52件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.004秒)

太径鉄筋でコスト減 大成建、後施工耐震補強の適用拡大 (2021/3/31 建設・生活・環境・エネルギー2)

大成建設は成和リニューアルワークス(東京都港区)と、後施工耐震(せん断)補強技術「ポストヘッドバー」の適用範囲を拡大した。... ポストヘッドバー工法は、せん断耐力が不足する既存の鉄筋コンクリート(R...

工法や性能を検証するため、15年に実験として石川県能美市の本社建屋の耐震補強に活用した。... 21年度中にカボコーマを用いた耐震補強工法で国土交通大臣認定の取得を目指す。現行の新耐震基準を満たしてい...

大成建、後施工向け耐震補強工法 建築構造物に適用拡大 (2020/7/21 建設・生活・環境・エネルギー1)

大成建設は地中土木構造物の後施工向け耐震補強工法「ポストヘッドバー工法」について、都市居住評価センターの構造評定を取得した。... 同工法は鉄筋コンクリート造の地中土木構造物の内側から特殊ドリルで削孔...

炭素繊維複合材が耐震補強材としてJIS認定を受けた初事例。... 耐震補強材として建物の構造を損なわずに施工できるため、重要文化財への活用が期待できる。... カボコーマを用いた耐震補強工法で、20年...

■東京圏普及へ営業攻勢 宇部興産は今、ホテルやマンション向けの耐震補強工法「デザインUフレーム工法」の拡販に力を入れている。... デザインUフレーム工法は旧耐震基準建築物の架構(柱...

岡山ビジネス/明大、自社設計の「延伸機」快調 (2016/7/5 中小企業・地域経済2)

特殊織物を得意とする同社は近年、耐震補強工法用ベルトを開発するなど繊維製品の用途拡大を積極化している。

その時威力を発揮するのが、戸田建設の耐震補強工法「鋼管コッター工法」だ。... 【刃の形状工夫】 鋼管コッター工法は既存の建物に円筒形の鋼管(鋼管コッター)を固定して耐震壁や耐震ブレ...

構造物を支える柱の耐震補強に威力を発揮するのが、大成建設とグループ会社の成和リニューアルワークスが共同開発した「CFパネル工法」だ。... 地下街に対する耐震補強では、主に構造物を支える中柱への補強を...

安藤ハザマと西武建設(埼玉県所沢市)は、接着剤で鉄骨ブレースを取り付ける耐震補強工法「鉄骨ブレース無溶接耐震補強工法」の適用範囲を拡大し、日本建築総合試験所の建築技術性能証明を再取得した。... 同工...

大成建設はグループ会社の成和リニューアルワークス(東京都港区)と共同で、連続炭素繊維シート複合パネルを使った柱部材の耐震補強工法「CFパネル工法」を開発した。 ... 炭素繊維シート...

三誠(東京都中央区、03・3639・5226)、日立機材はコンクリート充てん鋼管構造(CFT)の耐震ブレース(筋交い)を用いた耐震補強工法「スマートブレース工法=写真」を発売した。... 従来工法で用...

【東日本大震災機に】 2011年の東日本大震災を機に、建物の耐震性への関心が高まり、95年の阪神・淡路大震災の震度7の激震にも耐えた岡部の「ベースパック柱脚工法」への引き合いが増えて...

飛島建設は大本組およびサンコーテクノと共同開発した鉄筋コンクリート(RC)造建物の耐震補強用接合部材「ディスクシアキー=写真」の適用範囲を拡大した。... また、耐震壁の増設や厚さを増す場合などにも使...

鉄道総合技術研究所はPC(プレストレストコンクリート)電化柱をH鋼で支持し、倒壊などによる列車との衝突を防止する倒壊防止工法を開発した。... 想定以上の地震動に対する倒壊防止工法として、従来の耐震補...

東亜建設工業と飛島建設は、建物の外側から梁部分に鉄筋コンクリート(RC)を増し打ちする耐震補強工法「既存梁部材の外側補強工法」を共同開発し、日本建築総合試験所の建築技術性能証明を取得した。... 新工...

アンカーだけでなく工法、施工用の機器、試験機器など、「トータルファスニング」を掲げる同社の技術・開発戦略を佐藤静男副社長に聞いた。 ... 昨年は耐震補強工法でエンジニアリング協会の...

熊谷組は18日、耐震補強が必要な鉄骨造の既存工場建屋などを想定し、角形鋼管柱の側面に鋼板を接着する無溶接耐震補強工法を開発したと発表した。一般的な溶接工法では火気対策が必要で工場操業の支障になることが...

東急建設は建物の耐震性を高めるために取り付けるブレース材(筋交い)を、フロアレイアウトの変更やテナント入れ替えなどに合わせて移設できる耐震補強工法を開発した。... ブレース材を取り付けて耐震化した商...

【名古屋】名工建設は27日、バルコニーだけを施工し集合住宅の耐震性を高める補強工法「集合住宅SMIC工法=写真」を実用化したと発表した。... 同社は2009年に豊橋技術科学大学(愛知県豊橋市)との共...

一方で2001年に定めた業界推奨の安全基準を満たした工法で施工した屋根では被害がほぼなかった。 今後は組合で確立したリフォーム物件向け耐震補強工法もPRし、瓦の採用を促す方針だ。

おすすめコンテンツ

きちんと知りたい! 
電気自動車用パワーユニットの必須知識

きちんと知りたい! 電気自動車用パワーユニットの必須知識

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地球学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地球学の本

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい電気自動車の本
第3版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい電気自動車の本 第3版

機械製図CAD作業技能検定試験 実技試験ステップアップガイド
(3・2・1級対応)

機械製図CAD作業技能検定試験 実技試験ステップアップガイド (3・2・1級対応)

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

↓もっと見る

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる