4,297件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.007秒)

調査は噴火など火山活動活発化時にもドローンで調査することを想定し、ドローンの発着場所は山麓の入山規制の範囲外に設けて長距離の観測飛行を実施。... 自然災害の激甚化への対応にもドローン活用の期待が高ま...

新日本電工、郡山工場の太陽光完成 全量自家消費 (2022/5/18 素材・医療・ヘルスケア)

自律運転機能を備え、災害時に非常用電源として利用可能。

空飛ぶクルマのビジネスイメージは、災害時には物資輸送、人員輸送が想定される。

水素タンクを併設し、災害時の非常用電源としての活用を想定する。

災害時には移動電源車として活用できる。

「昨今、自然災害は人類最大の脅威とも言われている」と危機感を示すのは、東京海上日動火災保険社長の広瀬伸一さん。 ... 損害保険会社としては、災害時の経済的補償に...

SMCが“攻めのBCP” 災害時に2週間で供給復活 (2022/5/17 機械・ロボット・航空機1)

自然災害や貿易摩擦、地政学リスクなど複雑化する事業環境であっても災害発生から2週間以内に90%の製品供給体制に回帰し、世界の自動化を支える。

災害時に緊急車両の最適な通行経路の選択などに役立つ。

環境への配慮と災害時のレジリエンス(復元力)を訴求する。... 共用部・専有部とも東京ガスから災害時に強い中圧ガスによる「カーボンニュートラル都市ガス」を導入するほか、ソフトバンクグル...

鴻池組、隠岐の島で小水力発電 2拠点で24年開始 (2022/5/10 建設・生活・環境・エネルギー)

発電した電力は再生可能エネルギー固定価格買取制度(FIT)で20年間販売し、それ以降は災害時の分散型電源としての活用を検討する。

災害時の救援物資の輸送や、日用品の配送といった消費者に近い川下分野の事業創出を目指す。

非常用電源、自治体の脱炭素支援 日産は災害時にEVを電力源として活用する連携協定を自治体と締結している。... 停電時に公用車として使うリーフから蓄電池に電力を供...

これは東日本大震災時の災害廃棄物の10倍だ。... 「日本では『災害時はみんな停滞するからやむを得ない』といった風潮がある。... 地震で水道管が破裂しても給水車が来るが、噴火時は道路の除灰が終わるま...

東京建物など、大宮駅西口に高層ビル 再開発組合を発足 (2022/5/3 建設・生活・環境・エネルギー)

建物は不燃化・耐震化し、災害時に地域住民が駆け込める施設も用意する。

EVやPHVの購入費用を支援する「EV導入費補助金」は、県内在住者または県内に事務所・事業所を置く法人などが、充電機能に加えて災害時などに給電できる機能も備えたEVなどを購入する場合が対象。

【いわき】福島イノベーション・コースト構想推進機構(福島市)と日本無人機運行管理コンソーシアムは共同で、災害時の飛行ロボット(ドローン)について、航空運行調整のためのガ...

災害時には周辺の帰宅困難者の受け入れ場所としての提供も検討。

Gloture/ソーラー充電可能のリュック (2022/4/25 新製品フラッシュ)

Gloture(グローチャー)はアウトドアや災害時に太陽光から充電できるリュックサック「GeeZola(ジー ゾラ)」を発売した。

このほか、災害時にEVの車載電池の直流を交流に変える装置の小型化もベンチャー企業と取り組んでいる。... 充電時の省エネルギー化はもちろん、停電時に車載電池を家庭用電源として活用する際にも長時間の使用...

PVによる電力自給とユニット住宅の堅牢性も訴求し、災害時も自宅にとどまる「在宅避難」を後押しする。... さらに、大規模災害に備えたレジリエンス(復元力)も訴求する。... 食品や生活...

おすすめコンテンツ

技術士第一次試験 
「機械部門」 合格への厳選100問 第5版
合否を決める信頼の1冊!

技術士第一次試験 「機械部門」 合格への厳選100問 第5版 合否を決める信頼の1冊!

技術士第一次試験 
「環境部門」専門科目 問題と対策
第4版

技術士第一次試験 「環境部門」専門科目 問題と対策 第4版

雲海を翔る
クラウドベンチャー“サテライトオフィス”の成長力

雲海を翔る クラウドベンチャー“サテライトオフィス”の成長力

利益が出せる生産統制力
異常の芽を事前に摘み取るQCD管理

利益が出せる生産統制力 異常の芽を事前に摘み取るQCD管理

中小製造業の「製造原価と見積価格への疑問」にすべて答えます!

中小製造業の「製造原価と見積価格への疑問」にすべて答えます!

未踏に挑み、オンリーワンを生み出す 
新・日本型人づくり
興研の経営哲学と人事評価制度

未踏に挑み、オンリーワンを生み出す 新・日本型人づくり 興研の経営哲学と人事評価制度

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。オプトアウトを含むクッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる