475件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.006秒)

経営ひと言/西松屋チェーン・大村浩一社長「選ばれる会社へ」 (2020/10/2 建設・生活・環境・エネルギー)

紙おむつや粉ミルク、室内用玩具などがよく売れた。

SAPは主に紙おむつに使われており、新開発品は、体重が加わった想定での加圧下や無加圧下の吸収量、吸収速度、液の拡散状態などの性能が従来品と比べて10―20%向上させた。 同社がこれま...

【京都】三洋化成工業は17日、使用済み紙おむつの減容化などに寄与する、脱水性を向上させた高吸水性樹脂(SAP)を開発したと発表した。... 同時に紙おむつ会社、処理機メーカー、自治体などと協力し、介護...

日常と環境を支える 紙・パルプ産業 (2020/8/26 特集・広告)

紙おむつ基材用に生産する撥水(はっすい)性に優れた不織布の生産能力を増強し、月間約80トンの供給体制を構築した。

大王製紙、紙おむつ用パルプ量産 (2020/8/21 素材・医療・ヘルスケア)

大王製紙は紙おむつなどに使われるパルプの生産を2022年9月から始める。三島工場(愛媛県四国中央市)の洋紙の製造設備を改造し、紙おむつや生理用ナプキンの吸収体に使われる素材のフラッフパルプの生産設備に...

スポーツウエアや靴下、靴などのアパレル、紙おむつ、マスクなどの衛生材など幅広い用途を想定する。

その背景には、米中貿易摩擦などによって、主要な輸出国である中国への紙おむつの輸出量が減少したことが影響している。

欧米で、紙おむつの材料になる高吸水性樹脂(SAP)工場がフルに近い状態で動いている。

紙おむつリサイクル 凸版×住重エンバイロメント (2020/4/16 電機・電子部品・情報・通信2)

紙おむつのリサイクルの普及を目指し、2022年度以降の事業化と自治体採用を目指す。 焼却処分が難しい使用済み紙おむつの再生利用について、事業を確立しているトータルケア・システムのノウ...

今後、キリンは同技術で紙おむつに使われるポリアクリル酸や、コンタクトレンズ材料のポリメタクリル酸メチルの合成を試みる。

例えば、資生堂は栃木県と福岡県に化粧品の工場を、ユニチャームは福岡県に、大王製紙は岐阜県と愛媛県でそれぞれ紙おむつや衛生用品などの工場を、ファンケルは静岡県にサプリメントの工場を立ち上げる。

サンテルはブラジルで衛生用紙や紙おむつなどを製造・販売している。 ... ユルドゥズはトルコや周辺国で紙おむつやトイレタリー商品などを製造・販売している。 大王製紙...

ユニ・チャームは、最高品質のプレミアム紙おむつ「ナチュラルムーニー」において、「エコテックス スタンダード100」認証を取得した。... ベビー用紙おむつでの同認証取得は国内で初めてだという。

紙おむつなどを扱うベビーケア事業で、中国向けネット販売の在庫調整や転売業者の減少などが発生。... 大人向け紙おむつやマスクの売り上げは好調だったが、ネット販売の減収を吸収しきれなかった。... 高原...

「紙おむつの市況は厳しい状況にある」と眉をひそめるのは、日本触媒社長の五嶋祐治朗さん。... 紙おむつ素材の高吸水性樹脂(SAP)販売は同社の主力事業。

花王の栃木工場(栃木県市貝町)では、紙おむつの生産ラインにIoT(モノのインターネット)を活用した「生産支援システム」を導入している。... 紙おむつのラインは元来、機械に異常があると止まる仕組みにな...

中国では日本品質を求める声が強く紙おむつ事業も注力する。

今後、大人用紙おむつなど国内で成長中の市場向け生産設備を導入したい。... 着実に設備を増強していく」 ―大人用紙おむつは海外でも需要を見込んでいるそうですね。 ....

日本触媒、新素材「メチレンマロネート類」の事業化加速 (2020/1/20 素材・医療・ヘルスケア)

同社は主力である紙おむつ素材の高吸水性樹脂(SAP)に次ぐ新規事業創出に注力しており、25年度をめどにメチレンマロネート類の事業売上高で100億円以上を目指す。

両社の紙おむつ素材の高吸水性樹脂(SAP)事業の競争力を高めることに加え、リチウムイオン電池などの新事業を育成する。

おすすめコンテンツ

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本
会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本 会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

SDGsアクション
<ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

SDGsアクション <ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

日本製造業の後退は天下の一大事
モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

日本製造業の後退は天下の一大事 モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

技術大全シリーズ 
塗料大全

技術大全シリーズ 塗料大全

令和上司のすすめ
「部下の力を引き出す」は最高の仕事

令和上司のすすめ 「部下の力を引き出す」は最高の仕事

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる