3,052件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.022秒)

また同社はメタノール大手でもあり、原料ガスをCO2に置き換えてメタノールを高効率で生産する技術開発を進めている。... 非連結を含む同社グループの18年度温室効果ガス排出量は、スコープ1と同2の合計で...

世界的に加速するカーボンニュートラル(温室効果ガス排出実質ゼロ)に合わせて電動化などに力を入れる。

「(出資を受ける)両社の強みを生かして、提携効果を最大限に発揮する」と強調する。 「(温室効果ガスを排出しない)ゼロエミッションや自動運航は追い風」と自信ものぞかせる。

政府は、2050年までに温室効果ガス排出を実質ゼロにする「脱炭素社会」の実現を掲げている。

「当社の売上高と営業利益は減るが、当期利益で統合効果を出す。... 「当社は50年に温室効果ガス排出量80%削減を目指すビジョンを持つが、政府が目指す方向を示したことで、目線を上げてなければいけない。

激流 転換期の車産業(1)トヨタ紡織社長・沼毅氏 (2021/1/21 自動車・機械・ロボット・航空機)

自動運転、センサーなど拡充 自動運転やコネクテッドカー(つながる車)といった次世代技術競争や、カーボンニュートラル(温室効果ガス排出実質ゼロ)に伴う電動化の加速など「100年に1度の...

50年までに温室効果ガス排出を実質ゼロにする政府方針が出たこともあり、発行が急増した。

パリ協定に基づく長期戦略において、2050年までに80%の温室効果ガスを削減することをうたい、そのためのイノベーションを実現する戦略を打ち出したもの。 ... 大気圧以下の減圧下でも...

さらに50年までに温室効果ガスの排出量の実質ゼロを目指し、経済と環境の好循環を生み出すための国の方針「グリーン成長戦略」では成長が期待される14分野で高い目標を設定。

展望2021/日本郵船社長・長沢仁志氏 ESG意識した会社に (2021/1/20 建設・生活・環境・エネルギー1)

持っているノウハウを駆使して、輸送モードを製薬会社に提案していきたい」 ―温室効果ガス削減など環境規制への対応が待ったなしです。 ... 代替燃料の液化天然ガス(L...

島津製作所、バイオ燃料の成分特定 仏社とシステム開発 (2021/1/20 建設・生活・環境・エネルギー1)

社会課題のカーボンニュートラル(温室効果ガス排出実質ゼロ)実現では、バイオエタノールやバイオディーゼルといった二酸化炭素(CO2)排出量が少ない燃料の普及で化石燃料依存を減らす必要がある。 &...

ゼロカーボン実現に向けた世界的な潮流に加え、日本政府が2050年までに温室効果ガス排出量で実質ゼロを目指す宣言を出したこともあり、モノづくりが盛んな愛知県の技術力やネットワークなどを生かして環境負荷低...

環境・エネ 規制強化、日本企業にチャンス バイデン氏は大統領就任初日に温暖化対策の国際的枠組み「パリ協定」への復帰を表明し、2050年までに温室効果ガス排出量をゼロにすると表明してい...

展望2021/村田製作所社長・中島規巨氏 5G、センシング向け拡充 (2021/1/19 電機・電子部品・情報・通信2)

環境経営にも力を入れ、カーボンニュートラル(温室効果ガス排出実質ゼロ)を利益創出の機会としても捉えたい」 *取材はオンラインで実施。

脱炭素時代の覇者へ 産業界“一致団結” 5年たった昨年10月、所信表明演説で菅義偉首相は「わが国は、2050年までに、温室効果ガスの排出を全体としてゼロにする」と述べて、成長戦略の柱...

住化、「脱炭素」戦略で新組織 新中計へ具体策検討 (2021/1/19 素材・医療・ヘルスケア)

自社の生産活動に伴う温室効果ガス(GHG)削減や、製品を通じた社会のGHG削減への貢献、技術革新などの視点で検討する。

菅政権は2050年までに温室効果ガスの排出量実質ゼロ達成を掲げている。

エネルギー基本計画 30年に再生エネ40―50%、国内92社が声明 (2021/1/19 建設・生活・環境・エネルギー)

現エネルギー基本計画は30年の再生エネ比率を22―24%と見通しているが、50年の温室効果ガス排出実質ゼロ達成に向けて比率の引き上げが焦点となっている。

展望2021/京セラ社長・谷本秀夫氏 今期、設備投資額上振れ (2021/1/19 電機・電子部品・情報・通信1)

「政府が掲げる50年までに温室効果ガスの排出量を実質ゼロにする方針を受け、蓄電池や太陽光パネルの需要は増える。

2050年に温室効果ガスの排出を実質ゼロにする脱炭素(カーボンニュートラル)を目指すと宣言する企業が増えている。

おすすめコンテンツ

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト 第2版
<技術体系と傾向対策>

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト 第2版 <技術体系と傾向対策>

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいウェアラブルの本
キーテクノロジーと活用分野がわかる!

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいウェアラブルの本 キーテクノロジーと活用分野がわかる!

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい量子コンピュータの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい量子コンピュータの本

3DAモデル(3次元CADデータ)の使い方とDTPDへの展開
24の3DAおよびDTPDの設計開発プロセス(ユースケース)を体系化

3DAモデル(3次元CADデータ)の使い方とDTPDへの展開 24の3DAおよびDTPDの設計開発プロセス(ユースケース)を体系化

プレス加工のトラブル対策 第4版

プレス加工のトラブル対策 第4版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい包装の本 第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい包装の本 第2版

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる