324件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.016秒)

【共有結合を生成】 産業技術総合研究所(産総研)では紫外光を利用した温和で簡便な表面化学修飾ナノコーティング技術によるポリマー材料やカーボン材料の各種官能基化技術の開発を行っている。...

【札幌】産業技術総合研究所(産総研)北海道センター(扇谷悟所長)は2月2日、シンポジウム「林業・林産業と産業技術が創る未来」をオンラインで開催する。全国の産総研で林業・林産業と先端技術などを組み合わせ...

産業技術総合研究所(産総研)では、人工知能(AI)を活用した異常検知技術の研究開発に取り組んでいる。... 【DB整備】 そこで我々は新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の...

【産業界につなぐ】 産業技術総合研究所(産総研)では、多彩な分析技術を活用して化学材料に関わる課題を解決する「材料診断プラットフォーム」の整備を進めている。... これらは産総研の技...

産業技術総合研究所(産総研)では、安定同位体追跡法を次世代シーケンサーと組み合わせて、従来の約500倍の高感度で未知微生物機能を同定する解析手法を確立した。... 産総研ではNEDO(新エネルギー・産...

また、産業技術総合研究所(産総研)や新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)も協力する。 拠点内にパイロットラインを構築し、さらなる微細化に必要な成膜・洗浄技術のほか、チップを...

情報技術の発展に伴い、多変量解析や機械学習といったデータ解析技術に触れることが容易になりつつある。... 【ふわっと状態】 産業技術総合研究所(産総研)では、生体分子とさまざまに相互...

大阪大学、産業技術総合研究所(産総研)先進パワーエレクトロニクス研究センターとの共同研究で20ミリメートル角の大型ダイヤ研磨が可能になったため、研究機関向けにダイヤモンド基板の受託加工を始める。...

【生命を守る】 産業技術総合研究所(産総研)では、さまざまな量の標準の維持、供給、高度化を行っているが、放射能の標準もその一つである。... 【より高精度に】 産総...

産業技術総合研究所(産総研)では薄いシリコン構造体だけをフィルム基板と一体化し、橋梁や人体に沿ってMEMSデバイスを貼り付けることができる極薄MEMSデバイス技術を開発した。 ......

産業技術総合研究所(産総研)では、電気活性高分子アクチュエーターの中でも、特に、2―3ボルト程度の低電圧で変形するソフトアクチュエーターの研究と実用化開発を行っている。... 【30年に実用化】...

アクチュエーターや誘電エラストマーなどの研究を手がける千葉科学研究所(東京都目黒区)の知見も活用した。... 日本ゼオンは、単層CNTの合成法であるスーパーグロース法を発展させた量産技術を開発。......

測地技術の発達により、大地の動きからマグマを捉えられるようになってきた。... 【マグマ溜まり】 産業技術総合研究所(産総研)地質調査総合センターでは、スーパーコンピューターを使って...

高周波交流電気探査は産業技術総合研究所(産総研)が開発した技術。... 産総研の技術供与を受け、日本物理探鉱が同手法の実用化を目指している。 ...

都市ガスと水素の混焼エンジン 東邦ガス、産総研と基礎研究 (2020/11/19 建設・生活・環境・エネルギー2)

【名古屋】東邦ガスは産業技術総合研究所(産総研)と都市ガスと水素の混焼エンジンの基礎研究を始めた。産総研が研究用エンジンで実機試験を行い、そのデータを基に東邦ガスが2022年3月までにエンジンの技術課...

産業技術総合研究所(産総研)では、宇宙用の高性能・高機能の太陽電池を、地上でも使えるよう低コストで製造する技術を開発している。... (木曜日に掲載) ◇産総研 ゼロエミッション国際...

最近、産業技術総合研究所(産総研)は、独自に開発したかん流培養デバイスを用いて、3次元組織に実際の臓器と同じような主血管と毛細血管を作る方法を考案した。... (木曜日に掲載) ◇産...

【共振現象を利用】 産業技術総合研究所(産総研)では音波と電磁波の共振現象を利用して、気体状態での音速と誘電率を同時に高精度計測する技術を開発し、次世代冷媒の物性解明に取り組んでいる...

大日本印刷は、産業技術総合研究所(産総研)や立命館大学と連携して、伸縮自在な配線構造を採用したロボットグリッパー向けの「接触センサーユニット」を開発した。

産業技術総合研究所(産総研)では、米国のノースウエスタン大学、アルゴンヌ国立研究所などと協力して、電気をよく流すテルル化鉛熱電半導体中に、熱の流れは阻害するナノメートルサイズ(ナノは10億分の1)の構...

おすすめコンテンツ

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト 第2版
<技術体系と傾向対策>

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト 第2版 <技術体系と傾向対策>

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいウェアラブルの本
キーテクノロジーと活用分野がわかる!

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいウェアラブルの本 キーテクノロジーと活用分野がわかる!

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい量子コンピュータの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい量子コンピュータの本

3DAモデル(3次元CADデータ)の使い方とDTPDへの展開
24の3DAおよびDTPDの設計開発プロセス(ユースケース)を体系化

3DAモデル(3次元CADデータ)の使い方とDTPDへの展開 24の3DAおよびDTPDの設計開発プロセス(ユースケース)を体系化

プレス加工のトラブル対策 第4版

プレス加工のトラブル対策 第4版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい包装の本 第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい包装の本 第2版

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる