された医薬品を分子標的医薬品という。... こうしたたんぱく質標的医薬品(分子標的低分子医薬品や...

塩基配列の異常な繰り返しを持つデオキシリボ核酸(DNA)に結合する分子で、体本来の修復機能を制御。... 研究では、核酸を標的とする水溶性の低分子化合物を合成し、たんぱく質による誤ったDNA修復を抑え...

肺がん患者由来の組織内で抗がん剤の一種である分子標的薬を介して免疫細胞ががん細胞を攻撃する現象を定量的に評価することに成功したと19年6月に論文で発表した。

「脳の分子『AMPA受容体』はブラックボックスだった」と話すのは、横浜市立大学教授の高橋琢哉さん。... 脳の分子を標的とした化合物の開発には、特有の難しさがある。

バイオベンチャーのMOLCURE(モルキュア、東京都品川区、小川隆社長)は、がん治療などに有効であると期待される抗体医薬品やペプチド医薬品の開発に必要な標的分子を、自動的に探索するシステムを開発した。...

アステラス、英社とT細胞医療品 開発・商業化で提携 (2020/1/16 素材・医療・ヘルスケア)

これらとユニバーサル・セルの細胞・遺伝子編集技術などを組み合わせ、最大で三つの標的分子に対する新たなT細胞医療製品を共同開発するという。

第一三共、米に乳がん向け新薬 抗体薬物複合体 (2020/1/8 素材・医療・ヘルスケア)

ADCは抗体と薬物(低分子化合物)を適切なリンカーを介して結合させた薬剤。がん細胞に発現している標的因子に結合する抗体を介し、薬物をがん細胞へ直接届けることで、薬物の全身暴露を抑えつつ、がん細胞への攻...

第一三共、英アストラゼネカと共同開発薬 米で販売承認 (2019/12/24 素材・医療・ヘルスケア)

ADCは抗体と薬物(低分子化合物)を適切なリンカーを介して結合させた薬剤。がん細胞に発現している標的因子に結合する抗体を介し、薬物をがん細胞へ直接届けることで、薬物の全身暴露を抑えつつ、がん細胞への攻...

実際に、大腸がんの細胞に対して細胞増殖阻害作用があるものの、作用機序が分からない化合物「NPD10084」の標的となるたんぱく質を2DE―CETSAを使って探索したところ、細胞の代謝酵素の一種を特定す...

東北大学大学院医学系研究科の井上彰教授らは、肺がんの増殖に影響する遺伝子「EGFR」に異常を持つ進行肺がんの患者に、がん細胞の特定の分子を狙った治療薬「分子標的薬」と抗がん剤を併用すると、治療効果が高...

協和キリン、米社と共同研究契約 分子標的薬を創製 (2019/11/28 素材・医療・ヘルスケア)

アーデリックスが見いだした標的を対象に、両社で分子標的薬の創製を目的とした研究を実施する。... 共同研究の期間は2年間で、アーデリックスが見いだした二つの標的に対し、分子標的薬の創製を目指す。...

(小野里裕一) 【分子標的薬】 核酸医薬品はデオキシリボ核酸(DNA)やリボ核酸(RNA)など遺伝情報をつかさどる「核酸」を有効成分とする分子標的薬。低分子医薬品や...

理研の最前線(54)細胞膜で生命活動解明 (2019/11/4 科学技術・大学)

そして、それらの独自の実験装置を利用して「分子1個および、それらが構成するネットワークがどのように生命活動に寄与するのか?」... 【成果を社会還元】 ちなみに、膜たんぱく質は市販薬...

新たな治療標的として、創薬などにつながる。成果は28日、欧州分子生物学機構誌に掲載された。 ... 実際にマウスにMPSTの遺伝子を導入して硫化水素の合成を活性化させたところ、生物が...

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい工作機械の本
第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい工作機械の本 第2版

よくわかる電子機器実装の品質不良検査とコスト削減

よくわかる電子機器実装の品質不良検査とコスト削減

技術士第一次試験 
「電気電子部門」択一式問題200選
第6版

技術士第一次試験 「電気電子部門」択一式問題200選 第6版

ソーラー・デジタル・グリッド
卒FITで加速する日本型エネルギーシステム再構築

ソーラー・デジタル・グリッド 卒FITで加速する日本型エネルギーシステム再構築

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい冷凍空調技術の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい冷凍空調技術の本

製造業のための 
目標原価達成に必要なコスト見積もり術

製造業のための 目標原価達成に必要なコスト見積もり術

電子版クレジットカード決済が対象になりました。キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元 ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる