3,578件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.021秒)

丸和機械、研削盤を増設 特殊工具の仕上げ加工用 (2021/1/26 機械・ロボット・航空機2)

【名古屋】丸和機械(名古屋市緑区、杉山貴浩社長、052・623・1261)は、特殊工具の仕上げ加工用にロータリー平面研削盤(写真)を本社工場に導入した。... 高精度が求められる電気自動車(EV)向け...

牧野フ、MC新コンセプト機 能力4割増、高い拡張性 (2021/1/26 機械・ロボット・航空機1)

加工対象物(ワーク)や生産量に応じて主軸や工具マガジン本数を柔軟に変更できる。... 生産性の追求とともに、高い環境対応や拡張性などを持つ新たなコンセプトのMCとして、半導体製造装置をはじめ産業機械や...

日刊工業新聞社が25日発売する機械技術2月号は「5軸マシニングセンタ最前線〜高度化する部品加工への活用術〜」を特集する。... 5軸MCはXYZの3軸に加え、二つの旋回軸を合わせることでさまざまな角度...

イチネンHD、関東に新物流拠点 機械工具など納期短縮 (2021/1/21 自動車・機械・ロボット・航空機)

イチネンホールディングス(HD)は東京都江東区に物流拠点を新設し、関東地域における機械工具や化学製品などの物流機能を集約、強化する。... 新型コロナウイルス感染拡大の影響で、機械工具などは2020年...

今後は機械の性能や従業員の技能なども盛り込んで的中精度を上げ、最適な工程設計や生産計画まで提案できるよう開発を進める。... 三田工機は特殊切削工具や精密治工具の小ロット、一品モノを製造する。

ノダキ、工業用内視鏡を拡販 専用情報サイト刷新 (2021/1/18 機械・ロボット・航空機1)

また取り扱いメーカーを10社程度に増やし、機械工具商社として顧客の要望に合致した製品を紹介できる体制を築いた。

韓国のUND(亀尾市)は、組立工場などの協働ロボット向けに、部品をつかむ部分のアタッチメントを磁力で素早く交換できる自動工具交換装置(ATC)と部品搬送用の磁気グリッパーを開発した。... スイッチン...

中原化成品工業は樹脂の直圧成形を手がけ、工作機械の工具を収納する容器「ツールポット」が主力。

三菱重工工作機械(滋賀県栗東市、若林謙一社長、077・553・3300)は、28日15―16時半に金型加工技術に関するオンラインセミナーを開く。金型加工の効率化・高精度化をテーマに、同社製工作機械を使...

シャンク(工具の柄)を刃物台に固定したまま、刃先のヘッドの脱着が可能。... また段取り変更時でも、各ヘッド長が統一されていることでヘッド交換後すぐに加工を再開でき、機械の停止時間を大幅に短縮できる。...

機械工具専門商社のノダキ(名古屋市西区、野田典嗣社長、052・561・4371)は、2020年6月、塩ビタミンゼリー「現場の相棒」を販売した。

「人のスキルに依存しない工具測定」(桑島拓也プロジェクトリーダー)を実現し、加工効率の向上とともに砥石工具の寿命や精度向上が図れる。 ... 微細加工では、機械が正確に動いても切削工...

同社は工具関連メーカー、独ハイマーの日本法人。 大阪本社は工具周辺機器のショールームを併設するが、東京と名古屋は「(工作機械メーカーなど)大手さんの展示場に置いていただいていることも...

1919年(大8)に鈴木商店本店の工事部門関係者が中心となって立ち上げた「日本工具製作」をルーツとする。... 当時の日本国内では農作業の機械化が進みつつあった。... 【企業メモ】1919年8月、日...

同社は工作機械の工具を収納する容器「ツールポット」が主力製品で、福光工場は直圧成形の主力工場。

ちょっと訪問/ハイマージャパン 最適な切削条件引き出す (2020/12/28 機械・ロボット・航空機1)

ハイマージャパンはドイツの工具関連メーカー、ハイマーの日本法人。... 工作機械や切削工具は最適な加工条件を出さないと、そのポテンシャルを生かし切れない。... 工作機械メーカーにとって周辺機器は自社...

509車種にわたる部材の機械加工から溶接、塗装、組み立てまでを担う。... 工場内の各所に5S3定の手本となる材料置き場や工具棚などを示し、各課の課長や作業長が集まって手法を学んだり、意見を交わしたり...

またプラグ、センサー、機械工具、産業用セラミックの4事業は製造部門を分社化し、それぞれ子会社に移す計画。

加工物(ワーク)を収めた専用箱が工作機械の前に運ばれると、ロボットはワークを取り出してセットし、加工が始まる。加工が済んだワークはロボットが工作機械から取り出し、加工済みのワークを収める箱に並べる。....

特殊鋼需要、4.3%増453万トン 経産省が1―3月期見通し (2020/12/25 素材・医療・ヘルスケア)

経済産業省によると、2021年1―3月期の特殊鋼(熱間圧延鋼材)需要は自動車や産業機械向けなどの持ち直しで、前年同期比4・3%増の453万トンになる見通しだ。... 機械構造用炭素鋼や構造用合金鋼、軸...

おすすめコンテンツ

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト 第2版
<技術体系と傾向対策>

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト 第2版 <技術体系と傾向対策>

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいウェアラブルの本
キーテクノロジーと活用分野がわかる!

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいウェアラブルの本 キーテクノロジーと活用分野がわかる!

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい量子コンピュータの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい量子コンピュータの本

3DAモデル(3次元CADデータ)の使い方とDTPDへの展開
24の3DAおよびDTPDの設計開発プロセス(ユースケース)を体系化

3DAモデル(3次元CADデータ)の使い方とDTPDへの展開 24の3DAおよびDTPDの設計開発プロセス(ユースケース)を体系化

プレス加工のトラブル対策 第4版

プレス加工のトラブル対策 第4版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい包装の本 第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい包装の本 第2版

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる