289件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.006秒)

同社の従来機同様に石油系の炭化水素系洗浄剤を使用する。塩素系洗浄剤のような廃液処理が不要で、炭化水素を再利用できるため環境に優しい。... 炭化水素系洗浄剤の保有量も同約20%削減した。 &#...

伊丹教授らは2個以上のベンゼン環を持つ多環芳香族炭化水素をパラジウム触媒でつなぐ手法を考案。

0・8ナノメートルの隙間を持つMOFを合成し、その隙間に芳香族炭化水素の一種「スチレン」分子を入れることで、1分子の厚さの隙間にスチレンを閉じ込めた。

副生成物は水や炭化水素のみで、現行の合成手法に比べ廃棄物の量を15分の1に抑えられる。

開発した燃料を分析すると、500度C以下では直鎖の炭化水素化合物、800度C付近では芳香族系の炭化水素化合物をそれぞれ検出できた。

ペルー、鉱業45%減 (2020/7/3 商品市況)

ペルー政府は5月の同国の鉱業および炭化水素部門(石油・ガス・石炭のエネルギー部門)の活動が前年比45・79%減と、3カ月連続で減少したと公表した。

熱分解処理した後はコークスのほか、プラスチック原料となる炭化水素油、コークス炉ガスとして利用する。

日鉄ドラム、臭気削減で成果 相模原工場に2億円装置 (2020/6/1 素材・医療・ヘルスケア)

導入前と比べにおいを有する炭化水素を96%浄化するなど成果を挙げている。

有機物に富む石炭は、地下深部への埋没過程で熱熟成(熱分解)を起こし、多量の炭化水素(石油・天然ガスの主成分)を排出する石油根源岩になる。 ... もし新生代石炭から炭化水素排出が生じ...

伸和精工、大型プレス部品対応の工場稼働 (2020/5/13 機械・航空機 2)

また炭化水素洗浄装置や画像測定装置を備え、安全性や品質管理に配慮した。

産総研は東京大学、ローザンヌ大学と共同で、年老いた働きアリではオキシトシン様ホルモンが多く発現して体表面の炭化水素の合成を促し野外環境でアリが長時間活動するための乾燥環境への耐性に関わることを見いだし...

水谷電機、国内工場再編 車部品参入目指す (2020/1/16 中小企業・地域経済1)

他工場から移設する数値制御(NC)加工機18台などに加え、自動倉庫や炭化水素系洗浄機などの最先端設備を導入する。

独BASF、欧社出資 プラ廃棄物をリサイクル (2019/10/23 素材・医療・ヘルスケア)

クアンタフューエルがデンマークのスキーベで操業予定の新工場で生産する熱分解油と精製した炭化水素を、最低4年間、優先的に買い取る権利を持つ。 ... 供給量の拡大に向け、両社は炭化水素...

燃料電池の改質触媒に適用 【安定操作可能に】 高効率分散電源として導入が進む家庭用固体高分子形燃料電池(エネファーム)は、都市ガスなどの炭化水素系燃料を改質触媒充填...

炭化水素系の全自動ワンバス式真空洗浄乾燥機「HEARVY=写真」は、バスケットを横正面から出し入れできるなど作業性を向上。

独自開発のフロンやエタンを使用しない「炭化水素系溶剤真空洗浄システム」で、環境への負荷を軽減しながら、洗浄効果を向上させた。... 【アクア化学/強力な真空シャワー洗浄を採用】 &#...

2019洗浄総合展/紙上プレビュー(1)AGCほか (2019/8/19 素材・医療・ヘルスケア)

【アクトファイブ/インライン油濃度測定システム】 アクトファイブ(京都市伏見区)は、洗浄に使う炭化水素系洗浄液中の加工油濃度をインラインで測定できるシステム「RO...

白金スキン触媒実用化へ 山梨大・飯山明裕氏インタビュー (2019/8/19 建設・生活・環境・エネルギー)

120℃に耐える炭化水素系膜 トヨタ自動車は2020年に、第2世代の燃料電池車(FCV)の投入を予定する。... 今後はセラミック担体に白金コバルトスキン触媒担持の工業化技術構築を進...

【炭化水素を生成】 5月31日付の連載でも触れた二酸化炭素(CO2)回収利用(CCU)が昨今、政府でも大きく取り上げられている。... そこで、すでに地中から掘られて燃やされ大気に出...

山梨県と東レ、東京電力ホールディングスなどのグループもNEDO事業で、甲府市にある1万キロワットの太陽光発電設備の電気で100%再エネによるPEM型(高分子膜は炭化水素系)水電解装置を1500キロワッ...

おすすめコンテンツ

バーチャル・エンジニアリングPart3 
プラットフォーム化で淘汰される日本のモノづくり産業

バーチャル・エンジニアリングPart3 プラットフォーム化で淘汰される日本のモノづくり産業

実務に役立つ 
食品分析の前処理と実際

実務に役立つ 食品分析の前処理と実際

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版
―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版 ―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

設計者は図面で語れ! 
ケーススタディで理解する幾何公差入門
公差設計をきちんと行うための勘どころ

設計者は図面で語れ! ケーススタディで理解する幾何公差入門 公差設計をきちんと行うための勘どころ

実践!モジュラー設計
新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

実践!モジュラー設計 新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

図解よくわかる植物細胞工学
タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

図解よくわかる植物細胞工学 タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる