1,084件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.018秒)

 【ワシントン=時事】米連邦準備制度理事会(FRB)は22日、連邦公開市場委員会(FOMC)を開催した。... 経済再開による需要急増や半導体などの供給不足といった問題もあり、米インフレはFRBの目標...

休日明け24日以降の日本株市場は、中国不動産開発大手・中国恒大集団の経営危機問題や米連邦準備制度理事会(FRB)の米連邦公開市場委員会(FOMC)の結果など世界の株式市場に影響を与えるファクターが多い...

【ワシントン=時事】米労働省が公表した8月の消費者物価指数(CPI)は前年同月比5・3%上昇だった。... 加速の勢いがピークを過ぎたとの見方もあるが、高水準が続けば、米連邦準備制度理事会(FRB)が...

8月の米消費者物価指数(CPI)が予想を下回ったことで、米長期金利が低下し、ドルが下落、リスク選好ムードの後退による株価下落も重なり、金相場をサポートしている。  ... 金市場では...

8月の米卸売物価指数(PPI)が、前年同月比で8・3%上昇と過去最大を更新した上、この日は米クリーブランド地区連銀のメスター総裁が、米連邦準備制度理事会(FRB)によるテーパリング(量的緩和の縮小)の...

NY金、上値重く 弱気売り優勢 (2021/9/9 商品市況)

今週は、8日に米地区連銀経済報告(ベージュブック)が公表されるほか、9日に米連邦準備制度理事会(FRB)理事の講演などが予定されている。市場では米景気の先行きやテーパリング(量的緩和縮小)をめぐり、当...

米エネルギー情報局(EIA)によれば、8月23日の週の米国の石油製品出荷量は日量2282万バレルと、統計でさかのぼれる1991年以降で最高となった。 ... 米サプライ管理協会(IS...

強弱材料が交錯する中、市場では9月下旬の米連邦公開市場委員会(FOMC)で検討される金融緩和措置の縮小の行方に注目が集まっている。 ... 米連邦準備制度理事会(FRB)のインフレ目...

株式相場/反発 (2021/8/31 金融・商品市況)

前週末にパウエル米連邦準備制度理事会(FRB)議長が講演で早期利上げに慎重な姿勢を示し、米国株が反発した流れを引き継ぎ、幅広い銘柄が買われた。

【ニューヨーク=時事】米連邦準備制度理事会(FRB)が、年内に量的緩和の縮小に踏み切る見通しとなった。

株式相場/小動き (2021/8/27 金融・商品市況)

パウエル米連邦準備制度理事会(FRB)議長の講演を前に様子見姿勢が広がった上、相場全体を動かす新たな 材料もなく、日経平均もTOPIXも前日終値近辺での小幅な値動きに終始した。...

27日に米国で開かれるジャクソンホール会議では、米連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長のスピーチ内容が注目材料になりそうだ。... 同会議は2010年に当時のバーナンキFRB議長が追加緩和策を示...

目先では、景気を支えてきた米連邦準備制度理事会(FRB)の金融緩和策の行方に注目が集まる。... 6月にはFRB高官が22年中の利上げ開始に言及して市場に動揺が走った。危機対応の出口戦略を慎重に進めら...

新型コロナウイルス変異株の感染拡大が懸念される中、米連邦準備制度理事会(FRB)が早期にテーパリング(量的緩和の縮小)に動くとの観測が後退し、金相場を押し上げている。 ニューヨーク時...

経営ひと言/住友林業・光吉敏郎社長「米金利注視」 (2021/8/24 建設・生活・環境・エネルギー2)

米連邦準備制度理事会(FRB)による量的緩和縮小を巡る議論で金利上昇が懸念されるが、「30年固定の住宅ローン金利は依然として3%を下回る歴史的な低水準」と指摘。

米連邦準備制度理事会(FRB)が公開した7月の連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨を受け、買いが強まる場面もあったが、上値は限られており、来週のジャクソンホール会合を待つムードが強い。 &#...

米連邦準備制度理事会(FRB)は9月21、22の両日(現地時間)に開く米連邦公開市場委員会(FOMC)で、量的緩和策縮小の開始時期を判断する可能性が出てきた。... FRBは雇用と物価の回復を確認でき...

直近では、米連邦準備制度理事会(FRB)高官から量的緩和縮小に前向きな発言が相次いでおり、「感染拡大を抑制できるめどがつけば、10―12月には量的緩和の縮小が開始される」(クレディ・スイス証券の白川浩...

米国の景気指標の悪化を受けて米長期金利が低下し、金利を生まない金の相場が押し上げられた。... 金融正常化が進む中では米長期金利に上昇圧力がかかり、金の上値は抑えられる展開もあり得るため、市中では米連...

【ワシントン=時事】米連邦準備制度理事会(FRB)のクラリダ副議長は4日、景気が想定通りに回復すれば、事実上のゼロ金利を解除できる環境が2022年末までに整うと述べた。... クラリダ氏はFRBの政策...

おすすめコンテンツ

きちんと知りたい! 
電気自動車用パワーユニットの必須知識

きちんと知りたい! 電気自動車用パワーユニットの必須知識

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地球学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地球学の本

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい電気自動車の本
第3版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい電気自動車の本 第3版

機械製図CAD作業技能検定試験 実技試験ステップアップガイド
(3・2・1級対応)

機械製図CAD作業技能検定試験 実技試験ステップアップガイド (3・2・1級対応)

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

↓もっと見る

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる