100件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.014秒)

いまだに蛍光灯や水銀ランプへの依存度が高く、事業規模の小さな企業ほど普及は進んでいない。

ナイトライド・セミコンダクター(徳島県鳴門市、村本宜彦社長)は、国立病院機構仙台医療センター(仙台市宮城野区)と共同で、深紫外線(...

日本電気硝子、深紫外線LED用キャップ 光取り出し96%実現 (2021/4/27 電機・電子部品・情報・通信2)

だが、出力は水銀ランプの数百分の一にとどまっている。

21年施行の国際的規制「水銀に関する水俣条約」により水銀を使った照明の製造や輸出入は禁止。環境対応面からも水銀ランプからLED光源への切り替えが進む。

東京エレデバイス、深紫外線LED水殺菌装置 毎時12㎥の流量対応 (2020/12/1 電機・電子部品・情報・通信2)

毎時12立方メートルの流量に対応でき、水銀ランプと比べて小型化と低消費電力、長寿命を実現した。

キヤノン、小型基板向け半導体露光装置 生産性17%向上 (2020/11/12 電機・電子部品・情報・通信2)

同露光装置は、水銀ランプ波長が365ナノメートル(ナノは10億分の1)のi線を光源にした「i線装置」。

岩崎電気/高天井照明用LEDランプ (2020/10/26 新製品フラッシュ2)

岩崎電気は高天井照明に使う700ワット水銀ランプと置換え可能な「LEDioc(レディオック)LEDアイランプSP 128W」を発売した。

設置自由度が高いほか、基幹部分に一般的な水銀ランプではなく業界初のエキシマランプを採用し、環境に配慮した。

日本発の世界標準、切り札に 【切り替え進まず】 2020年は水銀の製造を禁止し、使用を制限する水俣条約発効の年にあたる。ただ、水銀ランプは規制の対象外とされ、紫外線...

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、深紫外線(UV―C)照射ランプなどを用いた殺菌・ウイルス不活化装置の需要が増えている。ただ、ランプの陰になる部分があると殺菌漏れが生じたり、光の当た...

ユメックス、露光装置向けランプ 高強度の紫外線発光 (2020/7/8 電機・電子部品・情報・通信2)

【姫路】ユメックス(兵庫県姫路市、千木慶隆社長、079・335・5111)は水銀を使わず、高強度の紫外線を発光できるキセノンフラッシュランプを開発、発売した。... 従来のショートアー...

開発の舞台裏 中小企業優秀新技術・新製品賞(7)優秀賞 (2020/5/26 中小・ベンチャー・中小政策)

紫光技研 流水殺菌用・水銀フリー小型軽量深紫外線光源モジュール 「技術は人に残り未来に伝わっていく」。紫光技研(兵庫県淡路市)の脇谷雅行社長は「流水殺菌用・水...

新型コロナ/星和電機、紫外線LED開発加速 産学連携で効果検証 (2020/4/10 電機・電子部品・情報・通信)

殺菌力を持つ波長域の紫外線照射は従来、蛍光物質を塗布しない水銀ランプが主流。だが、環境汚染や健康被害の防止が目的の国際条約で、水銀ランプの製造や輸出入が規制されるため、LEDを光源とする殺菌灯の開発、...

新型コロナウイルス感染症に対応している医療現場の殺菌灯などの用途で、既存の紫外線(UV)や水銀ランプからの置き換え需要を取り込む。 ... 医療現場の殺菌灯はUVや水...

キヤノンが露光装置 化合物半導体の加工対応 (2019/12/20 電機・電子部品・情報・通信2)

水銀ランプ波長が365ナノメートル(ナノは10億分の1メートル)のi線を光源にする。

挑戦する企業/日本ガイシ(6)矢継ぎ早に新製品 (2019/5/28 素材・医療・ヘルスケア)

今後使用禁止となる水銀ランプの代替のプロジェクター光源向けなどに19年後半から量産する。... 他社にない製法で石英ガラスを任意の複雑形状にし、水銀ランプに代わる紫外LEDの高効率レンズにする。

ナイトライド・セミコンダクター、深紫外線LEDの水殺菌リアクター (2019/5/15 電機・電子部品・情報・通信2)

DUV―LEDは従来品の水銀ランプと比べ耐久時間は約1万時間と長寿命で、使用電力も少ない。

メタウォーター、紫外線処理装置が認定取得 (2018/10/29 素材・ヘルスケア・環境)

同装置は省エネ性が高く現状の水銀ランプ式の3倍の長寿命も特徴。

パナソニック、水銀ランプ生産終了 規制に先駆け20年6月に (2018/10/18 電機・電子部品・情報・通信1)

同社の水銀ランプの国内シェアは2位。... LED照明の価格は水銀ランプよりも2―3倍高い。... 寿命も4万―6万時間と、水銀ランプより4―5倍長い。

日本ガイシ、紫外LED用レンズ事業化 環境規制の代替需要狙う (2018/10/15 電機・電子部品・情報・通信)

国際条約により将来の使用禁止が予想される殺菌用水銀ランプの代替需要を中心に、新規事業として2022年3月期に10億円の売り上げを目指す。(名古屋編集委員・村国哲也) ...

おすすめコンテンツ

切削加工技術者のための知識と理論

切削加工技術者のための知識と理論

詳解 車載ネットワーク 
CAN、CAN FD、LIN、CXPI、Ethernetの仕組みと設計のために

詳解 車載ネットワーク CAN、CAN FD、LIN、CXPI、Ethernetの仕組みと設計のために

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン