106件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.004秒)

王子HD、ネスレマレーシアに紙包装材 (2021/9/2 素材・医療・ヘルスケア2)

海洋プラスチックゴミの課題解決に向け、従来のプラスチックから代替する。 ... 2019年に大阪で開かれた主要20カ国・地域(G20)首脳会議(サミット)での声明などを受け、プラスチ...

石油資源から代替していくことを目的とし、プラスチック製品など一見バイオマス素材を使用しているのか判断しづらいものに、マークを表示して識別しやすくしている。海洋プラスチックゴミ問題を受けて、レジ袋などを...

小田急、藤沢市と連携 プラゴミ削減・SDGs (2021/7/19 建設・生活・環境・エネルギー)

プラスチックゴミの削減・海洋プラスチックゴミ対策、環境美化、ゴミ減量の推進などに連携して取り組む。

価格は未定だが紙やプラスチック容器より若干高めの予定。... 海洋プラスチックゴミによる海洋汚染など、環境問題対策として、リサイクルできるアルミ材を使用した。紙やプラスチックからの置き換えとして発売す...

海洋プラ再生ゴミ袋、初のエコマーク認定 ジャパックス製 (2021/6/25 建設・生活・環境・エネルギー)

日本環境協会(東京都千代田区)は、ジャパックス(東京都台東区、大木敏夫社長)の海洋プラスチックゴミを再生利用したゴミ袋を「エコマーク」に認定した。商品の環境配慮を示すエコマーク制度において、海洋プラ由...

【広島】広島県は23日、海洋プラスチックゴミゼロに向け企業などとの連携組織「グリーンシー瀬戸内ひろしま・プラットフォーム(GSHIP)」を設立したと発表した(写真)。... 生活由来のプラゴミで海岸漂...

6秒動画は気候変動の緩和策と適応策、プラスチックゴミや食品ロスの削減、雑がみリサイクル、ゴミ分別、不法投棄防止、野焼き禁止、生物多様性をテーマとする。3分動画は海洋プラスチックゴミ問題、エコレシピ、気...

環境省は自治体と企業が連携して海洋ゴミの発生を防ぐ「ローカル・ブルー・オーシャン・ビジョン推進事業」を始めた。... 山口県は米テラサイクルの日本法人などと海洋プラスチックゴミを買い物かごに再生し、地...

海洋プラスチックゴミ問題の解決に役立てる。... 養殖などに使う漁具は、紛失や遺棄で海洋プラゴミになることが問題化している。... 海洋汚染に配慮した同材料の採用が広がることを期待する」としている。&...

伊藤忠商事、ファミリーマート、テラサイクルジャパン(横浜市中区)は9日、長崎県対馬市に漂着した海洋プラスチックゴミを原材料の一部に使用した買い物かごを開発したと発表した。... 導入する買い物かごは、...

環境省は、瀬戸内海周辺の自治体と国に対し、海洋プラスチックゴミの発生抑制に取り組むよう努力義務を定める方針を固めた。... 2010年の研究者論文によると、瀬戸内海に流入する海ゴミは年間4500トンと...

モリト、廃漁網再利用のアパレル資材を開発 (2021/2/9 建設・生活・環境・エネルギー2)

深刻化する海洋プラスチックゴミ問題の解決やアパレル産業の環境負荷低減に貢献する。... モリトは海洋プラスチックゴミの約40%が廃漁網であることに着目。20年に資源再生事業を手がけるリファインバースと...

DMG森精機は8日、同社セーリングチームが現在参戦中の世界一周ヨットレース「ヴァンデ・グローブ」を通じて、海洋中のマイクロプラスチックの調査研究に協力すると発表した。ヨットに設置した専用フィルター(写...

日本環境協会(東京都千代田区、森嶌昭夫理事長)は、海洋プラスチックゴミを再生利用した製品に対し、環境配慮を示す「エコマーク」を認定するための基準案を公開した。... 廃プラスチック製品を原料にして製品...

菅義偉首相は3日、日本や豪州、ノルウェーなど14カ国で構成する海洋国家の首脳会議「ハイレベル・パネル」関連会合にビデオメッセージを寄せ、「洋上風力発電などの海洋の力を活用することにより、脱炭素社会の実...

積水化成品工業やパナソニック、味の素などプラスチックを使った製品のメーカーやユーザーの19社と京都市産業技術研究所、徳島大学、海洋研究開発機構が参加。海洋プラスチックゴミ問題の解決に向け、2025年の...

ソディックは、生分解性プラスチックの成形加工に対応する不活性ガス溶解射出成形システム「インフィルトV」を開発した。... 近年、廃プラスチックの有効利用率の低さや海洋プラスチックゴミなどによる環境汚染...

原料にプラスチックや有機溶剤などを使わざるを得ない事情もあるが、国連の持続可能な開発目標(SDGs)に沿って環境負荷を低減するのは時代の要請だ。... 2019年に大阪で開かれた20カ国・地域(G20...

走行しながら水面付近のマイクロプラスチックを回収できる。... 海洋プラスチックゴミは世界的な環境問題となっており、大沢康治常務役員マリン事業本部長は「役に立てる装置にしたい」と語る。 ...

スイスの環境保全団体「レース・フォー・ウオーター財団」が、海洋プラスチックゴミ問題の啓発のために建造した船だ。

おすすめコンテンツ

きちんと知りたい! 
電気自動車用パワーユニットの必須知識

きちんと知りたい! 電気自動車用パワーユニットの必須知識

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地球学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地球学の本

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい電気自動車の本
第3版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい電気自動車の本 第3版

機械製図CAD作業技能検定試験 実技試験ステップアップガイド
(3・2・1級対応)

機械製図CAD作業技能検定試験 実技試験ステップアップガイド (3・2・1級対応)

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

↓もっと見る

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる