2,044件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.012秒)

ネツレン、IH技術を核に 長期ビジョンでSDGs対応 (2020/10/26 素材・医療・ヘルスケア)

1日に就任した大宮克己社長は日刊工業新聞社の取材に、SDGsの17目標のうち「産業と技術革新の基盤、住み続けられるまちづくり、気候変動への対策という三つは、当社の進むべき事業の方向性と重なる」と述べた...

コロナ禍の今、岩田圭一社長は「経済と新型コロナ、気候変動、環境問題を一体で捉え、社会システムを再構築する必要がある」と訴えた。

気候変動対策を最重要政策と位置付ける欧州連合(EU)は、世界第2位の二酸化炭素排出国による方針転換を大いに歓迎するだろう。

温暖化対策の強化を訴える企業や自治体のグループ「気候変動イニシアティブ」の末吉竹二郎代表(国連環境計画・金融イニシアティブ特別顧問)は6月、海外企業が脱炭素ビジネスで先行する状況を見て、「日本政府も将...

経験や勘に依存しないため特徴を検出しやすく、ヒトと動物に共通する病気の解明や気候変動に伴う害獣との共生などの研究促進が期待できる。

例えば、国内株式や社債については、投資先と気候変動やデジタル変革(DX)などのテーマで対話し、その内容をESG評価に加味して投融資を判断する。

温暖化対策強化、大企業に要請 137の金融機関 (2020/10/20 建設・生活・環境・エネルギー2)

金融機関は温暖化対策強化を働きかけ、気候変動進行による経済危機回避を訴えた。

気候変動や社会的格差の拡大など、環境・社会課題が深刻化する中で、ESG(環境、社会、ガバナンス)の視点に基づく事業展開や世界共通の開発目標である「持続可能な開発目標(SDGs)」への貢献を通じ、社会ニ...

「自助・共助 促進を」東商、防災・減災で国・都に対策要望 (2020/10/20 中小・ベンチャー・中小政策)

気候変動の進展に伴い常識を超えた災害が多発していることから、レジリエント(強靱(きょうじん))な都市「東京」を構築する必要があるとして、自助・共助の取り組みを後押しする施策の展開を求めた。

ESG(環境・社会・企業統治)金融の動向に精通する吉高まり氏、気候変動政策を提言する高村ゆかり氏、循環経済の第一人者の中石和良氏ら、環境分野の第一線で活躍する有識者や記者が講義する。

産業春秋/気候変動危機 (2020/10/19 総合1)

中小企業にとって気候変動は縁遠いようだが、神奈川県で頼もしい連携が始動する。... 地域が一体で気候変動対策に取り組むのは国内初という。「気候変動とコロナは裏表の問題」と、再生可能エネルギーの「地産地...

こうした中、地球温暖化による気候変動、少子高齢化で生産年齢人口減少による労働力不足、社会インフラの老朽化、また今年に入り新型コロナウイルスの感染拡大など社会不安が増大している中で、政府や行政機関の課題...

プラスチック削減目標を策定し、生態系保全や気候変動対応の国際的な活動への参加・賛同を相次いで表明した。

脱炭素への取り組みは、気候変動による災害の増大で一層加速している。

同ファンドは景気変動などの影響を受けにくく、長期・安定的な運用収益を獲得できる。第一生命はESG(環境・社会・企業統治)投資を通じ、気候変動の緩和につなげる。

自国第一主義の台頭に伴う資源調達の難しさや、気候変動問題への危機感の高まり、相次ぐ自然災害による供給基盤の揺らぎなど昨今の情勢を踏まえて議論する。

現在、世界で見られる飢餓の相当部分は、貧困(すなわち富の再配分の失敗)や、地域的な気候変動等に伴う凶作や虫害、国内の食品物流や食品加工といったサプライチェーン(供給網)の未整備等によるもののように思え...

「持続可能な地球環境の実現」のテーマの一つである気候変動問題に対しては、TCFD提言に賛同の上、気候変動に関する開示の充実や、機関投資家として資金提供や投資先との対話を進めている。 ...

メガバンク3行のほか、日本生命保険など生保大手も投融資を停止しており、金融業界一丸となって気候変動問題に取り組む姿勢が鮮明だ。

温暖化による地球環境変動の評価に重要な南極氷床変動の将来予測の高度化につながる。 南極氷床の変動は海水準や海洋循環変動を介し、全球の気候変動と密接に関連する。

おすすめコンテンツ

誰も教えてくれない 
「部品工場の納期遅れ」の解決策

誰も教えてくれない 「部品工場の納期遅れ」の解決策

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

SDGsアクション
<ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

SDGsアクション <ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本
会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本 会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

技術大全シリーズ 
塗料大全

技術大全シリーズ 塗料大全

日本製造業の後退は天下の一大事
モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

日本製造業の後退は天下の一大事 モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる