230件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.012秒)

温室効果ガス排出ゼロの“脱炭素”実現に意欲を示す企業が増え、国際社会での存在感を取り戻している。... イオンや積水ハウスなどが参加する「気候変動イニシアティブ」は2月、政府に温室効果ガス排出削減目標...

温室効果ガス排出量を2030年度までに13年度比26%削減する政府目標の見直しが焦点となる。冒頭、小泉進次郎環境相は「50年の脱炭素(排出ゼロ)に向けた政策の強化が必要」と述べ、目標の強化につながる議...

世界の投資家が大企業に温室効果ガス排出削減を働きかける活動「クライメートアクション100プラス」にも参画した。運用調査室の黒田洋一郎マネジャーは「共通の思いを持った参加者との行動は、もっとも効果を発揮...

温室効果ガス排出削減の国際ルール「パリ協定」の達成に向けて温暖化対策に貢献するビジネスの拡大が続く。

これにより世界中に開かれたデータ・マーケットが創出され、個人データや、ビジネスデータなどの非個人データに簡単にアクセスして価値を創造することができ、また二酸化炭素(CO2)排出量を最小にすることもでき...

ニュース拡大鏡/環境相、発言に勢い戻る “脱炭素”かじ取り自信 (2020/7/9 建設・生活・環境・エネルギー2)

気候変動/レジ袋削減/再生エネ 小泉進次郎環境相の動きがめまぐるしい。... 25日はレジ袋削減の啓発イベントに参加し、同日夕方には温暖化対策を訴える企業グループ...

横浜市は毎年6月の環境月間に合わせ、温室効果ガス排出削減で顕著な実績を上げた事業者を表彰する「ヨコハマ温暖化対策賞」にJFEエンジニアリング(鶴見区)、日揮(西区)など10社・団体を選定した。 ...

東電EPなど7社、コンソーシアム設立 EVタンカー普及へ (2020/5/22 建設・生活・環境・エネルギー)

旭タンカー(東京都千代田区)、出光興産、東京電力エナジーパートナーなど7社は21日、二酸化炭素(CO2)排出量ゼロの電気推進船(EV船)の開発、実現に向けて新しい海運インフラサービスの構築を目指す「e...

政府は国連に提出した温室効果ガス排出削減の数値目標を据え置いた。... 環境NGOなどが主導する国際的な活動「サイエンス・ベースド・ターゲッツ(SBT)」は、企業の排出削減目標の“厳しさ”を認定してい...

政府は31日、温室効果ガス排出削減の数値を据え置いた目標を国連に提出する。... 日本は2015年、30年度までに13年度比26%削減する目標を決定し、国連に提出した。... ただし26%減の水準にと...

50年に温室効果ガス排出ゼロ アズビルが計画 (2020/3/9 機械・ロボット・航空機1)

アズビルは2050年に事業活動での温室効果ガス(GHG)排出量実質ゼロを目指す「2050年 温室効果ガス排出削減長期ビジョン」を策定した。... アズビルは長期ビジョンに向け、サプライチェーン全体のG...

2030年度において、13年度比で26%の二酸化炭素(CO2)排出削減目標が課せられた中、電力は日本のCO2排出量の約4割を占めており、運輸では約2割である。... 経済・社会活動、国民生活などの安定...

しかしながら、個々の企業による持続可能な社会構築への寄与は小さいのに対し、他の企業や政府組織の貢献の恩恵はSDGsに取り組まない企業にも及ぶため、温室効果ガス排出削減と同じく、フリーライダー(タダ乗り...

温室効果ガス排出削減目標の再提出期限が2月末に迫ってきた。... 気候変動枠組み条約を締結する190以上の国は、排出削減の国別目標を定めている。... 報告を受け、自国に効果的な発信ができるタイミング...

温室効果ガス排出削減に寄与するアンモニアや水素を利用する燃料技術、人工知能(AI)やビッグデータを通じたインドネシア国内発電所に対する運用診断技術の高度化について実現可能性を探るとともに、同国に将来、...

二酸化炭素(CO2)排出ゼロを目指す“脱炭素”宣言をする自治体が増えている。... 石炭火力発電からの脱却や温室効果ガス排出削減目標の強化は環境省に決定権がなく、発言に勢いがなかった。 ...

【横浜】川崎市は同市川崎区のカルッツかわさきで、二酸化炭素(CO2)排出削減に貢献する製品や技術を対象とする制度「低CO2川崎ブランド」の2019年度の認定結果発表会を開いた。... 今回の認定企業の...

一部の国や企業が温室効果ガス排出削減目標の強化を表明するとみられており、国際社会は脱炭素社会への機運が盛り上がる。 ... そのパリ協定の開始が20年に迫り、今回のサミットで国連は「...

他業界と比較して高得点の企業がある一方で、温室効果ガス削減目標を設定する企業が少なかった。 WWFジャパンは2018年発行の報告書の情報を基に、温室効果ガス排出削減の「目標と実績」「...

地球温暖化を緩和するために二酸化炭素(CO2)など温室効果ガスの排出削減に着手する企業も増えてきた。... このため環境省は企業のバリューチェーン全体をカバーする中長期の削減目標の策定を後押しし、バリ...

おすすめコンテンツ

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本
会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本 会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

技術大全シリーズ 
塗料大全

技術大全シリーズ 塗料大全

SDGsアクション
<ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

SDGsアクション <ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

日本製造業の後退は天下の一大事
モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

日本製造業の後退は天下の一大事 モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

令和上司のすすめ
「部下の力を引き出す」は最高の仕事

令和上司のすすめ 「部下の力を引き出す」は最高の仕事

図解!わかりやすーい強度設計実務入門
基礎から学べる機械設計の材料強度と強度計算

図解!わかりやすーい強度設計実務入門 基礎から学べる機械設計の材料強度と強度計算

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる