40件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.01秒)

研究成果と産業界をつなぎ、イノベーションを創出する役割が期待される。... 特定国立研究開発法人として国内のイノベーションの中核拠点を目指す取り組みを推し進めるなど、産官学の橋渡しとなる役割を果たした...

子会社設立で民間との連携支援 理化学研究所は世界最高水準の研究機関として「特定国立研究開発法人」に指定されるなど、日本の科学力向上をけん引する。... 理研ではこうした研究者と支援者...

“液化水素”の拠点立ち上げ 物質・材料研究機構は材料分野に特化した中規模組織でありながら、特定国立研究開発法人に選定された。... 磁気冷凍技術の開発と極低温での材料信頼性評価だ。....

世界トップレベルの成果を目指し、柔軟な予算配分措置と大胆な権限などを研究機関に持たせる「特定国立研究開発法人制度」。... 理研、事業会社でVB発掘 理研の目玉は「理研イノベーション...

16年からは世界最高水準の研究機関として「特定国立研究開発法人」に指定され、日本の科学技術をけん引することが大きく期待されている。... ◇  ◆ ―国立研究開発法人になり、研究の質...

政府の総合科学技術・イノベーション会議(議長=安倍晋三首相)の研究開発法人部会は20日、2016年10月に特定国立研究開発法人(特定研発)として発足した理化学研究所の見込み評価や18年度からの中長期目...

ビタミン欠乏症の一種である脚気の予防に役立つビタミンの開発や、表面処理に使うアルミニウムの陽極酸化処理(アルマイト処理)などの技術は開発後またたくまに社会に還元された。... この構想は私の目の黒いう...

2016年10月には世界トップレベルの研究成果を目指す「特定国立研究開発法人(特定研発)」となり、産学連携の中核となる活動を展開している。全国の研究者を結びつけ、研究開発を推進する“ネットワーク型研究...

特定国立研究開発法人の理化学研究所と産業技術総合研究所、物質・材料研究機構が三者三様の産学連携戦略を描いている。... 理研の外郭法人は研究開発力強化法の改正が必要だ。... この法改正のチャンスを他...

独自開発の加速器による113番元素「ニホニウム」の発見が典型例だ。 ... 1980年代には酵素入り洗剤「アタック」を民間と共同開発したが、近年、こうした例は少ない。... 政府は理...

松本紘理事長は「今後の100年を見据え、研究成果を最大化し、豊かな国民生活の実現や国際社会の発展に貢献したい」とあいさつ。... 一方、14年には小保方晴子元研究員の「STAP細胞」問題に端を発した研...

文部科学省は17日、世界最高水準の教育・研究を目指す国立大学を支援する「指定国立大学」の申請が東京大学や京都大学、大阪大学など7大学からあったと発表した。... 2017年度開始の指定国立大学法人制度...

17年夏に決まる指定国立大学と、三つの特定国立研究開発法人の一部で実施する。 ... 論文になりやすい基礎研究寄りではなく、企業の新事業戦略に組み込まれる研究だ。...

政府は、特定国立研究開発法人に指定した理化学研究所、産業技術総合研究所、物質・材料研究機構の3機関について、随意契約で物品や役務を調達する際の基準額を500万円以下に引き上げる新方式を2017年度から...

理化学研究所と産業技術総合研究所、物質・材料研究機構の3機関が特定国立研究開発法人として再出発した。... ここに物材機構の材料データが加わるとAIで開発を加速できる。産総研の中鉢良治理事長は「特定研...

国内トップレベルの総合研究機関である両法人が連携し、生命科学や人工知能(AI)などのさまざまな分野で研究資源の相互活用や人材育成などに取り組む。... 10月から産総研とともに、世界最高水準の研究開発...

競合同士を含む業界の有力企業が一つのコンソーシアムで研究する体制を整備し、参加企業が研究成果を共有する。大企業は応用研究に注力でき、研究投資効率を高められる。... 物材機構は理化学研究所、産業技術総...

政府の総合科学技術・イノベーション会議(CSTI、議長=安倍晋三首相)は23日、世界最高水準の研究開発成果の創出を目指す「特定国立研究開発法人(特定研発)法に基づく基本方針」の案を決定した。対象は理化...

世界最高水準の研究体制の確立に向け、特定の国立研究開発法人や国立大学を支援する制度を定めた法案が国会で相次いで成立した。... 国立研究開発法人については、理化学研究所、産業技術総合研究所、物質・材料...

将来の研究開発を支える人材を、小・中学生の段階から体系的に育てる取り組みも掲げた。 同プランを踏まえて2017年度に重点的に取り組む施策として、国立研究開発法人や国立大学の基盤的な経...

おすすめコンテンツ

原子力年鑑2021

原子力年鑑2021

そうか!わかった! 
プラント配管の原理としくみ

そうか!わかった! プラント配管の原理としくみ

そのまま使えるENAA 国内プラント建設契約モデルフォームと逐条解説 第3版

そのまま使えるENAA 国内プラント建設契約モデルフォームと逐条解説 第3版

わかる!使える!機械加工入門
<基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!機械加工入門 <基礎知識><段取り><実作業>

誰も教えてくれない 
「部品工場の納期遅れ」の解決策

誰も教えてくれない 「部品工場の納期遅れ」の解決策

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる