52件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.004秒)

KDDI、水中点検ドローン商用化 ダム・港湾・漁場監視 (2021/6/11 電機・電子部品・情報・通信)

ダムや港湾設備点検、水産漁場監視などでの利用を見込む。 ... 水産養殖や水域インフラの点検では人手不足が深刻化しているが、従来の水中ドローン点検時は点検者が現地まで機体を船で運ぶ必...

スマート陸上養殖を実証 【最適環境を探索】 荏原とリージョナルフィッシュ(京都市左京区)など計3社は、ITとポンプを活用した魚のスマート陸上養殖...

【名古屋】エムテック(愛知県北名古屋市、島俊博社長、0568・25・8257)は、水産養殖向け酸素発生器の新型「サンソチャージャーC6=写真」を4月に発売する。... 国内の養殖生産量が増加傾向にある...

最近では先端技術も駆使しながら、持続可能な水産資源の供給に向けた挑戦が続いている。 ... 餌やりや水温管理など「稚魚をヨコワまで育てるのが最も難しい領域とされて...

アクルス(大阪府東大阪市、山内祐二社長、072・968・3800)は、水産養殖業向けに陸上水槽用の防菌・増酸素装置「バブリーン=写真」を発売した。... 水槽内の溶存酸素量をマイクロバブルで補充すると...

宇部興産は10日、次世代水産養殖システムに取り組むリージョナルフィッシュ(京都市左京区)と、蚕の繭由来の製品を展開するながすな繭(京都府京丹後市)の2社に出資したと発表した。... 化学メーカーが水産...

養殖用水槽と水耕栽培のかん水を循環すると同時に、果実の残さを食用コオロギの餌に、そのコオロギを養殖の飼料にし、工場内に小さな生態系を構築。... 農作物の水耕栽培と水産養殖を一体で行う農法「アクアポニ...

企業信用情報/20日・21日・22日 (2020/7/24 総合2)

【数字の見方】 (1)業種(2)所在地(3)資本金(4)代表者(5)負債額(6)事由 【20日】 ◎イークレスト (1)建て売り業(2)横浜市戸塚...

ほか人工知能(AI)による水産養殖の給餌の最適化システム(消費税抜き月額6万円)、AIカメラと画像認識技術による通行量調査システム(価格未定)を用意した。

飼料工場、ふ化場、養殖場、加工工場までの生産工程すべてにおいて環境や動物の健康、食品安全への配慮が認められた。... BAPは世界養殖連盟が運営する制度で、北米での認証が多い。西友は親会社の米ウォルマ...

フジキン(大阪市北区、野島新也社長、06・6372・7141)が、水耕栽培と水産養殖を掛け合わせた「アクアポニックス」の国内市場拡大を背景に、チョウザメ事業の顧客を増やし始めている。養殖はオスが食肉に...

宮城大学と日本電子は、対象物の分子量を即時に分析できる「DARTイオン源」を搭載した質量分析装置を活用し、マダコやホタテガイなど水産養殖に関する共同研究を始めた。同装置を水産養殖分野に使うのは国内で初...

CSRの取り組みでは、養蜂の非木材林産物、カカオ、果樹、天然ゴムのアグロフォレストリーや豊かな水産養殖業を進めるための植樹が挙げられる。 一方、企業ビジネスに直結した活動では木材調達...

ベトナムでエビ養殖に活用 中島物産(福岡県大牟田市、中島康宏社長、0944・55・3335)が微細な気泡「ファインバブル」を海外での水産養殖に活用するビジネス展開を検討している。.....

アミタ、ASC養殖場認証で3種審査 (2019/1/9 素材・ヘルスケア・環境)

アミタ(東京都千代田区、佐藤博之社長、03・5215・8255)は8日、3月18日から海の生態系に配慮した養殖を認証する「ASC養殖場認証」で、スズキ、タイ、オオニベの3種の審査を始めると発表した。国...

損保ジャパン、社食のプラ製品廃止 きょうから (2018/10/16 素材・ヘルスケア・環境)

「海のエコラベル」と呼ばれるMSC(海洋管理協議会)、ASC(水産養殖管理協議会)の認証食材も提供する。水産資源の乱獲防止や自然を破壊しない養殖の重要性を社員に知ってもらい、持続可能な開発目標(SDG...

水産加工業者などと連携し、関連する国際認証を取得した魚介類をメニュー(写真)に取り入れた。... 漁獲に関わる海洋管理協議会(MSC)認証と、養殖場を審査する水産養殖管理協議会(ASC)の認証。水産資...

日本水産は魚の養殖事業で、人工知能(AI)やIoT(モノのインターネット)導入を加速する。ブリを念頭に、AIを用いた養殖魚の体重測定装置を2018年度中に開発、ギンザケなど他の魚種へも順次、応用を図る...

透明ガラスの製品は水産養殖用のろ過材などで輸出実績もある。

ヨコレイグループ、トラウト養殖場2カ所でASC認証取得 (2017/12/8 建設・エネルギー・生活2)

【横浜】ヨコレイのグループ会社であるノルウェーのホフセス・アクアAS(HA社)は、同国のトラウト養殖事業会社で初めて養殖場の水産養殖管理協議会(ASC)認証を取得した。今回は二つの養殖場が認定され、2...

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい建設機械の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい建設機械の本

演習!本気の製造業「管理会計と原価計算」
経営改善のための工業簿記練習帳

演習!本気の製造業「管理会計と原価計算」 経営改善のための工業簿記練習帳

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる