152件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.006秒)

東電HDの前3月期、当期益78%減 特損6093億円計上 (2020/5/18 建設・生活・環境・エネルギー)

また、原子力損害賠償・廃炉等支援機構からの貸付交付金など特別利益4149億円を計上した一方、燃料デブリ取り出しにかかる支出など特別損失6093億円を計上し、当期利益は同78・2%減の507億円となった...

「21年に東京電力福島第一原子力発電所の廃炉工程の燃料デブリを試験的に取り出す作業が始まる。

福島第一原子力発電所の廃炉で、燃料デブリや経験のない放射性廃棄物を扱うのに必要な研究を行う。... また“廃止措置工学”を掲げた文部科学省事業で、人材育成や燃料デブリ取り出しアクセスの研究で成果がある...

東京電力ホールディングス(HD)は30日、福島第一原子力発電所の廃炉工程の燃料デブリ(溶け落ちた核燃料)取り出し費用などが、2031年度末までに合計1兆3700億円かかる見通しだと発表した。... 燃...

増加する処理水問題に加え、最難関とされる燃料デブリ(溶け落ちた核燃料)取り出しを2021年に始める計画だ。... 燃料デブリなどを取り出した後の保管場所が必要となり、廃炉作業の妨げになる恐れがあるから...

今年から廃炉で最難関の作業となる燃料デブリをロボットで取り出す実証を予定している。

東電HD、福島第一の廃炉体制強化 (2020/2/26 建設・生活・環境・エネルギー2)

増え続ける汚染水対策や燃料デブリ(溶け落ちた核燃料)取り出し準備に充てる。... 福島第一原発内には、汚染水対策や燃料デブリ取り出しなど五つのプログラム部を新設する。... 燃料デブリは21年中に2号...

学生らが創意工夫して開発したロボットが廃炉作業で最も困難と言われる燃料デブリ(溶け落ちた核燃料)を取り出す作業に挑戦、訪れた300人を前に遠隔操作で実証した。 ... ロボットは親機...

川重、東京海上・三井物産と宇宙ゴミ除去で連携 (2019/11/19 機械・ロボット・航空機1)

川崎重工業は18日、スペースデブリ(宇宙ゴミ)除去の事業化に向け、東京海上日動火災保険、三井物産の2社と協業することで合意したと発表した。... 宇宙ゴミ除去技術を応用して、燃料補給や修理改修など人工...

東電福島第一廃炉推進カンパニーの師尾直登シニアバイスプレジデントは「ロボットは燃料デブリの取り出しなどで、今後ますます重要な役割を果たす。

電力10社の通期見通し、7社が当期増益 3社は業績下方修正 (2019/11/4 建設・生活・環境・エネルギー)

東電HDは福島第一原発の廃炉作業の燃料デブリ(溶け落ちた核燃料)の取り出し方法が未確定のため、通期予想を引き続き公表しなかった。

川重が宇宙ゴミ除去参画 岐阜に衛星運用アンテナ (2019/10/7 機械・ロボット・航空機1)

川崎重工業はスペースデブリ(宇宙ゴミ)除去衛星運用の地上局アンテナを、岐阜工場(岐阜県各務原市)屋上に設置した。... アンテナと組み合わせて、さまざまな衛星データの解析結果の提供...

人がするには危険な作業をロボットに置き換えようとするものだ」 ―福島原発へはロボット技術とウオータージェット技術を応用し、燃料デブリ(溶け落ちた核燃料)を除去するシステムを原子力プラ...

企業研究/スギノマシン(3)ニッチ追求、時機見定め投入 (2019/9/5 機械・ロボット・航空機1)

福島第一原発の解体のネックである燃料デブリ(溶け落ちた核燃料)を超高圧水で切ったり回収したりする技術の研究などをしている。 ... そして国家的な課題である福島第一原発の解体に対して...

4回目となり、今回のテーマは21年度から福島第一原発で始まる燃料デブリ取り出し用ロボットの開発だ。

原子力損害賠償・廃炉等支援機構(NDF)は8日、東京電力福島第一原子力発電所の廃炉における燃料デブリ(溶け落ちた核燃料)取り出しについて、2021年に2号機から始めるべきだとの提言をまとめた。... ...

電力10社の4―6月期、電力好調9社が増収 原発再稼働貢献 (2019/8/2 建設・生活・環境・エネルギー)

燃料費調整制度による燃料費と電気料金のタイムラグが寄与。... 前年同期が燃料価格の上昇で減収要因となったのと反対の結果となった。 ... 東京電力ホールディングスは福島第一原発の廃...

長岡技術科学大学の高瀬和之教授と関西学院大学の田中裕久教授らは22日、福島第一原子力発電所の廃炉に向け、燃料デブリを安全に長期保管する技術を開発したと発表した。... 福島第一原発の燃料デブリの取り出...

「1月に宇宙航空研究開発機構(JAXA)の小型固体燃料ロケット『イプシロン』で打ち上げた初号機に関して、直前までJAXAが求める水準を満たしておらず審査に落ちる寸前だった。... これはスペースデブリ...

電力10社の今期予想、販売低迷で6社が微増収 東電は公表見送り (2019/4/29 建設・生活・環境・エネルギー)

燃料価格上昇など経営環境悪化を、コスト削減でカバーする。 東電HDは福島第一原子力発電所の廃炉の燃料デブリ(溶け落ちた核燃料)取り出し手法策定前だとして、公表を見送った。 &...

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい工作機械の本
第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい工作機械の本 第2版

よくわかる電子機器実装の品質不良検査とコスト削減

よくわかる電子機器実装の品質不良検査とコスト削減

技術士第一次試験 
「電気電子部門」択一式問題200選
第6版

技術士第一次試験 「電気電子部門」択一式問題200選 第6版

ソーラー・デジタル・グリッド
卒FITで加速する日本型エネルギーシステム再構築

ソーラー・デジタル・グリッド 卒FITで加速する日本型エネルギーシステム再構築

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい冷凍空調技術の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい冷凍空調技術の本

製造業のための 
目標原価達成に必要なコスト見積もり術

製造業のための 目標原価達成に必要なコスト見積もり術

電子版クレジットカード決済が対象になりました。キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元 ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる